格差社会是正政策

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Shinzou.jpg
アベ・ゲリノミクス・シンゾー
安倍ファミリー
安倍晴明安倍貞任安倍宗任
安倍辞任安倍寛岸信介
安倍晋太郎阿部高和安部菜々
美しい国創り
防衛省集団的自衛権教育基本法
再チャレンジアベノミクス
格差是正政策森友学園テロ等準備罪
美し国創り内閣
ローゼン出産メカ還元水
絆創膏うちわ配りドリル
お側御用チーム世耕
イデオロギー
美しい国愛国心新自由主義
信仰
小泉純一郎森喜朗ブッシュ
日本経団連統一教会創価学会
Winnyベネディクト16世
キーワード
ナントカ還元水文藝春秋ツボツボ
特定機密靖国神社戦後レジーム
  

格差社会是正政策(かくさしゃかいぜせいせいさく)とは、これからの美しい国日本のあるべき姿を実現するための政策の1つである。

概要[編集]

格差社会とは、日本のように経済や文化などのレベルが均質的な共産主義国家において、社会経済の変化に伴い均衡が崩れて、格差が生じることをいう。その格差をなくし均衡を取り戻そうとする政策を格差社会是正政策と呼ぶ。

現状と対策[編集]

日本は、アメリカの51番目の州でありながら共産主義的な傾向が強いため、例外的に自治権を有しており、旧ソ連以上に同質性を尊ぶ意識が強い。例えば、パチンコブーム時においては「一億玉砕」という言葉が象徴するように、国民全員がパチンコ台の中を巡るパチンコ玉の動きに一喜一憂し、バブルに熱狂した時代は、皆が風船ガムをふくらまし、しゃぼん玉遊びに興じていた。職業的な構成においても、国民の大半が忍者芸者である時代があった。しかし、世紀の変わり目に起きた種々の社会的激変や国際化により、同質的であることがよしとされた日本の人々に様々な種類の格差が生じた。特に就業形態においてそれが顕著なため社会問題となっている(下グラフ)。

Kakusa1.jpg

これを均質化して格差をなくすのが格差社会是正政策である(下グラフ)。

   Kakusa2.jpg

この政策では、重度の「働き蜂」は全員国外退去処分となり、それ以外の全日本人はニートとなることが義務付けられる。ニートは法によって働くことは禁止され、労働に従事していることが発覚した場合、額に「働いたら負け」ステッカーを貼られる。悪質な勤労者の場合、厳罰に処せられる。例外的に、東京秋葉原特区が設けられ、オタク族とよばれるある種のギルドが生産活動に従事しており、アニメソフトなど様々なオタク商品を輸出することが許されている。同質性を維持するため基本的に鎖国となり、人々の出入りを封鎖するため領海内にはくまなく機雷が敷設され、入出港が許されるのは万景峰号のみとなる。空域も、食料を投下する国連軍の輸送機だけが進入を許される。これによって格差社会が無事是正され、「美しい日本」が実現されることになる。

関連項目[編集]