松岡由貴

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「松岡由貴」の項目を執筆しています。

松岡 由貴(まつおか ゆき1970年9月13日 - )は、日本声優の一。大阪府大阪市と言う関西の中核都市出身であるため、二番手キャラながらも個性が強いキャラのそれを担当することが多い。今では大阪のおばちゃんの一人に数えられてしまっているとかいないとか。

人物概要[編集]

1979年、9歳の段階で明石家さんまと共演でCMに出演し、青二塾に高校時代入るも方向転換して大学へ進学、その途中でラジオ番組のアシスタントとなって世にその名を明かすことになり、長らく関西地方に注力したタレントとして活躍することになった。ある番組への出演中に阪神大震災に遭遇したことは、ファンの間では語り草である。

関西のラジオ番組「青春ラジメニア」にゲスト出演した時に、町を歩いていたらAVのスカウトをされた事を暴露した。

自他共に認めるジュリアナ世代、ボディコンシャスでブイブイいわしてた。未だにかなりの美脚らしい....四十路の美脚........:@;[:*...OK!!。

「大麻帆良祭」で「ハッピー☆マテリアル」を歌おうとしてステージに入った際に誤ってステージの一番下に降りていってしまい、思わず「あ!」と声をあげてしまった。しかも歌い終わった後に、次に歌う猪口有佳に渡す筈のマイクを持ったままステージを降りてしまい、舞台袖のスタッフが飛び出してきて松岡からマイクを取って猪口に渡した。「大麻帆良祭」のDVDにもそれらの様子が映っている。

前述したとおり、大阪市出身ということで上方語(関西弁)は地の言葉である。関西弁を使う者は大方の作品の場合、個性的なキャラクターになる事が多い(ただし、性格・位置付けは多種多様に変化が可能)。

具体例[編集]

通称が「大阪」。まさに彼女以外の適役はそういないと思われる。
大阪弁をほとんど使いまくった極悪ヒロインとして有名。

また関西弁を伴わない場合でも、個性的なキャラになることは数知れず。その種類は豊富であり、性格も活力的なものから控えめな者まで幅広い。

パワーレンジャーのメインキャラとしては唯一、戦死してしまった悲惨なヒロイン。

関連項目[編集]

Hayami.jpg この項目「松岡由貴」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)