松中信彦

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「松中信彦」の項目を執筆しています。

松中 信彦(まつなか のぶひこ、1973年12月26日 - )は、●1 ストレート 140km/h 真中中央 ゴロ(二併打)である。 株式会社松中土建に所属する野武士気取りのDO☆KA☆TAだったが、副業としてプロ野球チーム福岡ソフトバンクホークスの選手としてプロ野球活動も行っていた。そして、現在の職業はプロ置物である。 かつて三冠王参観王)と崇められた。

人物[編集]

近年では浮気に一生懸命なようで、全国各地で合コンを開催している。熱狂的な女性ファンからは、くまシャンの愛称で親しまれている。

経歴[編集]

熊本県八代市の建設会社「株式会社 松中土建」経営者の次男坊として生まれる。高校卒業後は武者修行と称するリハビリのため社会人野球の新日鐵君津に入社していたが、このとき屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツの才能を延ばし、屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツの日本代表に選ばれて、銀メダル獲得に貢献した。

プロ入り後[編集]

その後ドラフト2位で福岡ダイエーホークスに入団。入団から2シーズンは真剣木刀との違いに苦悩するが、野武士気取りである彼は懸命な修行と称するリハビリにより克服。1999年以降は主力として活躍。小久保裕紀城島健司らと共に2000年での連続リーグ制覇でも貢献した。

2003年に打点王、2004年に三冠王、2005年に本塁打王・打点王、2006年に首位打者。4年間で打撃三冠12タイトルの内、7つを占有する。

ところが、2004年以降はチームが優勝から遠ざかっただけでなく、2007年では自身が全くの お荷物化してしまったために一時期評価が下がってしまった。

2008年になって打順が3番になったところ、肩の荷が下りたかのように安打・打点を量産し始めた。しかしシーズン最終戦、誰も予想していなかったであろう真中中央事件(後述)により一躍有名となってしまう。ファンから分不相応に高い年俸の返上を求められると「複数年解除しま宣言」を行い7年間プロとして生きる決意をした。

ポストシーズン[編集]

名前もらったよ。でも、長くなっちゃった

華々しいレギュラーシーズンの戦績を引っさげて99年以降は、ほとんど毎年のようにポストシーズンへ臨む。ところが、お約束のように打たない。せいぜい、99年くらいは打ったかな~という、古すぎて忘れてしまう程である。

2000年の日本シリーズで、お荷物となったのが始まりである。

2004年から導入されたヘンテコなプレーオフでも、その本領を発揮した。この年は5試合で、たった2安打。翌2005年に至っては、わずか1安打である。

2006年の時は、勘違い猿の熱投を見殺し。相手チーム勝利確定の際にはTVのアップになった上、ありがたくも無い、長ったらしい名前を勝手に付けられて放送されるなど、その働きを称えられた。なにせ写真のシーンでは、朝日系だったか『唖然・呆然・愕然の松中!!!』って実況されたくらいである。

ココまで打てないのは弱点なのだろうか、それとも『サービス残業になるから』と、いつまでもサラリーマン根性が抜けないのか、は判らない。しかし、初秋の頃に見られる唖然・呆然・愕然とする姿は風物詩と化している。←5億も貰っといて、サービス残業も何も無いだろう!!

真中中央[編集]

2008年10月7日、敬愛する王監督の、ホークスの監督としての最終戦。同点で迎えた延長12回1死1・2塁の大チャンスにおいて松中は、初球ど真ん中の140km/hのストレートを絵にかいたようなセカンドへの併殺打に倒れた。

直後にジャーマンのサヨナラヒットを浴びたチームは敗北しただけでなく、同時に楽天との0.5ゲーム差をひっくり返されて最下位に転落。世界の王のラストゲームを勝利で飾ることを期待していた一部のソフトバンクファン・野球ファンを失望させた。

しかし、世界の王のラストかどうかにかかわらず、世界の王に特に思い入れのない多くのソフトバンクファン・野球ファンにとっては、勝ち負けなんかどうでもいい退屈な消化試合であることに変わりなかった。むしろ、松中の真中中央は、置物としての地位を揺るぎないものとする伝説の打席として、退屈な消化試合の唯一見せ場となった。

それから1年が経った2009年10月現在でも、その松中の伝説の打席は、

┌─┬─┬─┐
│  │  │  │
├─┼─┼─┤
│  │●│  │
├─┼─┼─┤
│  │  │  │
└─┴─┴─┘
     球種    球速   コース   結果
●1 ストレート 140km/h 真中中央 ゴロ(二併打)
                        [ 併殺打 併殺 ] 

として語り継がれており、おそらく彼が引退するまでは絶えることはないだろう。

あまりにもこの真中中央のインパクトが強すぎたためか、12回裏に2011年の日本シリーズで中日の2連勝に貢献し、事実上の敢闘選手がサヨナラ打を喫したことは話題に上がらない。

真中中央をやらかしたのでもう勝利がなかったのも一因だろう。

応援歌[編集]

のぶのぶのぶのぶのぶの髪♪ 素敵でかわいいノブの髪♪ 今度は行こうよノブの店 ♪ さあ予約は今日中に~ ♪

「触れてみたい、君の髪」

関連[編集]

以下、その他チームメイト。だった人も含む。

以下、類似品
  • ハニワ
  • 和田一浩(頭髪においては大先輩。)
  • 高岩竜一(高岩本人が松中に間違えられた事∞回と言う、あまりにもソックリなプロレスラー)
ExSport.png この項目「松中信彦」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)