栃木市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「栃木市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「栃木市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「栃木市」の項目を執筆しています。

栃木市(とちぎし)は、栃木県の県庁所在地である。異論は認めない

概要[編集]

関東北部に位置する栃木県最大の商都であり、昔ながらのが残る賑やかな町である。

宇都宮市に対立県庁が置かれると、栃木市の栄華にも陰りが見え始めた。これに焦った栃木市は栃木県の中心という地位を強固なものにするため、群馬県の東毛三郡と呼ばれる山田郡・新田郡・邑楽郡(現在の桐生市太田市館林市一帯)を栃木県に編入したが、すぐに群馬県によって奪い去られた。

特例市への道[編集]

宇都宮が周辺自治体を次々に編入し勢力を拡大していくなか、栃木は昭和の大合併で合併する相手を間違えたため、栃木市の人口は長らく10万人に届かず、佐野市鹿沼市小山市にまで人口を追い抜かれる始末であった。

平成の大合併では、大平町藤岡町都賀町と新設合併した。 その後、西方町や岩舟町を吸収。 一気に佐野、足利を抜き去り県南の覇者を賭けて小山市と抗争中である。

七つの敵[編集]

栃木市の最大のは、宇都宮市であるが、そのほか多数の敵を抱える。足利市小山市大田原市は、栃木県第二の都市を主張しているが、栃木市民にいわせれば、第二の都市は宇都宮であり、それ以外は三級都市であるという。隣接する佐野市鹿沼市とは深刻な領土問題を抱えている。

  1. 宇都宮市 - 栃木市の宿敵。
  2. 足利市 - 栃木県の第二の都市を名乗る。下記にもあるようにでしゃばりである。
  3. 佐野市 - 岩舟町をめぐる領土問題を抱える。本当の敵は岩舟町かもしれない。
  4. 鹿沼市 - 永野村をめぐる領土問題を抱える。
  5. 小山市 - 県南の中核都市を名乗る。
  6. 大田原市 - 県北の中核都市を名乗る。
  7. 最後の敵は、ほかでもない自分自身である。つまり、どこまで郷土の誇りを保てるかということである。

歴史[編集]

明治の初期に栃木県県庁所在地となった。しかし、宇都宮の餃子攻撃に敗れたことで、一時的に県庁を奪われた。後に県庁を取り戻すが、宇都宮側も県庁の正当性を主張し、それ以来栃木県には県庁が二つあるという状況が続いている。だが、正当な県庁が栃木市に置かれていることに疑う余地はない。

宇都宮の「餃子攻撃」とはどういうのものだったかは、記録が残されていないので、今となっては推測するほかはない。

交通[編集]

東北新幹線宇都宮線東北線)から外れているが、両毛線東武日光線東武宇都宮線が通り、東武の特急列車も停車するので、東京からの便は比較的良い。また、東北自動車道インターチェンジもある。

観光[編集]

小江戸」と「小京都」の両方を名乗っていたが、優柔不断であると批判され、現在では専ら「小江戸」を名乗っており、「小京都」を名乗っていた事実はなかったことにされている。

蔵と鯉以外には特に見るべきものは無い。

TVなどで特集される、塚田歴史伝説館などは、小学校の社会科見学で訪れる、子どもが見てもロボットだとわかるばあさんがいるところである

4年に一度だったはずの秋祭りの山車は、いつの間にか2年に一度出るようになっている。

主な著名人[編集]

  • 澤村拓一(読売ジャイアンツ投手)
  • 寺内崇幸(読売ジャイアンツ内野手)
  • 渡辺俊介(元千葉ロッテマリーンズ投手、2014年8月現在FA・旧都賀町)

関連項目[編集]

この項目「栃木市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)