東武スカイツリーライン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事は、先に東武伊勢崎線を読んでおくと面白くなります。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「東武スカイツリーライン」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「東武スカイツリーライン」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「東武スカイツリーライン」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「東武スカイツリーライン」の記事を執筆しています。

スカイツリーライン(すかいつりーらいん)は、エクストリームスポーツ会場である浅草駅と田園都市線民に名前だけはよく知られている東武動物公園駅を結ぶ路線である。

当路線の主力車両8500形

概要[編集]

東武スカイツリーラインとは東武伊勢崎線の一部であり本線である。2012年にと~ぶの塔開業に伴い、外国人共から金を巻き上げるために開通した。

種別[編集]

特急(Limited Express)[編集]

有料特急。路線内では北千住駅春日部駅にしか停車しないので近距離利用者と貧乏人には縁のない種別。東武動物園駅から先、東武伊勢崎線や東武日光線にも直通している。当路線では「もめん」、「きぬ」、「もうりょう」、「スイカツリーライナー」「アーバンパークライナー(笑)」が運転される。

急行(Express)[編集]

終日大量に走っており、特別料金不要種別では最上格。ただしよく特急の通過待ちを行うので決して速くない。いでかない電車。曳舟駅を過ぎると急に地下に引きこもり、東京マゾヒスト半蔵門線に直通し、渋谷駅を経由した後、第二のエクストリームスポーツ会場であるリンカーンに突っ込んでいく。

準急(Semi Express)[編集]

朝夕に急行に混じってやってくる。かつては日中も運転されていたが2013年のダイヤ改正で多くが急行に格上げされ廃止。ちなみに、急行が新越谷駅で各停に化けているのと同じなので存在意義はお察し下さいである。朝ラッシュ時に大量に走っており、基本特急以外には抜かれないが、詰まりまくるためよく自転車に追い抜かれる。曳舟駅で急行同様地下に引きこもり、浅草駅に行きたい人を絶望させる。

普通(Local)[編集]

チンタラ各駅に止まる列車。各駅停車ではなく普通である。つまり東武は各駅に停車する列車が普通だと思っているので、急行や準急のことは異常だと思っているらしい。曳舟駅で地下に引きこもる事はないので安心して乗車できる。

競技[編集]

良く不定期に運転するノンストップで走る。しかし、複線ドリフトと言うことをしたり、160kmで走るため、乗るのはかなり危険、乗りたい人は、命の保証はないから気をつけろ!

関連項目[編集]

東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「東武スカイツリーライン」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)