板橋駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

板橋駅(いたばしえき)は、板橋にある

2017年現在、この駅の帰属をめぐって日本台湾韓国中国北朝鮮が係争中である。

各国の主張・状態[編集]

5か国が板橋駅を好き勝手に開発しまくって、どれがでかいかでどの国のものであるかを主張しているようである。

日本[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日本が主張する板橋駅」の項目を執筆しています。

影響力は29%。

1885年から主張開始しており、5か国中で一番最初に主張をしている。当然開発も一番早く行われ、帰属最有力候補となっていた。が、作ったら作ったでほとんど手入れしなかったせいで、後に後述する台湾や韓国の躍進によって世界でみれば誰も気にしない状態になってしまった。

ようやく事の重大さに気づいたのか、大がかりな手入れを始めた。良い方向に転ぶのか悪い方向に転ぶのかは手入れ事業主次第。

台湾[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「台湾が主張する板橋駅」の項目を執筆しています。

影響力は40%。

1920年から主張開始。主張当初は台湾鉄路管理局(日本でいうJR相当)の路線を繋げただけの誰も気にしない状態であったが、後に地下鉄、さらには新幹線を繋げて地下要塞を作り上げ、5か国中最強になった。

また、台湾が主張する板橋駅から電車一本で府中やら松山に行けるという未確認情報あり。

韓国[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「韓国が主張する板橋駅」の項目を執筆しています。

影響力は21 %。

2011年になって急に主張開始。台湾に習って地下要塞を建設中。2016年中に路線1本、あと近いうちに地下鉄を繋げる計画があり、日本の影響力を抜くのもそう遠くないであろう。

中国[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中国が主張する板橋駅」の項目を執筆しています。

影響力は9%。

1909年から主張開始。しかし、尖閣諸島南沙諸島の侵略に熱心なくせに板橋駅の完全侵略はおろそかになっている。いや、尖閣諸島や南沙諸島に熱心になりすぎて板橋駅はほったらかしにしているのだろうか。

北朝鮮[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北朝鮮が主張する板橋駅」の項目を執筆しています。

影響力は1%。

いつから主張してかは不明だが、気づいたら主張を始めてた。北朝鮮の状況は非公開となっているが、「ウリが板橋駅の所有権があるニダ!」と主張している。まあ、5か国中最弱であることは間違いないだろう。

関連項目[編集]

  • 領土問題
  • 松山駅 - 日本と韓国と台湾と北朝鮮で係争中。
  • 福井駅 - 日本と韓国で係争中。
  • 松江駅 - 日本と中国で係争中。
  • 三重駅 - 日本が所有権を放棄し、その後台湾が手に入れた。
  • 孝子駅 - 日本と韓国が係争していたが、韓国が所有権を放棄。