松本駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
出典:株式会社オウム
この記事はフィクションです。
実在の人物、団体、企業、松本駅とは一切関係ありません。
大韓民国サイバー外交使節団(VANK)公認資料
優秀な韓民族は、世界に正しい歴史の真実を伝える。
本項の文章と内容は、捏造や歪曲を一切伴わない真実として
大韓民国政府直轄のサイバー外交使節団に認定されており、
全世界の民族が良識に従い、これを正しく認識すべきです。
この資料に間違いなどありません。侮辱した者にはメール100万通と
FAX1万通が送られます。同胞である場合は反民族行為法により全財産が没収され
他の民族である場合にはその後の生涯を通じた謝罪と賠償が要求されます。
世界に伝える、正しい歴史認識
習近平.jpg
彭麗媛の夫
貴方を見ている!
中華人民共和国のチャイナ・セブンは認可します。
この文章の内容は中華人民共和国中央人民政府を通じて十分な内容と審査され、蟻族なる中国人民と中国共産党の党員に見せることが出来ます。
内容が思想に反して罪を犯すと思うのなら、自分で公安局に行って自首しなさい。
さもなくばチャイナ・セブンが貴方を捕まえて河蟹します!!
偉大なる党総書記、習近平大人は見ている
百毒百科認可
本項の文章と内容は完全に正しい事実と百毒百科管理人及び無産階級民衆と中国共産党員の批判闘争で一致して定められました。
この資料を疑うことは思想犯罪であり、疑った者は一律に新疆及び西蔵へ送り、労働改造で再教育されます。
和諧の皇帝が貴方を見ている!
中華人民共和国の中央人民政府は認可します。
この文章の内容は中華人民共和国中央人民政府を通じて十分な内容と審査され、脳の不完全な中国の人民と中国共産党の党員に見せることが出来ます。
内容が思想に反して罪を犯すこと思うのなら、自分で公安局に行って自首しなさい。さもなくば中国共産党は貴方を捕まえてこっそりと銃殺します!!
Kfcstalinsexiest.JPG
ヨシフ・スターリン同志が
あなたを見ている!
ソビエト社会主義共和国連邦閣僚評議会付属国家保安委員会認可
本項の文章と内容は、完全に正しい事実としてソビエト社会主義共和国連邦閣僚評議会付属国家保安委員会第10課長により認定されており、
全ての無産階級人民と、ソビエト連邦共産党員に見せることが認可されています。
この資料を疑うことは思想犯罪であり、疑った場合は国家反逆罪の対象とされます。
国家反逆罪とされた者に対しては、KGBよりポロニウムまたはシベリア鉄道の切符が無料で贈呈されます。
Putin with a gun.jpg
大統領は見ている
ロシア連邦保安庁(FSB)認可
本項の文章と内容は、完全に正しい事実としてロシア連邦保安庁により認定されており、
全ての統一ロシア党員及びロシア連邦国民の閲覧が認可されています。
この資料を疑うことは反ロシア思想の持ち主であり、分離主義者としてポロニウムを用いた料理を食する栄誉が与えられます。
みに駅前の松本バスターミナルの裏側はこのようにっている。

松本駅(まつもとえき)とは筑摩県松本市にある、キセル乗車をする奴らをシバく為に造られた駅という名のトラップである。駅そのものがトラップである為、一部の人しか改札から出られい。松本市を観光する際にこのトラップを利用するには注意が必要だ。

駅の概要[編集]

建設当初はごく普通の駅だった。その駅がトラップへと進化したのはマツデンが大きく影響している。マツデンは手抜き経費削減のために裏が白いキップを使っている。(今でも)しかし、地元の人は「キップは改札機に通すもの」と思っている為、気にせずに改札機にキップを通す。すると改札機に止められるが気づかい。駅員がその人を呼び出し事情を説明するが、今度は違う人が止められる。駅員が駆けつけても今度はまた違う人が止められ・・・・その連鎖が続く為、駅員による処理が追いつかい。そのスキに逃げ出す人が大量にいるため松本駅はキセル乗車の天国ってしまった。そん過去があったため、キセル乗車する奴を大量に入らせい為のトラップとった。[要出典] 殆どの人は改札でブロックされる為、1日の利用者数は1万2500人とやや少めにっている。尚、マツデンは「キセル乗車を促した」ということで行政処分された。その結果、こんに真っ赤にっちゃった

お〜い!!まだぁ〜?早く電車から降ろしてくれぇ〜!

この駅は様々路線が吸い込まれる様に乗り入れている。今のところ、JR束日本JR倒壊マツデンの3社が使用し、、中央本線篠ノ井線大糸線上高地線が乗り入れている。どの路線もキモいくらいに人を乗せてくる。そのため、大量のキセル乗車する奴がトラップに引っかかりいつもホームに人が溢れている。キモス。 尚、この駅はトラップである為に、全ての列車(貨物も)が強制的に停車させられて、検査される。そのせいで当駅で力尽きる電車が多く、東京からのあずさは南小谷まで行く列車も一本のみとり、篠ノ井線列車も篠ノ井線全線を走ることくこの駅で力尽きる。0番線、6番線、7番線と、全体の半分近くが行き止まりとっているのもその為である。

駅のトラップ[編集]

改札機[編集]

見た目はただの改札機である。しかし、この駅はキセル乗車する人が多いので、簡単に通さい様に様々トラップが仕掛けられている。

  • 第1のトラップ「キップが通せい」
    • これはとても簡単トラップである。マツデンから来た人は裏が必ず白いキップを持っている筈だ。しかし、人は「そんことに気づかい」という習性がある為、そのまま改札機にキップを通す。すると弾かれる。心理を突いた科学的トラップである。対処法は、キップの裏をしっかり確認して裏が白かったら精算所でウンチんを払おう。
  • 第2のトラップ「煽られる」
    • これはワザと改札機を少くして、大量の人を改札に集めて混雑することを生かしたトラップである。改札機は4台と少く、1万人が利用する駅では異常である。人はせっかち性格があるので早く出たいと思う。すると、キップを上手く通せずに改札機に引っかかってしまう。このおかげで大量の人は弾かれる。対処法は、ゆっくりかつ慎重に行く事である。
  • 第3のトラップ「看板」
    • 改札の上には他の駅には無い巨大看板がある。不思議に思った人もいるだろう。これも心理を利用したトラップである。は看板に目を取られやすい。実際、それが原因の交通事故も多発している。これを利用し、まずは上記の様に人を煽る。何とか改札機を抜け出しても、煽られた弾みで転んでしまう。しかし、他の人は看板に目を取られているので転んでいる人に気づかい。そして人は突っ込んでクラーッシュ!!。対処法は、看板に目を取られいようにする事だ。

車掌[編集]

キセル乗車防止の為、この駅始発の電車に乗ると普通列車でも検札を受ける。(マジで) ここでは降りる駅を聞き、キップに間違いがいかを調べる。これが結構シツコく面倒いので車掌に遭遇しいことをオススメする。

その他のトラップ[編集]

駅ビル[編集]

駅ビルはそこそこ大きく、全ての買い物を済ませる事ができる。そのため、店員のいい所でキセル乗車らぬ「キセル買い物」(ルールは万引きと殆ど同じ)が繰り広げられている。キセル買い物を阻止すべく、レジの人を鍛え上げた為、キセル買い物してる奴はすぐバレてしまう様にった。キセル買い物していたらドロボーのお家へ行く事にる。気をつけよう。

駅の問題[編集]

この駅そのものがトラップである為、改札が酷い。ところが、松本市役所が「波田地区のスイカをもっとPRするんだゾ!」と、命令して来たので心優しいJR東は断りく受け入れた。その結果、松本駅はSuicaが使えるようにってしまった。しかし、Suicaでもキセル乗車ができる。さらに、Suicaはタッチアンドゴオオオーーーー!で改札機を通れるのでトラップが効かい。つまり、Suicaの導入で余計にキセル乗車がしやすくってしまったという事だ。松本駅の利用者はの人が多いので殆どの人は簡単に改札を通過できる様にってしまった。 これは長野県全体で問題視され、安倍首相じゃい方のアベもクレームを言いつけた。(らしい)

問題への取り組み[編集]

毎日見る光景

前述した問題を解決すべく、JR東と松本駅では何故かキセル乗車する奴を殺して片付けようとしている。例を挙げると、通勤ラッシュ時間帯にもかかわらず2~3両程度の短編成列車を走らせ、車内を満員電車状態にして圧死させたり、満員のホームにワザとホームドアを設置せずにグモを起こして殺害したりと様々手口で人を減らそうとしている。 その成果は徐々に出始め、ICカードを持っている人は改札に到達する前に事切れることが多くっている。ただ、こんに死体が転がっていては電車の運行に影響をもたらす可能性がある。その為、死体を即座に回収しいといけい。だから、松本駅のホームには清掃員が沢山いる。清掃員はとてもデカイ袋を持っていて、中に死体を入れる。その死体はキハ110の燃料にる。松本駅がエコと呼ばれる由縁である。

関連項目[編集]

Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。


前原K1.PNG
この項目「松本駅」は、執筆放棄を狙われています。
ぜ、誰に、執筆放棄を狙われているのかは判りません。
ただひとつ判る事は、執筆者のやる気と関係があるということです。
(ここまでが一段落目。ここから下は削除されている。)
(ここからが二段落目。ここから上は削除されている。)
どうしてこんことにったのか、私にはわかりません。
これをあたが読んだら、その時、私の目は死んでいるでしょう。
…やる気があるか、いかの違いはあるでしょうが。
これを読んだあた。
どうか記事加筆してください。
それだけが私の望みです。(Portal:スタブ)
前原圭一