柳生宗矩

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「柳生宗矩」の項目を執筆しています。
出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』 民明書房『偽りと真実の"柳生宗矩"』

柳生宗矩(やぎゅう むねのり)は徳川秀忠の腹心。別名黒い人。職業は一応剣豪。

略歴[編集]

柳生一族は陰謀と暗殺が三度の飯より好きだった

大和の剣豪柳生石舟斎の五男としてわりかしのん気なニート生活を送っていた。趣味はナンパ。彼の運命を一変させたのは狸親父徳川家康との出会いである。一説にはそのころ宗矩は元彼女を豊臣秀吉に処刑されたことから完全な中二病になっており、「武士にだけはなりたくねーよなぁ」・「鉄砲の前で剣術が何の役に立つんだよ」 「秀吉は汚い」などの言動を繰り返しており、行き場の無いエロを柳生新陰流に費やしていたという。

しかし、徳川家康と父・柳生石舟斎の試合を見て人生観が一変。徳川家康の狸ぶりに激しく感動し、以来禅僧の沢庵らとひたすら謀略に明け暮れる日々を送った。その結果「黒い人」として知られるようになり、雑誌『庵庵(anan)』の「黒すぎて黒光りしているワルい男」ランキングで毎年一位を獲得するまでになった。彼の「これは夢じゃ、夢なのじゃーッ!」・「鬼に会うては鬼を斬り、仏に会うては仏を斬る」は寛永年間の流行語大賞をゲットしている。

自身の哲学から暗殺を好み、隆慶一郎等伝奇小説に於いては極悪オヤジの暗殺野郎と化している。今日もあやしいお兄さんたちが彼のその黒さに萌え続けているとされる。一応、大河ドラマの主役を張ったこともあるが、地元柳生の人間以外には忘れ去られており、一族で陰謀を企んでいたことのほうが印象に残っている。

妻は松下りん。美形であったという。文献によれば目からビームを発することができ、息子に対してツンデレであったという。

沢庵の教育的指導の数々[編集]

ストレス解消にはタバコが一番だぜ…
  • 宗矩は沢庵和尚から「喫煙ってレベルじゃねーぞ!」と叱られるほどのヘビースモーカーとして有名だった。あまりにしつこく「タバコを遠ざけろ!」と怒られた宗矩は「遠ざければいいんだろぉ、遠ざければぁ!」と長ーーーい煙管を作り、煙を遠ざけて喫煙を続行した。オマエは一休さんか! と周囲の皆は突っ込みたかったが、怒られてもアレだから見ないふりをした。
  • 家中の廊下にワックスを塗りたくり、来客が転ぶのを見ては笑っていた。しかし沢庵はそれを逆手に取り、ローラー草履で滑って宗矩の部屋へジャンプして入り込み、そのままかかと落としを宗矩に喰らわせた。
  • 息子がグレたのを愚痴ったところ、「オマエがおかしいから息子もおかしくなるんだよ!」と誰もが納得する答えを返されて、さすがの宗矩もちょと泣いた。
  • 宗矩は能が好きで、しかも大名の屋敷に押しかけては踊り狂い、酒やねーちゃんの接待を要求するという無茶苦茶なことをしていた。そんな宗矩のDQNぶりに怒った沢庵は、漬け物樽に大根ごと宗矩を押し込めそのまま放置した。数日後見に行ってみると、宗矩は大根漬けを喰って飢えを凌いでいた。試しに沢庵がその大根を食べてみると実にうまい。沢庵漬けはこうして発明された。これを宗矩漬けとは誰も呼ばなかった。
  • あまりに宗矩が黒いので、いっそロボトミー手術でもしちゃおうかと沢庵は考えた。しかし家光が「待った! そんなことしたら知能まで低下する」と止めたため助かった。
  • 沢庵の説得で、宗矩も一時的に反省し白宗矩(所謂山岡宗矩)状態になることがあった。この状態のことは、別名宗矩ホワイトプラン実施中という。
  • そんな沢庵を宗矩が必死でフォローしていたのは、いろいろ恥ずかしいひみつを握られていたからではないか、と云われている。

関連項目[編集]


この項目「柳生宗矩」は、書きかけである! 放置するも、編集するも心して決めい! (Portal:スタブ)