松平信子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

松平信子(まつだいら のぶこ、1886年 - 1969年5月8日)は、日本で初代の参議院議長、宮内大臣を歴任した松平恒雄の第一夫人。またごくせんガラスの仮面悪ノ娘大奥系ドラマと羅刹の家と韓流宮廷ドラマの女悪役の元祖。

旧姓は鍋島。父は侯爵・鍋島直大、母は鍋島榮子。また美貌を謳われた梨本宮妃伊都子を姉に持ち、長女の勢津子は秩父宮雍仁親王妃である。昭和中期より、宮内庁内で絶大な発言権と政治力を有するようになり、その権勢は時の皇后をも凌ぐといわれ、「影の昭和女帝」または「真・昭和の妖怪」と恐れられた。また世紀の悪の女王として、当時のワイドショー番組を賑わせお茶の間に君臨したほどの国民的人気を博していた。

悪ノ姫時代[編集]

明治19(1886)年の7月、鍋島侯爵家の四女として降臨。幼少期は、小公女セーラを圧倒するプリンセスぶりで優雅な日々を過ごしたという。当初より外交官に嫁ぐことが決まっていたため、旧・会津藩主松平容保の四男で、後に駐英、駐米大使を務める松平恒雄との婚約をすすめられる。明治39(1906)年、19歳のとき学習院・女学部の前身である華族女学校卒業後、結婚のためイギリスに渡った。帰国後は、夫・恒雄の宮内大臣就任を契機に自身も宮廷内に取り入り、貞明皇后と親しくし時代が昭和へ移るとともに影響力を持ち始めた。

悪ノ華、華麗に咲く[編集]

戦後、夫がこの世を去ると更に権勢を強め、香淳皇后の意向もあり1950年代から60年代には東宮教育参与に就任し、当時の皇太子・明仁(今上天皇)を厳しく教育。ついに宮内庁を一手に主導する地位を手に入れた。その教育の熱血ぶりは凄まじく、後年、21世紀に入って漫画や映画化をはじめTVドラマも第3シーズンまで作られるなど後世の時代に影響を与えた。その後、皇太子妃選考会議を取りしきり皇太子妃候補の人選をも担ったが、学習院同窓会組織・常盤会の会長を務めていたため解任されている。この解任の理由は皇太子妃候補を学習院出身者の華族令嬢に限定しようと画策し、更なる権力掌握を企てたことだといわれる。

しかし自身の意に反して皇太子妃に民間出身者の正田美智子が内定したと知るや、強硬に反対し一方的に遺恨を募らせ凄まじい報復と排斥を企てた。1959年の皇太子成婚の際は、手下の柳原白蓮夫妻らに命じて右翼団体を動かすなどし、更に宮内庁内でも皇后の威を盛大に借りて正田家などを標的として様々な妨害工作や剃刀入りの手紙や藁人形や注文していない大量の握り鮨を送りつけるなどの嫌がらせを試みるなど猛烈な攻撃を加えた。さらには娘の勢津子妃をはじめ、姉や従姉妹など己の息のかかった宮内関係者を手下に加え、皇太子妃となった美智子妃に対して痛烈な批判や美智子妃の帽子や靴に画鋲や針を仕掛けたり、美智子妃が流産した際に凄惨極まりない誹謗中傷を浴びせまくって半年近く心身共にダウンさせるなどの陰湿かつ凄惨な集団による嫌がらせや、美智子妃への呪詛を毎夜繰り返すなど反皇太子妃派の領袖として君臨し続けた。その凄惨さと酷薄さと苛烈さを尽くした恐怖政治ぶりは、昭和天皇侍従長を務めた入江相政らの手記にもたびたび愚痴のネタとして登場するほどであり、その徹底したヒールぶりにお茶の間が沸き、美智子妃への同情が国民感情として拡がると、松平信子の存在はメディアでも取り上げられ、世紀の悪の華として華麗なる大輪の華を咲かせまくった。

悪ノ華、萎んでも散らず[編集]

1969年の死の直前まで、いや死後もなお美智子皇太子妃排斥に凄まじいまでの執念と怨念を燃やし続け、その怨霊に取り憑かれた香淳皇后は外遊に出発する際の皇太子妃の挨拶をメディアの眼前であるにもかかわらず平然と無視する行為を行い、また平成の世になっても信子の怨霊に取り憑かれた宮内庁の人間が美智子皇后を無実の流言蜚語で中傷し美智子皇后を半年近く失声症に追いやるなど、その怨念は皇室内にいまだに取り憑いている。

しかしその一方で皇太子の長姉東久邇成子や弟の常陸宮正仁親王、叔父の三笠宮崇仁親王らによって信子らの皇太子妃に対する呪詛や排斥工作の大半は潰された上、手下であった長女勢津子妃や高松宮妃喜久子も皇太子妃の態度に絆されて寝返り、頼みの綱であった香淳皇后までも老い衰えて憑依できなくなるなどして脱落したため、信子の美智子皇太子妃排斥の野望は頓挫した。

なお、一説では信子が野望と権勢欲に凝り固まり、ついに怨霊となった理由として姉の伊都子が美貌で令名を馳せまくっていたことへの劣等感や、伊都子の長女で姪の梨本宮方子女王が一時久邇宮良子女王(後の香淳皇后)と並ぶ皇太子・裕仁(後の昭和天皇)の有力な妃候補だったにもかかわらず、チョン公の嫁にさせられた事も多いに影響していると言われる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「松平信子」の項目を執筆しています。