東近畿三県同盟

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東近畿三県同盟」の項目を執筆しています。

東近畿三県同盟(ひがしきんきさんけんどうめい)とは、三重県(含東牟婁郡)・滋賀県(含若狭)・福井県の3県で結成されている同盟である。東畿内三県同盟(ひがしきないさんけんどうめい)ともいう。

構成員[編集]

県知事級
市長級(交通分科会には以下の市長たちも出席する。)

歴史的背景[編集]

東近畿三県同盟を結成する三重県(含東牟婁郡)・滋賀県(含若狭)・福井県の3県は、近畿のうち京都奈良よりも東に位置し、「近畿」の字の通り「都の近く」、「畿内」の字の通り「都の中」として発展した地域である。

江戸時代まで[編集]

古代には、ケータイ天皇が、出身地の福井県から琵琶湖伝いで瀬戸内海岸に電波を飛ばし、大阪府枚方市に電波変電所を建てた。このケータイ天皇の親の出身地は、琵琶湖西岸の高島だと言われている。又、紀伊半島の大神社として有名な熊野三山と伊勢神宮と熱田神宮は、橿原を初めとする大和国こと奈良県の権力者と密接に関って来た。伊勢神宮と熱田神宮に三種の神器が祭られて、熊野三山の神である八咫烏が熊野国と大和国を結び付けた事判る通り、新宮・伊勢・名古屋は、紀伊半島の台風銀座同士で橿原の家来であった。奈良時代には、伊勢志摩小浜は、奈良の都に海産物を貢ぐ「御食国 (みけつくに)」、言い換えると奈良の家来であった。

そして、平安京こと京都に遷都して以後、戦国時代には、愛知県から大阪府までの一帯は、織田信長豊臣秀吉の領土であった。中でも、琵琶湖・若狭湾ルートで繋がる滋賀県と福井県は、反信長で結束する「浅井朝倉連合」という同盟軍を結成していた。つまり、三重県・滋賀県・福井県どころか、名古屋と大阪は京都の家来だったのである。これに先立つ室町時代までは、安濃津と小浜は京都の外港であった。安濃津が港を意味する「津」、平安京が都を意味する「京」というように、特定の施設が都市の固有名詞にまでなったのである。

江戸時代になると、京都から小浜へは「鯖街道」が通り、京都から上野経由で四日市まで「緑茶ベルト」が広がっていたが、これは現在も変わっていない。そして、「紀尾井」と呼ばれる和歌山の紀伊徳川家、名古屋の尾張徳川家、彦根井伊直政に加えて、安濃津の藤堂高虎福井結城秀康姫路池田輝政というように、京都・大阪・伊勢の近くには、徳川系の大物大名が本拠地を構えていた。そして、伊勢神宮と熊野三山を参拝する為に伊勢街道と熊野古道も改良整備され、紀伊半島は統一されていた。

東京時代[編集]

ところが、西暦1868年(明治元年)には明治維新で京都が首都の座を奪われ、東京時代が到来すると、近畿は地域分断だけの黒歴史になり果てた。その諸悪の根源は、紀伊半島の双方の付け根である名古屋と大阪に、東京政府(永田町政治家と霞ヶ関官僚)の出先機関が置かれた事である。東京時代の始まりに当たる明治維新を、「畿内の零時」という。それだけではない。伊勢志摩の同胞である熊野三山は、三重県から強引に切り離され、和歌山県に入れられた。近江の同胞である若狭は、滋賀県から強引に切り離され、福井県に入れられた。

そして、テレビのエリアでも、紀伊半島のうち大阪府・和歌山県・奈良県は近畿広域圏に入れられたのに、三重県と愛知県は近畿広域圏から強引に切り離され、日本アルプスの木曽や飛騨と一緒にさせられた。若狭湾岸でも、福井県は近畿広域圏から強引に切り離された。当然、東京政府の仕業である。お陰で、奈良県民や東牟婁郡民は、紀伊半島の同胞である伊勢志摩のニュースを聴けない、小浜市民や福井市民は、旧友たる長浜や京都や舞鶴のニュースを聴けないという、酷い仕打ちを強いられている。そして、道の駅を運営する者は国土交通省の地方整備局だが、奈良・新宮・長浜・小浜・福井は「近畿地方整備局」に入れられたのに、伊勢志摩や尾鷲は「近畿地方整備局」から強引に切り離され、「中部地方整備局」に入れられた。この「中部地方整備局」は、本来なら東京と京都から等距離の浜松浜松県)に置かれるはずだったが、浜松県は静岡県と愛知県に切り売りされた。お陰で、京都ベッタリの態度で滋賀県と互角を張る愛知県は、「近畿地方○○局」からも強引に切り離された。

これらの東京政府による分断工作の結果、奈良の都に海産物を贈った、紀伊半島の同胞であるはずの「伊勢は近畿じゃない」っていう妄想が蔓延するようになった。そして、大阪市民と京都市民は、瀬戸内海一辺倒の視野狭窄に陷り、日本海岸と太平洋岸は除け者だという冷たい態度を振りかざすようになった。三重県民から見れば、「三重県が中部だと言うなら、滋賀県も当然中部だろ!」「三重県が中部だと言うなら、同じ紀伊半島の奈良県や大阪府や和歌山県も中部になってしまう!」って思うはずだが、京都の2駅手前にある京都市大津区に県庁があるせいで、滋賀県は丸ごと「周辺県との交流の浅い、単なる京都の属国」のように扱われて来た。お陰で、伊勢や敦賀や福井は「中部地方○○局」に入れられて、伊勢と敦賀の間に位置する長浜安土が「近畿地方○○局」という、支離滅裂なエリア区分が横行する有様である。

冷戦が始まると、ヨーロッパは美しい国主導のNATOと蘇連邦主導のワルシャワ条約機構に再編された。この冷戦システムは日本の内政にも応用され、霞ヶ関主導で「○○知事会」が結成された。この時に、三重県・滋賀県・福井県は、NATOこと「近畿ブロック知事会」に加入したが、同時にワルシャワ条約機構こと「中部圏知事会議」にも入れられた。この時に、霞ヶ関の出先機関で不当利得を貪る名古屋と大阪、それに旧首都の京都の行動を警戒すべく、三重県・滋賀県・福井県は、東近畿三県同盟を結成した。

環境[編集]

環境概説[編集]

西暦1994年(明治127年)には関西国際空港が開業し、西暦1995年(明治128年)に阪神淡路大震災が発生し、西暦1997年(明治130年)にはナホトカ号事故が発生した。阪神淡路大震災の当時、敦賀から舞鶴までの若狭湾岸が「迂回路」として大渋滞したが、三重県と福井県では震災関連ニュースを視聴できなかった。これを契機にして、「三重県の壁はもうウンザリだ!」「『迂回路』を整備して助け合おうじゃないか!!」という気運が一挙に盛り上がった。

東近畿三県同盟は、名古屋による地域分断と、京都・大阪の瀬戸内海一辺倒な視野狭窄という二大問題の解決を目的としている。

これら二大問題を解決する為に、東近畿三県同盟が打ち出す施策は、以下の通りである。

  1. 大阪奈良京都で大渋滞や災害が起こった際の迂回路の確保。
  2. 「半島同士」といった地理的・歴史的同一性の回復。
  3. 名古屋から紀伊半島琵琶湖岸・若狭湾岸の各地への交通網の充実。
  4. 名古屋と大阪を同じ近畿州に編入して州都の資格を剥奪し、京都を州都にする。

外国版[編集]

東近畿の外国版と目される存在が、東ヨーロッパ南アメリカである。この単元では、双方の類似説について解説する。

東欧類似説[編集]

東ヨーロッパを見ると、波の国とか洪水の国とかがあるけど、東ヨーロッパは西暦1989年(明治122年)に民主化革命が起こるまで「蘇連邦の裏庭」と呼ばれて来た。そして、西ヨーロッパは美しい国が率いるNATOの傘下にあった。つまり、西欧が西近畿、東欧が東近畿、蘇連邦が愛知県、チェチェンとかの中央アジアが岐阜県ってことだ。西欧や西近畿が、古くから発達して今でも発展してる「古豪」なのに対して;東欧や東近畿は、正に大国に挟まれて翻弄されて来た地方とも言える。実際に、東欧が1989年革命で蘇連邦の支配から脱すると、挙ってNATOを前身とする欧州連合に雪崩れ込んだ。

蘇連邦は社会主義共産主義を称しているが、実態は正反対で息苦しい軍事大国である。特高警察がのさばって国民どころか共産党政治家まで平気でぶっ殺すし、生活インフラや社会保障にはろくすっぽ税金を使わない、移動の自由もない…と、正に自分が打っ倒した大日本帝国ナチスドイツと同じじゃねえか!?

そんな蘇連邦は東欧を裏庭と見て来たが、蘇連邦の属国と化した東欧もまた、蘇連邦と同じく特高警察がのさばるわ自由もないわで苦しめられて来た。だから、ミハイル・ゴルバチョフが「ペレストロイカ」を言い出すと、西欧の放送を聴きたがる民衆や、西ドイツに移動したがる東ドイツ国民が続出したんだ。

南米類似説[編集]

南米にはブラジルやアルゼンチンとかサッカー大国が多いけど、南米は「美しい国の裏庭」と呼ばれて来た。美しい国の風習を強制されて失業者が急増し、美しい国によって同胞たちが生き別れたり死に別れたりした国々であるため、本家「美しい国」からは「美しい国だな!」って皮肉を言われて来た。同胞たちに災難を強いる「美しい国」の日本版が、トヨタずくめの愛知県である。

東京政府の犬である愛知県のホワイトハウスは、紀伊半島の同胞である三重県と奈良県の分断に執念を燃やしており、テレビ局のエリアも強引に分断した。同じく、玉突き式に滋賀県と福井県も併呑しようと目論んでいる。この目的は何より、一握りの繁栄と大多数の衰亡をもたらし、同胞たちに「分断」「罹災餓死」という災難を味わわせる愛知県の風習を強制する事であった。

そんな「美しい国」をぶった切る急先鋒は、南米ではチャベス(ベネズエラ大統領)であるが、東近畿では後述の「御食国サミット」である。勿論、東南海地震・第二次大戦の空襲・南海地震・伊勢湾台風というカドラプルパンチを被った三重県の焼け跡世代は、言うまでもないだろう。

交通[編集]

※ 東近畿三県同盟vs名古屋による近畿の分断工作、については「大豊田連邦」も併読して下さい。

阪神淡路大震災のように、大阪・奈良・京都で大渋滞や災害が起こったら、どこを通って迂回する…、というのが、東近畿三県同盟が共有する交通問題の一つである。この場合、潮岬新宮鈴鹿草津長浜敦賀のルートが「東近畿ルート」と呼ばれている。

東近畿三県同盟は、御食国の4地域(奈良を重心に日本海岸の小浜・太平洋岸の伊勢志摩・瀬戸内海岸の洲本)を高速道路で結ぶ計画を「2007年問題」と銘打った。西暦2006年(明治139年)には、小浜にて「御食国サミット」が開かれ、志摩や小浜など御食国の都市が一緒に近畿州に入る事を宣言した。そして西暦2007年(明治140年)には、滋賀県の「彦根城400年祭」、福井県の「継体天皇即位1500年祭」というイベントが開かれ、これらのイベントでは東近畿3県は元より、愛知県や大阪府からも観光客が集中した為、名古屋の傲慢ぶりと大阪の妄想は撃退に追い込まれた。

特に同盟の強化に与した路線が、西暦2008年(明治141年)2月に開通した新名神高速道路である。これにより、紀伊半島東岸(三重県)と琵琶湖岸(滋賀県)が高速道路で結ばれ、伊勢と敦賀は高速道路で結ばれた。残る路線は、松阪から分岐して潮岬へ至る紀勢自動車道新宮と、敦賀から舞鶴へ至る舞鶴若狭自動車道である。又、新名神高速道路に刺激された草津線沿線では、西暦2008年に草津線電化複線化推進同盟が結成されており、草津線の電化複線化が進むと、三重県と滋賀県の交流が一層強まると期待されている。

道路
鉄路

海上保安[編集]

滋賀県の若狭地方に原子力発電所が密集している点や、滋賀県と福井県が若狭湾に面している。これらの位置から、滋賀県と福井県の間では、原発に関連する危機管理や、琵琶湖日本海の海上保安に関する会議が定期的に開かれており、舞鶴県京都府も加えて災害時救援協定も結ばれている。

三県の関係[編集]

基本的に、北関東三県同盟と似たり寄ったりの構図である。紀伊半島(三重県)と日本海岸(滋賀県北部、福井県)の接点になる滋賀県南部(中心地:草津)が、同盟の中心としての活躍を担っている。特に、三重県北部(鈴鹿など)と滋賀県北部(長浜敦賀など)の交流の強化が期待されている。

三重県民(県庁:津市)にとって福井県(県庁:福井)は「なんか聞いたことがある」程度である。又、滋賀県北部や福井県の住民は、滋賀県南部を通過して京都大阪に行く者が多いので、彼らにとって三重県は、希に遠足で三重県の海に行く位で交流は浅い。滋賀県南部を抜いてはハッキリ言ってどうしようもない。

津市「今はまだお互いのこと知らないけど、2人とも滋賀県の“同胞”っていう、共通点持ってるじゃん。だから…まあ、これから、仲良くしていこうよ。」
長浜「ぼくんちは三重県よりも愛知県や日本海の方が近いけど、ご先祖様といった歴史的な縁を見れば、三重県も歴史を共有する“同胞”になる。今度の行方が気になる所。」
福井「歴史的な“同胞”という関係は、新しい時代を切り開きそうな予感。ただ、福井県民も滋賀県北部民も、琵琶湖や日本海岸を伝って京都や舞鶴との交流は親密だけど、紀伊半島の三重県や奈良県とはまだ疎遠なので、行く末が気になる所。

交流イベント[編集]

インターハイや日本サッカー協会は、霞ヶ関の理屈に則ったエリア区分をしたため、三重県は東海大会、滋賀県は近畿大会、福井県は北信越大会というように強引に分断されてしまった。この分断を止めさせるべく、東近畿三県同盟は近畿高校総合文化祭や、関西元気文化圏に加盟している。

関連項目[編集]


この項目「東近畿三県同盟」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)