柴田勝家

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「柴田勝家」の項目を執筆しています。
某戦国絵巻より肖像画。

柴田 勝家(しばた かついえ、1522年 - 1583年)とは、16世紀に活躍したロリコン戦国武将。父母の名は不詳。岳父(舅)は柴田義勝(斯波義雄)、養子&女婿は柴田勝豊(勝義の孫)、柴田勝政(妹の子)。甥は佐久間盛政(勝政の兄)。

彼の先祖は諸説があるが、近年では俘囚(蝦夷)系の平将門の乱に加担した藤原南家の庶家の藤原玄明(伊佐玄明)の末裔だという。発祥地は常陸国だという。先祖のひとりが足利尊氏に従い、戦功で尾張国に領土を与えられた。

後世の評判により割を食っていた人物の一人で、彼との覇権争いで勝った豊臣秀吉が英雄として礼賛されていた頃は、秀吉を虐める古参の老害武将と言う位置づけで、悪役扱いされて貶められていた。近年では秀吉の悪事が暴かれてきたこともあり、己の信条を貫き主君織田信長の恩義に報いるという、古風で重厚な「渋いオッサン」とされることが多い。

後述の通り、信長の妹で、未亡人となったお市の方を一時期妻に迎えていた。通称浅井三姉妹と呼ばれる彼女の娘達にとっては義父であったわけだが、彼女達にとって勝家がどれほど「父親」だったのかはよくわからない。

略歴[編集]

尾張国出身。織田信長の父信秀の代から仕え、一度は信長を裏切るものの敗れる。許された後は忠勤に励んで数々の武功を立てた。

越前では現地および加賀の一向一揆と戦い、これを鎮圧。また、秀吉に先駆けて刀狩を行ったり、信長の指示により検地をおこなったりしている。キリスト教宣教師が訪ねてくると「経済援助をするので定期船を派遣してほしい」と申し出たりするなど、行政手腕はなかなかのものであった。

しかし信長の死後、一気に暗転する。生き神と崇められた信長の記憶も生々しい当時、まさか織田家に下剋上を企む不逞の輩が出てくるなどと、いったい誰が想像できただろう? ましてやそれが謀反人・明智光秀を討った功績で宿老となった豊臣秀吉だとは、秀吉本人以外、誰も想像できなかったに違いない。そんなわけでのほほんと家督争いを続ける信長の次男三男や、それをやはりのほほんと見守る勝家らは、秀吉が不穏な動きをしても手紙で問いただすだけで、何の対策も講じなかったのである。一方の秀吉側は城を築いたり、部下から人質を取ったり(ココ重要)して着実に地盤を固めていった。

それでもとうとう我慢できなくなり、三男と一緒に挙兵するが、時すでに遅し。子分の何人かの裏切りより追い詰められた勝家は自害して果てた。秀吉のように人質をとっておけばこうはならずに済んだものを・・・。実直すぎる性格が仇となったのである。

子分[編集]

口が達者な前田利家、登山家の才能があった佐々成政不破光治金森長近美濃源氏土岐氏一門、明智光秀族弟にあたる)などがいる。

異名コレクター[編集]

「鬼柴田」「かかれ柴田」の他、泥酔するとビール瓶を頭蓋で割る悪癖があったため「瓶割り柴田」という格好いいのか微妙なものも持っている。

福井県と滋賀県での扱い[編集]

勝家の地盤であった福井県滋賀県、特に本拠地であった福井市ではそれなりに人気がある。毎年春におこなわれるふくい春まつりのメインイベント「越前時代行列」では、新田義貞松平春嶽を差し置いて主演を張っている。

一方で、命日になると首なし行列となって現れ、見た者がそれを他人に話すと血へどを吐いて死んでしまうという悪霊のような伝承もある[1]

ちなみに前述の祭りにおいて、この地を3世代も治めた朝倉家の当主・朝倉義景や、朝倉家の発展に尽力したチート武将、朝倉宗滴の存在は、華麗にスルーされている。

ロリコン疑惑[編集]

1582年(天正10年)に25歳年下の市の方と結婚する。周りから「ロリコン柴田」と囃したてられ、涙で枕を濡らす毎日であったという。 しかし近年の研究では、結婚当時市の方は36歳であり、厳密にいうとロリコンではないのではないかという見解が出されている。

それでも勝家の周囲には10歳の幼女を側室にした豊臣秀吉や、12歳の幼女と結婚した前田利家などがおり、やはりロリコンとは切っても切り離せない縁がある。

関連項目[編集]

  • 伊達政宗 - 柴田家の家紋と伊達家の家紋に「」をモデルとして使用し、勝家の遠い親族と推測される(事実、柴田も伊達も常陸の伊佐氏から分岐している)。
この項目「柴田勝家」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)