柊まいん

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
本記事は2009年に執筆されています。

柊まいん(ひいらぎまいん、演者は福原遥、1998年8月28日 - )は、2009年4月から2013年3月までNHKで放送された『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん![1]』に出演していた対ロリヲタ生物兵器である。2013年の紅白歌合戦にも出場した。

まいん誕生の背景[編集]

NHKは2006年3月まで、料理番組『ひとりでできるもん!』を放映していた。この番組では、かわいい子役「マイちゃん」(故・平田実音など)を主役とすることで、女児層および成人男性層に料理の楽しさを広めることに成功した。2006年4月からは、より視聴者に親しんでもらえるよう番組内容を一新し、番組全体がアニメ調の『味楽る!ミミカ』をスタートさせた。

しかし、ここで視聴者層に変化が生じる。実写からアニメに変わったことでメインターゲットである女児層には変化は無かったが、もう1つのターゲットである成人男性層の半分近くが、数こそ変わらなかったもののごっそり入れ替わったのだ。

番組制作陣はこの結果および原因を綿密に調査した。そして「成人男性層は実写派とアニメ派に分かれている」という結論に辿り着き、「番組を実写パートとアニメパートに分けて、両方の層を取り込む」という野心的な計画を立てた。ここまでであれば、故事成語「二兎追うものは一兎も得ず」通りの結果となることも充分に考えられた。しかし制作陣は、まずアニメ制作を『ふしぎ星の☆ふたご姫』でロリアニメの実績充分な「日本アドシステムズ」(NAS)に依頼した。そして実写パートについて、最強のロリキャラ福原遥を発掘することに成功したのだ。かくしてアニメ・実写ともに万全である『オルタナティブロリ捕捉システム』が完成し、これを搭載して2009年に番組がスタートした。

オルタナティブロリ捕捉システムの効果[編集]

どっちがいいですか?ってアナタが成人男性だったらどっちもだめだ

この竜鳳揃った完璧なシステムによって成人男性層が急拡大し、視聴率も急上昇した。当初は2倍になると試算されていたが、アニメと実写の相乗効果が発生し、視聴率は4倍をも記録した。より多くの人に料理の楽しさを知ってもらうという制作側の目的は大成功したかに見えた。しかし、生物兵器まいんちゃん(特に実写のほう)があまりに強力すぎたため、全国各地でてんかんを起こす男性が続出し、萌死した者も報告され、社会問題となってしまった。

なお、実写のまいんちゃんは成長期にあり、番組放映期間中にロリからそのやや上にシフトしてきている。この影響で、またもや視聴者層に変化が生じるとともに、制作側は3つの需要をすべて捕捉する『トリニティロリ捕捉システム』の開発を急いでいる。またショタコンをも取り入れようと、クックルン戦隊も結成された。

人物[編集]

にんじんの髪飾りがチャームポイント。アニメでは、ロングヘアーに、にんじんの髪飾り、実写では、ポニーテールが基本である。彼女の作った料理は最高だと言われる。彼女のセリフの1つである「ひらめき、きらめき!」が主戦力であり、多くの人を魅了する。 ちなみに、彼女の父親はモモタロスで母親はマイメロである。

ちなみに2013年時点で身長159cm体重ぴー、スリーサイズは76ー56ー82にまで成長しており、ロリコン涙目である。

今まで作った料理の一覧[編集]

番組を見た女児が保護者同伴で調理することを推奨&想定している。そのためNHKのきょうの料理より女児1名分、調理の難易度が高く設定されている模様。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「福原遥」の項目を執筆しています。
  1. ^ ちなみに漢字表記は愛妹まいん