枕詞

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

枕詞(まくらことば)とは、主に和歌の中に用いられ、ある特定の詞の前におき、和歌をよりいっそう面白く修飾する言葉である。普通は5音節からなる。

注意:一部のカルト傾向のある種族(自称:文学者)が、「枕を口に押し付けて言えばいいほど価値の無い言葉(セリフ)」としての理解を所持しているがそれについては枕詞なので省いている。

枕詞の例[編集]

(五十音順)

等がある。

実際の使用例[編集]

  • 久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ(小倉百人一首・紀友則)
この歌の場合、「久方の」が二句目の「光」にかかり、光が禿頭に反射し、よりいっそう輝きを持っているようである。
  • あああああ あああああああ あああああ あああああああ あああああああ!
この歌の場合、初句と三句の「あああああ」がそれぞれ二句・四句目の「あああああああ」に掛かっている。
ちなみに、この歌はまだ解読されていない。
  • 牛乳が 嫌いな漢も いちころの Hyde以上に 背は高いぞと
この歌の場合、三句の「いちころの」が四句の「Hyde」に掛かっている。
歌意は「どんなにカルシウムを摂取しない奴でも、まさかHydeより身長が低い成人男性は居ないだろう。」である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「枕詞」の項目を執筆しています。