核家族

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
核家族を題材にしたゲームソフトも存在する。

核家族(かくかぞく)とは、放射性物質を内包し、放射能を有する家族の総称である。周囲に大量の放射線を放出し、周囲の環境に重大な影響を及ぼすとされる。一般的に「一組の夫婦とその子供からなる」という条件を満たすことが必要であるとされる。

また、この条件から子供が家を出て独り立ちした場合に条件を満たさなくなり、核家族ではなくなることから、「子供=放射性物質」としてもいいのではないかと提案している科学者もいる。

概要[編集]

これに属する家族は、人体だけではなく、環境に有害な放射線を大量に周囲に撒き散らすと考えられている。このためこの家族には、高純度の放射性物質が内包されていると考えられている。

現在日本の保有する家族のおよそ7割がこの核家族化しているとされている。これらの核家族と残りの核家族に該当しない家族を比較した場合、後者には多くの場合祖父母や、それに類する血縁の人物が同居していることが確認されており、これが家族の核家族化を抑制していると考えられている。

一般的に核家族の核分裂の仕組みは、子供の成長により子供が家族を抜け、その放出された先で新たな核家族を作ることで増加していくと考えられている。このとき、成長後も親元を離れずに孫が検出された場合、その家族は核家族でなくなるとされている。

核分裂により、親の元を離れた子供が新たな場所で生活を始めた場合、核家族となるには「一組の夫婦とその子供からなる」という条件を満たすために定職に付く場合が多い。(あくまで大多数であり、必須ではない)

従って、子供がNEETフリーターに分類され、放出された後に実家に戻る、あるいは初めから実家から放出されなかった場合には、核家族は分裂を起こさず、そのままの状態でいずれ半減期を迎え、子供は自立する基盤も無いまま核家族としての機能を果たさなくなる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「核家族」の項目を執筆しています。