松阪市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「松阪市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「松阪市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「松阪市」の項目を執筆しています。

松阪市(まっつぁかし、まつさかし)は、三重県中部に位置する都市である。

松阪の経済は、商人牛飼いによって牛耳られており、商人によって悉く買収された無能な役人たちは操り人形と化している。

概要[編集]

高級牛肉・松阪牛の産地であり、辺り一面にが寝ころぶ長閑な情景が広がっている。肉のなる木の開発が水面下で進められており、市中に大量の奇怪な形をしたが転がり込む日も近い。また、「松坂牛」、「まつざかぎゅう」など誤った名で表記されることが多いため、松阪市民が市外に出るときは消しゴムの携帯を義務付けられている。

伊勢神宮への参宮古道沿いにあった松ヶ島が松阪の前身に当たる。松ヶ島には小さな城下町が形成されていたが、蒲生氏郷によって、牛小屋しかなかった牧場の真ん中に城下町を移転させ、町の名前を松坂と改めてから、町は大きく変貌を遂げた。この頃から、陣中食を起源とする牛丼や、士気を高めるために闘牛というきわめて猟奇的な儀式を行うなど、一風変わった文化が根付くようになっていった。

地理[編集]

紀伊半島の東岸とあって、全国有数の台風銀座である。北には津波押し寄せる安濃津あり、北東には草薙剣が光る名古屋あり、には八咫鏡が光る伊勢神宮あり、南東には秋刀魚が群れる志摩の海あり、南には八咫烏が道案内する新宮あり、南西には行く手を阻む吉野山あり、西には神武様が鎮座する橿原あり、北西には四十八もの瀑が流れる名張ありと、四方八方から迫り来る雨の脅威に晒されている。

歴史[編集]

松阪人ととのつきあいは長く、日本書紀に登場する豪族・大牛氏が、大和方面から雌雄二頭の牛を引き連れて、飯高の地に移ったという記述がみられる。

江戸時代には大陸から拝金教が伝えられ、博多をはじめとして、米子大坂などで大流行し、松坂でもその時流にのって、多くの優れた拝金教徒=商人を輩出したが、松坂商人の商才をねたむには大いに嫌われ、さらに、異教徒との対立は根強いものであった。

松阪商人の精力的な経済活動を支えたといわれるのが牛丼である。牛頭天王の呪いにより疫病が蔓延して牛肉が足りなくなったときには、牛肉の代わりに鶏肉を(BSE問題で各牛丼家がやってた様に)使っていた。しかし、牛肉の味をまねる事が出来ず、市民の総意を得れずに捨ててしまった。(そのような理由で松阪では鶏肉の事を、ホルモンと呼ぶ事になった。なお、現在は大阪王国発祥の牛ホルモンと混合させないため、鶏ホルモンと呼ばれている。)

経済[編集]

蒲生氏郷の推し進めた重商政策によって、忍者に諸国の情報を手に入れさせたり、偽客として用いたりするなどして、当時としては極めて高価な牛肉木綿といった物品を、江戸京都大坂といった大消費地に売りさばき、莫大な富を得た松坂は商業都市として大いに栄えたのである。

明治の開国、昭和の敗戦を経て、海外に農産物市場を明け渡した日本の牛肉自給率は低下したが、美し国・伊勢では牛肉はもちろんのこと、野菜や海産物などの食糧自給率はほぼ100%である。これは、伊勢神宮に奉る神饌が海外産であってはならないという厳しい掟によるものである。

現在は、松阪では但馬牛相手のサービス業が流行しており、牛のコミュニティーにはマッサージ、スパ、バーなどがある。ただし、各コミュニティーでは約3年程しか住む事が許されず、生活に困った牛たちは生活の為に体を商人に売る。1頭に1000万円を超える場合があり、自分たちがこれからどうなるか分からないのに自分を売る牛が後が耐えない。

交通[編集]

鉄道[編集]

国鉄近畿日本鉄道の長きにわたる戦いの末、三重県奈良県近鉄王国によって鉄道用地の行政権を奪われ、鉄道周辺の都市も日本の行政権が及ばない「鉄道附属地」として、その支配下に置かれている。

近鉄王国の力は強大で、近鉄王国入りを目指した三重電気鉄道松阪線は、王国入り審査に失格し、1964年12月に線路剥がしの刑(=廃線)に処せられた。

国鉄が分割民営化される時、松阪は紀伊半島なのでJR西日本に入るはずだった。しかし、三塚博というアホな運輸大臣のせいで、紀伊半島でも新宮から名古屋にかけての地域は、JR西日本から強引に切り離され、JR東海に入れられた。

JR東海は名古屋駅京都駅しか眼中に無く、在来線を軽んじて地域の分断に血道を上げて、運賃収入で少年刑務所を建てている為、新宮以東のJR紀勢本線は未だ電化されていない。勿論、名張と松阪を結ぶ一大幹線となるはずであったJR名松線は、建設意義を失って伊勢奥津まで開通するにとどまり、現在では苦し紛れに「名将(=蒲生氏郷)線」と呼ばれる程である。

道路[編集]

紀伊半島一周する国道42号が松阪を通っているが、国道42号は当初、津市を始点にして新宮を経由して和歌山を結んでいた。しかし、霞ヶ関国土交通省)のアホな官僚のせいで、国道42号の始点は、紀伊半島東岸(津市、鈴鹿四日市、名古屋)から強引に切り離され、遠州灘沿岸の浜松に変更された。ほんで、浜松と伊勢志摩の間は海路である。そして、国道を整備する地方整備局も、新宮は近畿地方整備局のエリアなのに、松阪は近畿地方整備局から強引に切り離され、中部地方整備局に入れられた。

このように、松阪は、紀伊半島の一角で、志摩半島の北の付け根でありながら、霞ヶ関の理屈で踏んだり蹴ったりにさせられている地域の一つである。現在、新宮市街地の国道42号名古屋側は、松阪が最も遠距離の都市として出されている。

なお、42号線を利用する場合、事故やトラブルに巻き来れない為に次の注意点が主にあげられる。

  1. 深夜、津市の香良洲地方から拳王のバイク部隊が南下してくる場合がある。
  2. 松阪市民に事故を起こした場合、牛の町故に骨の髄まで吸われる人生が待ち受ける事になるので、その覚悟で通ること。
  3. 松阪牛はビールを飲まして育てている為、松阪牛を食べた者も酔っぱらってしまうので、飲酒運転が多発している。

文化[編集]

松阪の市民性は、「牛の歩み」のように思慮深く冷静沈着で、「牛の涎」のように粘り強く一所懸命であるというが、実際にはせっかちで短気であることが少なくない。一例として「食べてすぐ寝ると牛になる。」といわれるが、商人は昼の間に役人を利用して私腹を肥やし、夕飯を食べ終わるとすぐ寝て牛のように体を肥やすのである。

その一方で、朝飯を食べてすぐ寝てしまう非常にだらけた人間に対しては、怠け者の烙印を押して牛馬の如く扱いて然るべきであるとされている。ちなみに昼飯を食べた後にはシエスタ昼寝)が推奨されていたが、松阪人の生活習慣にそぐわなかったのか、結局定着することはなかったのである。

人物[編集]

出身者[編集]

本居宣長 - 江戸時代医師国学者漫画家
商家の生まれであるが、商才に恵まれず実家は廃業。幼い頃からお医者さんごっこに興じ性の文化に関心があった宣長は、京都に遊学した後、松坂で医業を営み、患者の体を舐め回すかの如く診察していたといわれる。
賀茂真淵との出会いによって『古事記』の本格的な研究に進むことを決意。さらに蒲生氏郷の影響もあって『古事記』の漫画化にも着手した。代表的な思想として、秀逸な記事どうしようもない記事を目にしたことによって生ずる心の底から「ああ」と思う何とも言いがたい感情をさす「もののあはれ」が知られている。また、の蒐集家としても知られており、特に牛鈴や馬鈴がお気に入りであったという。
松阪梅 - 平成時代の幼稚園職員クレヨンしんちゃんの登場人物
アクション幼稚園ばら組の先生。その性格の悪さと男運が皆無であることは有名。
化粧が濃く酢乙女あいにも一目置かれている。
本名は梅というがなかったことに自分ではしている。
かの有名な「牛飼い娘」「牛飼い姫」の異名を持つほど牛飼いが上手だった。
恋人は行田徳郎。恐竜の化石の発掘のために渡航し、現地で無差別爆弾テロに巻き込まれて帰らぬ人となった。その数ヶ月には彼の死は忘れ去られた。

所縁の人物[編集]

蒲生氏郷 - 戦国時代から安土桃山時代にかけてのサムライ宣教師・漫画家。
松坂開府の祖。近江日野生まれ。近江から伊勢に移ったときには、既に人気漫画家として名を成しており、数々の合戦に従軍しながら執筆活動を行っていた。キリシタン大名であり、松坂に牛丼や西洋式闘牛を普及させた張本人でもある。

関連項目[編集]


この項目「松阪市」は、執筆者が商人だった可能性もありますが、このままでは単なる駄牛です。美牛に育てて下さる畜産家を求めています。 (Portal:スタブ)