東金市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東金市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「東金市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「東金市」の項目を執筆しています。

東金市(とうがねし/とうきんし/とうこんし/ひがしかねし)は、九十九里平野にある、千葉県の市である。

概要[編集]

東金市の読みについては、(とうきん)や(ひがしかね)が正しいという主張も存在するが、元来 日本語における人名や地名の読みは自由なものであり、熱烈な地元住民によると東金と書いて(とうきょう)と読んでもらいたいと主張しているが、混同を避けるために(とうがね)と読んでいるのだと言うことである。

余りにも交通手段が貧弱であるため、かの地に始めて訪れる人は皆、「遠い」と口にするが、住民は「そんなに遠かねぇ!!」と反論するのが常になり、いつしかそれが正式に「遠かねぇ市」→「東金市」になった模様。

地理[編集]

九十九里平野が大部分を占めるが、房総丘陵にかかる台地部分には薄気味の森や霊苦賽土ヒルなどの気味悪い名前の住宅地が開発されて都心からオカルト系の人や熱烈なカルト教団の信者などの怪しい人々が移り住み人口が増えている。また隣接する地区の千葉デクノボウ工業団地は大量に売れ残って同市の財政を圧迫している。

人口[編集]

昭和29年の市制施行以来、3万5千人の人口が現在は6万人まで増加したというが、実のところ周辺の人口が急増してあせっている。隣接する八街市は市制施行後7万5千人まで人口急増し軽く東金市を上回った。そして大網白里町は5万人以上に達し、2011年頃の市制施行が予定されており、さらに合併で誕生した山武市も5万7千人とその差わずかとなってる。

今まで、周辺地区に比べて人口の多さだけが市民のプライドを満足してきていた同市ににとっては、人口で周辺自治体に抜かれることは切実な問題であり、市民感情も満足できない。

これについて、同市の 馬(ま~)鹿(しか)市長は、「おめえらが合併さ反対すっから、こうなるんだっぺ」と高笑いしながら、市長の座に居座っている。

住民[編集]

東金市の代表的な住民は、駅前の公園に居住するホームレスA氏である。こんな地方都市の公園にホームレスの家が建っているということで、同市を訪れる人は驚きを隠せない。なお、同氏が居住するこの公園は、桜の名所である八鶴湖に至る道のりにあるため、毎年桜祭りの頃には多くの観光客にさらし者になってるのは言うまでも無い。観光協会では今後人気が出てくると思われるA氏を観光大使に任命することも検討中らしい。

写真は大正製薬の禁煙補助薬 「シガノン」

健康増進[編集]

同市には健康増進課なる課が赤字の根源と噂されるふれあいセンターの中にある。同課では、「とうがね健康プラン21」策定し健康を市民運動にすると豪語してるが、そのなかでたばこの項目はでは、「たばこの害を知り禁煙・分煙できる人を増やしましょう。」となってる。

がぁ~~しかし、同市の都市計画税の金額とたばこ税の金額が等しいぐらい喫煙者が多く、禁煙したら税収が落ち込んじゃって困るので作ってみたものの何もできない。。事実、、街中は路上禁煙でもないし、市役所職員には専用の毒ガス室まで与えられている。市民は玄関の外。

交通[編集]

東京から50キロしか離れていないにもかかわらず、同市は大変に交通の便が悪いために、世の中にその名を知られていないが、実は八王子と同じぐらいの距離に位置するが人口規模では八王子市の人口が57万人に対して6万と10倍弱の開きがある。……と行政側は交通事情の悪さのせいにしてるが、行政運営も下手糞だから人口が増加しないのは明白である。

鉄道[編集]

JR東金線は枝線であるので、大網駅での接続が悪い。時刻表を持たないで千葉や東京方面から乗車すると最悪である。そもそも運行本数が少ない、ラッシュ時でも30分間隔、昼間は1時間間隔である。運転間隔が2分と日本でもっとも短い東急田園都市線を参考にすべきである。

それなのになんと4~6両編成で運行してる、編成を半分にしてワンマン運転にして本数を増やそうという発想すらないのである。ちなみに先ごろ開通した 東京地下鉄副都心線 では10両編成のワンマン運転が実施されている。

道の駅[編集]

ありません、でも計画してるよ。丘山の砂取り場の跡あたりね、でも、土砂崩れや土石流が怖いべ、さらになにぶんにも予算がなぁ~~。

経済[編集]

通貨[編集]

公式通貨のどんぐり 100,500,1000の 3種類がある

東金市の公式通貨は どんぐり だが、誰も見たことも使ったことも無い。もちろん市内の銀行でさえも取り扱っていないし、両替もできない。

自治体の中には、公式通貨で納税さえも可能なところもあるが、信用力が皆無のどんぐりで、財政事情の苦しい東金市が納税を受け付けるはずもないし、そんなことしたら、再建団体転落必至である。

しかし、市内の常酷大学の福俵教授によると、今後はこの公式通貨を普及させるために、市職員の給与を全額どんぐりで支払うように求めている。もしそうすれば、この団体の財政赤字は急速に回復することだろう。なお、どんぐりを使いたい人は、ここを見るように。

関連項目[編集]


この項目「東金市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)