松山千春

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「松山千春」の項目を執筆しています。
若かりし頃
現在

松山 千春(まつやま ちはる)は北海道を代表する歌手

人物[編集]

直接ではないが、鈴木宗男の才能を開花させた人物でもある。

かつては毛は特記するほどではなかったが(上の写真)、現在ではスキンヘッドになっている(下の写真)。理由はマイケル・ジョーダンペプシマンに憧れたからである(松本人志のようなイメージチェンジや、年が増えると共にできた現実ではない)。

現在では新党大地所属アーティストのプロモーション中心に活動している。

出身地である足寄町にある「千春の家」は国後島にあるクラブハウス日本人とロシア人の友好の家(通称ムネオハウス疑惑の総合商社など)の元ともいえる。しかし、残念なことにイギリスマッドチェスター並であるムネオハウスムーヴメントのようなことは起こらなかった。その家にはわかりやすく過去と現在の二つの似顔絵がある。

代表曲[編集]

かざぐるま[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「かざぐるま」の項目を執筆しています。

2ndシングル。北方領土風力発電事業応援歌。

時のいたずら[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「時のいたずら」の項目を執筆しています。
3rdシングル。松山が22歳の時に発表した楽曲ではあるが、奇しくも将来の松山の様子(髪の毛の変化)を占った曲でもある。
「と~き~の~ いた~ず~らだね~」(禿げた理由 的な意味で)

君が好きさ[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「こんな夜は」の項目を執筆しています。

2ndアルバム『こんな夜は』収録曲。北方領土を遠くから見ているだけで、日本のものだと宣言できない宗男の歯がゆさを擬人法を交えて歌い上げる。

雪化粧[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「歩き続ける時」の項目を執筆しています。

3rdアルバム『歩き続ける時』収録曲。ロシアで現地の高官とアッー!ロシア式コミュニケーションを取る宗男の心情とロシアの美しい風景を描写した曲。

[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

6thシングル。拘置所での宗男の行状を訴えた名曲。

卒業[編集]

6thシングルのカップリング曲。自民党から卒業し、新党大地への思いを馳せる宗男の心情を歌い上げた名曲。

長い夜[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「長い夜」の項目を執筆しています。

10thシングル。検察の供述書にサインしようかやめようか悩み、長い夜を過ごすことになる宗男の揺れる心を描いた曲。

関連項目[編集]


あずにゃん こんなんじゃダメですーっ!!!ユーモアが感じられないです!ユーモアの欠落した文章はすべて撤去すべきです!唯先輩は早くこれを覚えて加筆してください!
え、お茶がいいですって?もういい、やってやるです! (Portal:スタブ)