柳田理科雄

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「柳田理科雄」の項目を執筆しています。

柳田 理科雄(やなぎた りかお、男性、1961年 - )は、「空想科学読本」の著者で子供の儚い夢を破壊するトンデモナイ大人である。

実家は鹿児島県種子島なので、日本ロケットが発射すると実家が揺れる。東大を中退。ちなみに、「理科雄」はペンネームではなく本名らしい。藤川球児と競いたいほどである。

人物[編集]

大学在学中、ガキんちょに教える楽しさに目覚めせっかくの東大を中退し、学習塾講師にそして独立。たが、経営センスのなさ(後ろの紹介文に書いてあるので本当にそうなんだろう)で自ら立ち上げた塾は瓦解。ご愁傷様、万事休す。だが、奇跡が起きる。

塾経営の足しにしようと書いた処女作のジョーク本「空想科学読本」がバカ売れ。しかし、印税が入る前に塾は倒産。絶体絶命。だが、全国チェーンの塾に再就職。人生順風満帆かと見えたが、版元が勝手に文庫化しようとし、差し止めたら損害賠償請求されて(その額なんと1億円!!!)、裁判は全面勝訴したが、まさにマンガのような人生を送っているのだ(後ろの紹介文に本当に書いてあるのでそうなんだろう)。前門の虎、後門の狼。

のちに、専業作家になって1999年に空想科学研究所を設立(※有限会社 空想科学研究所(Dream Science Laboratory)業務内容 空想科学に関する研究ならびに原稿の執筆/出版物の監修・編集ならびに出版/講演・イベント・番組の構成・監修ならびに出演 設立 1999年(平成11年)1月11日)

やっぱりこの人は人に教えるのが大好きで、今は大学生を相手に非常勤講師として教鞭を振っている。けど、たまに大学中退したことを悔いているらしい。ついでに、この人はプロレス大好き、おも大好き。お酒で自分が死にかけたことも。やめろよ。

著作活動[編集]

今までSFを科学的に考察したはあったけど、コイツの空想科学読本は一味違う。我らアンサイクロペディアンに必要な妄想を駆使するのだ。例えば、新世紀エヴァンゲリオンは人口の半分が死んだから2万9千時間も葬式特別番組を放送しなければならないとか、デス・スターは広すぎてエレベーターの中で立っていられなくなるとか、フュージョンしたら拒絶反応でつわりに苦しんで戦闘にならない、など。正直、本編と関係ないどうでもいいことをテーマに選んだりする。明らかにネタを得るための粗探しである。

ところが、批判したり「不可能だ」と言ったりする割に、それを可能にしてる設定(例:波動砲の弾速は超光速のタキオンであることだとか、サウザンドサニー号のトレーニングルームは鉄板敷きであることだとか、セイバーの『約束された勝利の剣』から大量の熱を放つビームが出ることだとか)は無視。自分がわからないことについては、勝手に設定を捏造し、文章を進める[1]。その結果、「ガンダムの宇宙コロニーの壁は厚さ30cm」とか「レプリカントは機械仕掛けの人形である」などという、原作の熱心なファンが読んだら発狂しそうなことを平気で書く。てか「ぶっちゃけ調べてないんじゃね?」と言いたくなるほど調査は粗雑である。初期には、決めた結論を曲げそうな事実を隠ぺいするために「ウルトラマンが反重力で飛ぶためには滅茶苦茶身長を小さくするか、地球よりでかくなるしかない!」[2]というアホくさい理論をでっちあげたことすらある。さすがに最近はやらないが。

ロクすっぽ校正もやらないので、初版本はアンサイクロペディア並に誤字脱字が多く、なんと批判本を読んだ後にすら校正が行われていない数字の表記ミス[3]があったり、シオン君を「タイムブルー」と表記しちゃったりシャンクスが近海の主に喰われた腕を間違えたり、麦わら海賊団の船名を「サニー・サウザンド号」と書いちゃったりするなどというありえない誤記が多発している。おそらく、メディアファクトリーの編集部は本書の校正をテレビでも見ながらやっているのだろう。

彼の相棒の近藤ゆたか氏の描くイラストの例。間違っても『ケロロ軍曹』の絵ではなく、『両生類型地球侵略小隊』のイラストである。
これもガンダムの絵ではなく、「機動戦士」のイラストである。足元でぶつくさ言っている少年がそのパイロット。

そのほか、とにかく作中の演出やデフォルメ、及び公式設定を勝手になかったことにしたがる。映像作品は全てが「24」のように現実世界と同じ時間の流れであり、漫画作品は絵の比率は変化しない、と(故意に?)思っている。それゆえ、まず計算に必要な「物体にかかる時間」とかを割り出す場合、彼は自らストップウォッチで映像を計測する山本弘曰く、「柳田時間」)。これを例えて言うならば、地球を出発した宇宙船が、(映像上の)1秒後に太陽の辺りにいたとしたら、宇宙船の速度は秒速1AU、すなわち約1億5000万km/sとなるのである。これは光速の約500倍の速度であるが、柳田時間では何も問題ない。それから、漫画等の身長・距離等の長さを割り出す場合は、絵を物差しで計っており、つまり「柳田距離」を生み出すことになる。最近は「これは演出で本当の時間はそうではないのかもしれない」と記述しながら本編の「マグマ大使の笛の音の到達時間」と「マグマ大使が到達する時間」の比較で、笛の音の到達は演出だとして、後者を基準に計算しなおすという、高度な柳田時間の使い方をしている。

さらに、彼はいかなる時においてもニュートン物理学を使用する。これは要は衝突力=質量×速度×速度という奴だが、これをバカ正直に使うと空気中を超音速で飛んだ瞬間あらゆる生物は燃え上って粉砕される、という結論になる。彼の参考書として「いつ起こる小惑星大衝突―恐竜絶滅と人類の危機をさぐる-」(講談社ブルーバックス新書)という書籍が挙げられており、これは「衝突エネルギーは半分が衝撃、40%が熱、10%が音に代わる」という理論が挙げられているのだが、彼はそれを全く違うことなくバカ正直に信じて結論を出すのである。結果はお察し下さい[4]

以上のような考え方ゆえ、トンデモドンデモな結論を導き出す。例えば、マジンガーZの光子力研究所のバリアは6重もの施設が必要だが、本当に必要なロボット発着場はバリアの外などに置くしかなく、結論から言うとバリアは要らないことになる。こうして、次々と作品をネタにすることによって読者を貢がせる印税を得ていくのだ。また、その結論でもって、次々と作品中の世界にこの世の終わりをもたらしている。

この様な著作活動を支えているのは、彼の十五年来の相棒であるイラストレーター近藤ゆたか氏である。彼は「いつまでたっても成長しないハンコ絵」であるという自分の絵柄の特徴を限界まで活かし、毒牙にかかった扱った題材の原作者からの責任逃れを行うためにわざと全然似ていない挿絵を長年にわたり描いてきた[5]。ディテールへのこだわりは(下手ながらも)高く、使徒をロボットと表記したり貝獣ゴーガをヤドカリだと思い込んでいたりシロー・アマダがファーストガンダムを乗り回していると信じていたり仮面ライダーの風車を起動スイッチではなくメインエンジンだと解釈していたり[6]シコルスキーがワイヤーで敵を切り刻むと勘違いしていたり上条当麻をレベル5の超能力者だと断言していたようなどっかのアサハカなオッサンに爪の垢を煎じて飲ませてやりたいくらいの力の入れようである。

また、いつの頃からか気をよくした彼は、「空想科学大戦シリーズ」なる漫画の原作を書き始める。ぶっちゃけ今までの空想科学読本の内容を漫画にしただけのような漫画。どっからどう見ても犬と猿にしか見えない侵略者の魔の手から、ウーターマン(巨大ヒーロー)・仮名ライダー(変身ヒーロー)・カガクゴー(巨大ロボ)なるどこかで見たようなヒーローたちが地球人類を犠牲にする守るお話である。何故か外伝のほうが長く続いたり、途中で発売元が変わったりしてるのは気にしてはいけないのだ。他にも原案や原作者としておこぼれを貰う活躍を多々している。

尚、そんなこんなで既に20年もやっていると酔狂なことに版権元から頼まれて、ゴジラ戦国BASARAイナズマイレブン、果ては進撃の巨人ポケットモンスターなどといった1ジャンルだけ(オタク風に言うとオンリー本)の空想科学読本なども書くようになる。冷たい石も20年で結構温まったものだと言えなくもない。また、2013年から空想科学読本のネタの再利用でジュニア空想科学読本という二毛作を行うが、あろうことかヒットしてしまい、当の書籍にも「空想科学読本で書いた内容を抜粋」と書いてあるにも拘らず、ジュニアの方が刊行ペースが速く、また子供向けに新鮮なネタを要求されるためか、どう見てもジュニア空想科学読本の内容を抜粋して空想科学読本を著述している部分も散見される。

コンセプトの変化[編集]

空想科学読本の1から3ごろまではひたすらヒーロー怪獣などの矛盾や、現実に起きたら起こるであろう現象を現代科学のルールにのっとって推測し、具体的な数値を徹底的に洗い出して、大掛かりなツッコミを入れることで笑いをとっていた。しかし、それが仇となる。実は柳田理科雄と言う人物、おちょっこちょいなので計算間違いとか、勘違いとか、常識的思考を働かせなかったりとか、論理の立て方が変だったりするのだ。良い言い方をすれば「面白い人」。悪い言い方をすれば「変人」である。

それゆえ、山本弘など猛烈なロリコンSFファンから徹底的に批判されたりもした。[7]ただしこの対立については、双方に問題がそれぞれあり、どっちもどっちだという見識も存在する。

とは言え、山本弘著の「こんなにヘンだぞ!『空想科学読本』」で痛烈なツッコミを受けた3以降から徐々に、実現するために何が必要か?という追求方針に変わり、それに伴う条件や、壁を持ち出して笑いをとろうという狙いになっていった。ぶっちゃけ、批判回避のためにウケ狙いをやめたのである。

これらは実にネタとしてのキレがなく、従来のような面白みはまるでない。まぁ、ウルトラマンとか、仮面ライダーとかの古典ヒーローについて5冊も書いたんだからネタギレしたんだろう。つーか、ミラーマンとかボルテスファイブって誰だよ。ネタが切れたからってマイナーヒーロー出さないでくれ。

空想科学読本5から変化が起こる。なんと、ワンピースとか、現在進行形で活躍しているヒーローをネタに使ったのだ[8]!!!たぶん、7人居る子どもたちがそれを見るようになったんだろう。

そして、6で革新的な出来事が…なんと読者の疑問を答えてくれるんだぜ!それらの質問をあげつらい丁寧に科学的に(←この人の口癖。たまに科学的じゃないから注意)説明。さらにさらに、驚くべきは10では狂ったウサギ関根勤を生徒にして、変人同士の狂った講習会素晴らしきコラボの特典映像の、産業廃棄物クラスの一生の宝物クラスのDVDが、ついてくるんだってばよ!!

下記で説明するが、プライバシーの概念がないので実名公開処刑実名書いたら本当に実名が本に暴露されるから、質問を投稿するときは注意しよう!  

スタイル[編集]

彼のスタイルはとにかく読者に話しかけるように本を書いていく。まぁ、ぶっちゃけて言うと今書いてる文章みたいなもんだ。ダテに東大入っただけあって、四字熟語とか、慣用句が大好き。クダラないダジャレも多く、特にウンコネタの際には「ココが一番のフン張り所だ」「うん…コレは悪くないな」などという文章が乱れ飛ぶ。

いちいち例をあげたら著作権に触れてしまうから、上の「人物欄」を見てくれ。そう、「万事休す」とか「前門の虎、後門の狼」とか「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」とかが実際に使われたんだぜ。特に「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」の意味分かんねぇだろ。俺も分かりません。いや、それはあなたがお察し下さいだからでしょう。

馬鹿な俺たちのために脚注を活用する。普段は科学的な解説や用語解説なのだが、関係ない事に脚注を付けるのも彼の特徴。実は本編より脚注が面白かったりする。たとえば、「地球を守る宇宙防衛軍」の脚注には「地球を守るんだったら地球防衛軍じゃないのか?」と本編とは関係ない脚注が…確かに、あなたのツッコミはごもっとも。けど、本編の方にもうちょっとネタ仕込んでくれ!!!

この人、プライバシーという概念がありません。名前を公表された知人は星の数ほども居る。モテモテの中村君なんて、「が発火するかどうか実験した」ことが世間にバレたのである。だから、プライベートのことをこの人と話さないように。ちなみに、屁はメタンを含んでるから本当に屁に火がつくんだぜ。ぜひ実験をよい子はしないように。下手すると大腸が焼けて死ぬよ[9]。経験者が語るんだから間違いない。

好きなもの[編集]

嫌いなもの[編集]

  • 戦争:これで祖父を亡くしている。
  • ロマン:踏みにじるものである。
  • 設定:無視してよいものである。
  • SF小説:読もうともしない。
  • ビデオゲーム:ヘタクソすぎて一面もクリアできない。
  • 古代進:本が出るたびにボロクソに書いている。悪役をこき下ろすことも多いのだが、なぜかヒーローの中で古代だけは叩かれている。
  • ハンスイライザエネル比留間兄弟:ぜひこの人には『魔法少女まどか☆マギカ』を視聴していただきたい。途中でキュゥべえが出るシーンごとにTV画面を叩き割らないか気になるが。[10]

彼が導き出した結論[編集]

ウルトラマンの体の密度は水の40倍であり、立つことも出来ない。
逆に、ガメラビニール人形より軽い
ウルトラセブンの変身には9時間半かかる。
マジンガーZが敵に体当たりしたら操縦者はミンチになる
光線というのは全てレーザーである
タケコプター首が飛ぶ
ウルトラセブンが空中でマッハ7を出すと、たちまち体が真っ二つになる
ウルトラマンエースに至っては成層圏を突破する前に光になって燃え尽きる
ウルトラ水流は、一回使っただけで北半球が氷河期になる
ドリル戦車は岩盤にドリルを突き立てた瞬間、搭乗者がムースクリームになる
超音速で走る自動車に乗った操縦者は、カーブに差し掛かった瞬間つきたてのお餅のようにぺしゃんこになる
宇宙戦艦ヤマトの重力は船内のにしか働かない。
ウルトラマンは人間より寿命が短い。
スペシウム光線の射程は、エアガン以下
仮面ライダーはキックするたびに脚が敵の怪人に突き刺さり、敵の自爆に巻き込まれる。
マジンガーZのロケットパンチの射程距離は2,4mm
星飛雄馬は大リーグボール2号を一回投げただけで手首を壊す
小美人はモスラが飛んだだけで圧死する。
透明人間目玉と血管がモロダシになり、すぐに居場所がばれる。
マッハ2で海を渡るゲスラは、トップスピードに到達する前に全エネルギーを使い果たし餓死する
ウルトラマン大便一回でビキニ水爆の200倍のエネルギーが排出される。
ゴジラの火焔熱線は、広島原爆よりデカい爆発を起こす。
エヴァ初号機の陽電子砲は一発撃っただけで地球全生命が滅亡する。
残像分身の術を使う忍者は、3分走れば痩せこけて死ぬ
ゴルゴ13が2㎞先の標的を狙撃するとき、バケツ一杯分の火薬を使用しない限り確実に失敗する。
キン肉マンステカセキングは宇宙最強
帰ってきたウルトラマンが東京を襲う津波をバリアで弾き返すと、千葉が高さ100mの津波で根こそぎ洗い流される
銀河鉄道999が発射するたびに、地球全土に暴風が吹き荒れる。
ジオン軍がスペースコロニーを地球に落下させても、地表にたどり着く前にすべて溶け去る
スーパーマンが地球の自転を逆回転させると、地上全てがぬかるみになり、ありとあらゆる建物が崩壊する。
妖星ゴラスから逃げるために南極にブースターを設置すると、ブースターが地盤をぶち抜いて北極の空から飛んでいき、結局地球は微動だにせずゴラスと正面衝突する。
太陽は、プロメテと呼ばれる惑星の周囲を公転している。
ガンダムは手足を8本ずつつけるべき。
ウルトラセブンがモロボシ・ダンに戻ると、たちまち渇きと寒さに苦しみすぐに正体がばれる。
ディープ・インパクト』で行った彗星爆破によって、彗星は二つに分かれ飛んでいくが、その破片は両方地球に衝突する。
X-MENのサイクロップスが目から光線を撃つと、反動でぶっ飛んで地球を一周する。
1G重力下でのガンダムのジャンプ力は130㎝
大剣を振り回すガッツの体重は1170㎏
スパイダーマンは振り子運動で移動するより、普通に走った方が速い
ドラえもん階段を登れない。それ以前にタイムマシンの机の引き出しから出てこられない
ソーラーアクエリオン自分が放ったパンチで自滅する
ゴテンクスフュージョンした瞬間つわりにもだえ苦しむ。
うずまきナルトは3回影分身すると餓死する
エドワード・エルリックの黄金練成一回で村が消滅する
マスタング大佐の日も無能
仮面ライダー555は走った瞬間宇宙に飛んでいく
フリーザは宇宙を10の300乗個壊せる
イクサに変身する前の状態の名護さん仮面ライダークウガより強い
綾崎ハヤテ競輪に出さえすれば、三千院ナギへの借金は1年で完済可能
実は二重の極みは科学的な技。マッハ7.7のパンチが必要なことを除けば。
メロスに蹴飛ばされた犬はギリシアから南極までぶっ飛ぶ
ロロノア・ゾロのトレーニング一回でサウザンドサニー号は水没する。
銃弾を発射後回避しようとすると、脳がつぶれて勝手に死ぬ
アリエッティ絶対に14歳まで生きられない
一方通行が地球の自転エネルギーを使ってコンクリートを投げると、学園都市が蒸発し200㎞下まで穴が開く
ウルトラマンが死ぬと地球の温度が60度上昇する。
御坂美琴のレールガンは、手を離れるより早く大気摩擦で蒸発する
花山薫は、鉄より脆いものを持つことが出来ない
アンパンマンがバイキンマンのUFOにアンパンチを食らわせると、首が吹っ飛んでUFOに叩きつけられる。
日本人の1000人に1人はサンタクロースである。
斬鉄剣は宇宙生物である。
豊臣秀吉のパンチの速度は亜光速。
鏑木・T・虎鉄はNEXTを使わなくてもトラック12台を持ち上げられる。
仮面ライダーの最強技は噛みつき
普段の食事量を考えれば、ナツ・ドラグニル炎なんか食う必要が無い
日本海を埋め立てると地球は金星並みの気候になる。
戸愚呂弟に殴られると、壁にぶつからなかった場合幽助は宇宙まで飛んでいく


以上のようなことを学校や職場で言おうものなら、どん引きは間違いないのでやめておこう。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 仮にそれを知ったとしても、22世紀の科学による反重力フィールド生成の実現現実とは異なる光子力理論などのめんどくせー理論はすべて「さっぱりわからんので、ここでは~~として扱う」などと切り捨て、独自の理論を展開する悪い癖がある。山本曰く「いくらコンピューターの仕組みがわからんからって、巨大なソロバンとして扱う科学者はおらん
  2. ^ 実際は身長はそのままで体重(質量)を天文学的数値にすれば余裕でこの問題はクリアできる。
  3. ^ 「空想科学読本2」の「地底怪獣」の項目を参照。
  4. ^ この理論で行くと、超音速戦闘機は数秒でトロケ去って空中分解することとなる。んなわきゃねー。
  5. ^ 目玉親父を描いた時には思い悩んだ挙句目に黒線を引いてごまかしたという伝説がある。
  6. ^ そんな小さなもんで動くわけがないことは誰でもわかるだろうに。
  7. ^ ちなみにこれ、後ろの紹介文で「批判本が出されたりしたが」とあたかも功績かのように書かれてたりする。こういう検証系の本で批判だけで一冊の本が出版されてしまうこと自体が相当の不名誉である筈だが....
  8. ^ 近年では迷走がえらいことになっており、扱う作品もとある魔術の禁書目録だの黒執事だの涼宮ハルヒちゃんの憂鬱だの化物語だの聖☆おにいさんだの秘密結社鷹の爪だの一騎当千だのストライクウィッチーズだの戦姫絶唱シンフォギアだのユンボルだのアイドルマスターだのけものフレンズだの東方Projectだのととてつもなくカオスな状況に陥っている。彼はどこに向かっているというんだ。
  9. ^ 「ジュニア空想科学読本5」において「電子メスが大腸のガスに引火して死亡した事例」を引用して、その危険性を指摘している。
  10. ^ Twitterでほむらの手作り爆弾について研究していたので、何とかTVを叩き割らずに済んだようだ。ただしソウルジェムの概念をまだ理解してない(「空想科学のツィッター」の秘書のコラムより)ので、これからかもしれない。
この項目「柳田理科雄」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)