松下奈緒

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索


「諸君、この記事は最悪だ!編集なんぞでどうにかなるような甘っちょろい状況には無い。こんなページは見捨てて、ウィキペるしかない!極みを論ずれば、ウィキペディアを見るしかないのだ!」
この記事 について、外山恒一
「わたしが小さ過ぎるんじゃない。NPが大き過ぎるんだ。」
松下奈緒 について、国際ハイド原器
「この人は凄くいいと思う。」
松下奈緒 について、ノーパンチ松尾ザ・パンチ
「来た、見た、惚れた!」
松下奈緒 について、ガイウス・ユリウス・カエサル
「俺は5000万分の一の女性に出会った」
松下奈緒 について、哀川翔

松下奈緒(まつしたなお)は、我らが大日本帝国兵庫県川西市出身の世界一の美女。中南米の主婦層には彼女のことを単位だとか言う男もいるがとんでもない。松下奈緒は世界一位の美女なのだよ。よしんば二位だとしても世界一位なのだよ,お分かり?



概要[編集]

Naoという名称の由来は前述の通り「National Object」で、直訳すると「ナショナルの目標」という意味である。ところが、ナショナル(現・パナソニック)と松下奈緒の間には歴然たるレベル差があり、彼女自身は絶世の美女で、ピアニストで作曲家で女優でもあり、更に姫でありになっている。その権威たるや、あのジュウシマツ大総統をも屈服させるほどで、パナソニックなんぞ足元にも及ばない、というのが現状である。創業者かつ神である松下幸之助ですら足元に及ばない。当たり前だが、レベル差が非常に大きいhydeと比べるのが間違いである。地球破壊爆弾などの兵器を所有している青い狸も逆らうことはできないだろう。また,閻魔大王でさえも、彼女を裁くことはできないという。

長さの単位としてのNao[編集]

Nao計画の始まり

1965年頃、国際度量衡総会(CGPM)は新単位としてhydeを提案したが、hyde原器には根本的な不備があったため、1970年阪急王国宝塚市川西市ナショナリストたちが松下電器産業の全面協力の下で松下度量衡委員会(MGC)を結成し、あれこれと戦略を練り始めた。MGCの研究員達は、さまざまな方法を検討していたが、1985年2月8日に、新たなが降臨した。この「新たな神」は、松下電器産業の予想以上に順調に成長を続けて、MGCの最初の目標の170cmを超える174cmになった。

2004年、最終的にナショナルによって1Nao = 174cm と定義された。

なお、相対ハイド単位のような用法はない。

面積・体積[編集]

1Nao = 174cm なので、

倍数単位(kNaoなど)[編集]

他の単位同様に、SI接頭辞をつけることにより倍数単位を表せる。

音楽単位のNao[編集]

Nao原器には非常に優れた絶対音感があるとされる。そのため、ターブの補助単位としてNaoが使われる。この場合、1Nao = 1テラターブ (1兆ターブ)で1億ターブの1万倍である。

1ターブが2-100,000,000倍の音程差であるから、1Naoは210000倍の音程差である。

Nao原器は天才音楽家でもあり、「おそらく1ターブを聞き分けられる」とされる。神聖な能力だと言うこともあり、hydeなんて、とても比べものにならない

もともと2つのNao単位はどちらもナショナリスト専門単位であるにもかかわらず、最近になって音楽単位の方がソニー・ミュージックエンタテインメントソニーグループ)に所属していることが分かった。そのためソニーとの間で戦争が勃発する危険があり、緊張状態が続いている。

国際Nao原器[編集]

178cmを目標にしていたハイド原器が成長を途中で止めてしまい156cmになってしまったこととは対照的に、Nao原器は順調に成長を続けて、当初のMGCの目標の170cmを超える174cmになった。また、原器は非常に美しく、結果としてパナソニックの広告塔になた。

国際ハイド原器と並べても分かるように、様々な面で勝っている。hydeは足元にすら及ばない。そのため、国際ハイド原器のように長さを非公表にしてしまうことなく、長さは大いに公表されている

Naoという名称は、No1 AAA object世界一優れた)という意味を含んでいるという説もある。

近年の調査により「国際Nao原器は実はなのではないか?」という調査結果が公表された。もはやNao原器は神聖なものであり、おそらく、誰も原器を悪く言うものはいない。前述の通り、あのジュウシマツ大総統ですらも屈服させるほどで、パナソニックなんぞ足元にも及ばない、というのが現状である。創業者かつ神である松下幸之助ですら、もちろん足元に及ばない。

近年、関西弁を使わないことを理由に、浜田雅功がNao原器を足で蹴ったが、彼女はノリを理解しているので特に何も無かった。その後の調査でも、足蹴りによる身長の縮みは見られなかった。

もし松下奈緒を批判すると…

南北戦争で北軍が勝った最大の理由は、リンカーンが彼女のCD(1stアルバム/Dolce)を持っていたからだと言われている。(それを知ったオバマ氏がタワレコに向かったところ、なぜか小沢一郎に出くわしたという。)

日露戦争の天王山となった日本海海戦だが、日本が勝った最大の要因は、彼女のCD(2ndアルバム/Poco a Poco)だという。丁字戦法を秋山真之参謀長が思いついたのは、このアルバムを聴いていたときだったのだ。(『坂の上の雲』より)

ジャイアン某青い狸の道具によって、きれいなジャイアンと取り替えられてしまったが、そのときの女神は実は彼女だったのではないかと言う説すらある。

不死鳥の騎士団の中枢メンバーであり、戦闘力も高い。彼女が「燃えろ!」と言えば、その一帯は一瞬にして灰に変わる。ディープパープルの『紫の炎』は、そのことをモチーフとした楽曲である。

「燃えろ!」の一言でこうなる
「燃えろ!」の一言で発生した災害により、アンサイクロペディアの記事が…。

また、パナソニックは「この単位は決して侮辱したりしているわけではなく、むしろ『彼女は絶世の美女であり、また天才音楽家であり世界一であるhydeなんて話にならない。』という事実であることを強調し、褒め称えている。神聖なものだからこそ、ありがたく長さを計る単位としての知名度を上げるべきである」と、パナソニックはこの単位の使用を奨励している

アルバム[編集]

  1. dolce(2006年10月18日)
  2. poco A poco(2007年10月10日)
  3. 映画「チェスト!」オリジナル・サウンドトラック~松下奈緒オリジナルスコア(2008年2月27日)
  4. pf(2009年2月24日)

映画[編集]

クールドラマ[編集]

歴史[編集]

逸話[編集]

「ハイド」という言葉は「小さすぎて見つけることができない」という意味で使われる。英語で「かくれんぼ」のことをHide and Seek(ハイド アンド シーク)と呼ぶのはここから来ている。(詳細は「かくれんぼ」の記事を参照)また、エクストリーム・聖火リレーで何度もトーチ・ハイドと呼ばれる聖火隠蔽行為がリレーチームで行われた。

これに対し、「松下」や「Nao」という言葉は「非常に美しい」「もはや神々しい」という意味で使うようになった。その後、意味が変化して「とてもよい」という意味に変化していった。とくに松下電器産業の製品の優秀さをナショナリストたちが褒め称える意味でも使うようになった。

実際には、エクストリーム・聖火リレーには「トーチ・マツシタ」という秘伝の技があり、これは「神々しい雰囲気を作って、妨害チームを寄せ付けない」という働きを持つ。ただし、北京では使用されなかった。

何度も言うが彼女(松下奈緒)は...美しい。美しすぎることも罪なのだろうか...

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「松下奈緒」の項目を執筆しています。

関連項目[編集]


松下電器産業株式会社が、1992年以前に製造した「松下奈緒」は、未加筆の場合、一酸化炭素が漏れ、死亡事故にいたる恐れがありますので、至急加筆をお願い申し上げます。 (Portal:スタブ)