板橋区

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「板橋区」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「板橋区」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「板橋区」の項目を執筆しています。

板橋区(いたばしく)は、池袋の上のほうにある。世界有数のスラム街(グランド・スラム)で、一戸建てのスラム、アパートやタワーマンションの形をしたスラム、超高層団地型スラムなど多様なスラムが存在する。大東京帝國埼玉民主主義人民共和国の両国が自国の領土だと主張しており、領土未確定地域ともいわれる。地理的・政治的には粗川の南でもあり帝國の勢力圏内だが、実情はださいた検閲により削除

概要[編集]

名前の由来は、この地区がかつて川に囲まれていた時代、唯一外部とつながっていた粗末な橋が板きれ一枚を渡したものであったことから。昭和初期に東洋最大のゴミ捨て場となった際、積み上がったゴミが現在のような丘陵地帯となっている。戦時中には軍歌「露営の歌」の歌詞に「勝ってくるぞと板橋区」と歌われるほどの知名度を有していた。現在の主な産業は、これら丘陵の下から掘り出した大戦前の鉄や銅、および自動車や飛行機のエンジンなどの発掘、その再生と販売である。 最終兵器としてうごくせきぞうを保有しており、有事の際には暴れまわる予定。

住民の所得に応じて、上板橋中板橋下板橋のランクがある。また海外への板橋ブランドのチェーン展開も熱心であり、板橋駅には最近、台湾高速鉄道が開通した。

また、日本人に成りすました朝鮮人がたくさん住む「成増」という場所があり、「成りすます」→「成ります」→「成増」という経緯がある。

おもな交通手段[編集]

板橋区は北と南で分裂されてて自動車がないと不便である。それは国際興業バスがいろいr(ry

成増以外は普通しか止まらない。これは、北池袋~下赤塚駅間は領土未確定地域であり、未だ暴走老人の信奉者と埼玉民主主義人民共和国の間の紛争が治まっておらず、非常に田舎危険な状態であるためだと言われる。なお、下板橋は豊島区である。まあ東武練馬のイオンは便利。
小竹向原駅、地下鉄赤塚駅、地下鉄成増駅が区内にあるが、小竹向原駅、地下鉄赤塚駅は練馬区にとられている。
その昔、東武東上線と直通運転する計画があったが大人の都合でなしになった。計画どうりに行ってればあんなに不便じゃなかったのに……
色々と最強。よく池袋で痴漢した人が板橋駅で降ろされる。
埼玉ブランドが東京に進出したけど違和感が仕事をしない。やっぱり板橋はあれなのかな…
なかやまみちではないなかせんどうだ!
オービスがたくさん。

関連項目[編集]