束目木旅客鉄道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名は東日本旅客鉄道だから。君は間違っていないよ。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東日本旅客鉄道」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「東日本旅客鉄道」の項目を執筆しています。
Troppy-R.png
この事業者はトロピカル連合構成事業者じゃゴルァ!!
車内では俺様が神、貴様はただの土砂じゃゴルァ!!
育てているペンギン
走ルンですの例
東京都渋谷区代々木にあると推定される東日本旅客鉄道本社
JR発足時に車両につけられたマーク
東日本ロゴ.png

東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにっぽんりょかくてつどう)とは、関東東北信越をベースに副業で走るんですを製造・運行し本業ではペンギンを育てている業者。今ではペンギン収入がおいしく、鉄道はオマケなので放置している。毎日「電車遅れまして申し訳ございません」と言っているが、オマケだから仕方がない。そのおかげか12年で4,557万匹ものペンギンを育てた実績は大きい。社歌は「運搬」業の冷徹さを讃える「ドナドナ」。

概要[編集]

JR東エリア図。巨大なナメクジに見える

東京への強制労働力、人間の箱詰め輸送、駅ナカ、新幹線で利益を出している。JRグループ各社の中で営業路線が一番長いが、営業を支える社員の人数も多く、某お堅い百科事典によれば、七万人とのこと。 駅の立地がよく客が来すぎてカオスなため、わざと駅員の接客レベルを低くして一人でも多くのお客様に不満なサービスをお届けしている。全駅に頭の固い発車メロディを導入、人身事故が起きても逝っとけをせずとりあえず運転表示を空白にし数時間電車を止める。 このようにクソ頭が固く客を物としか思っておらず悪行が目立つため、ケーブルを燃やされるなど反撃に遭うことも多い。 コストカットのため走るんですを製造し今では世界一のシェアを持つ。

同社の由来は労働力としての人間輸送の先駆け、ドイツ第三帝国ともされており、アドルフ・ヒトラー総統による鉄道を使ったユ禁則事項です、同士スターリンがシベリア方面に使った禁則事項ですを母体組織にしていると言われる。その名残は国防軍に準じたと推測されるグレー、親衛隊を模した黒の制服と制帽に垣間見る事が出来る。輸送商品となる人間に対しては「Suica」と呼ばれるカードチップを利用して一元管理を行っており、他社線の利用や購入商品もすべてバレバレである。これもドイツ第三帝国、あるいはソビエト的手法が由来とされている。Suicaのイメージキャラクターにペンギンを使用しているのは戦後、南極に逃亡した総統閣下を常に心に抱くため、とも言われている。ペンギンでなければ流行らなかったのでは。

ご理解とご協力を強制いたします」というフレーズがあまりにも有名すぎて、JR東日本「グループ経営ビジョン2020『僻む』」にもそれがよく反映されている。継続する挑戦として、お客様の不満の向上を実現するとあり、この会社が未だに上尾事件赤羽事件に懲りていないことがよくわかる。 ペンギンは、常識的な当たり前の事を毎日しゃべるため、乗客に忌み嫌われている。

  • これからのご乗車はおやめ下さい
  • 次の電車をご利用下さい
  • 左右に分かれてご乗車下さい
  • 車内中程までお進み下さい
  • ホームでの歩きながらの携帯電話、スマートフォンの操作はおやめ下さい
  • 当駅では、終日禁煙となっております。皆様のご協力をお願い致します

西暦1987年4月1日に日本国有鉄道が民営化される日に発足し、同時に日本政府から国民の支配権を奪い取り、さらにはいくつかのマスコミも買収し、知る権利までその手中に収めてしまったので、ぴー禁則事項ですも自由自在。

拝金教を信じているため、東北本線や信越本線も、おいしい蜜を吸った後の残りかすはポイしてしまうが、第三(流)セクターが尻拭いしてくれる。

おいしい蜜を吸えないと見込みつくばエクスプレスをポイしたが、禁則事項ですとなり予想を大きく外れたのは、JR東の普段の行いが悪いからである。

また、同社の全収益のうちの4割があんまり儲かってなさそうな新幹線である。言い換えると頑張ってる在来線の収益とあんまり頑張って無い新幹線の収益がほぼ等しいのである。よって新幹線車両には頑張ってますアピールをするために走ルンですを導入しないが、自社での技術開発は無いに等しく、JR東海の技術をパクったパクリ色違い新幹線を走らせることで開発資金を節約している。またJR東海の反対にも関わらず、勝手にお隣の国に新幹線を売り込んだことで、パクリのパクリを誕生させてしまった。

歴史[編集]

2016年?月?日 「そこに雪はあるか?」→なかった。 売り上げがない閑散路線は瀕死に陥る。

と、常磐線の命運は絶望視されていたが…

  • 2020年-常磐線全線復旧予定
  • 20??年 - 東京支社・八王子支社・横浜支社・千葉支社がJR東京に分割予定。でもさ、これって横浜と千葉が.................(省略されました。要するに自分らしさがなくなってキショイってこ……おや、誰か来たようだ)
  • 201?年 - 国鉄型車両消滅予定。

所有路線[編集]

高速鉄道[編集]

東北新幹線 - 東京~新青森(713.7km)
途中、中華人民共和国を通るという。当初は上野に駅を造る予定はなかったが、上野で新幹線駅を巡る大暴動が起こったため、大人な国鉄が紳士的に地下深くで上野駅にしたのち、東京まで延伸したのであった。
関越新幹線 - (東京・新宿~)大宮~新潟(303.6km)
本当の起点は新宿の予定だったが、我田引鉄により大宮で東北新幹線に束ねられてしまった…。
山形新幹線 - 福島~山形・新庄
なんちゃって新幹線の一種。E3系と言うどこかのお古に見える車両形式になっている。たまに本当のお古の改造車が来る。
秋田新幹線 - 盛岡~秋田
なんちゃって新幹線の一種。車両もキリぴー新幹線じゃないぞ!
信越新幹線 - 高崎~長野(117.4km)
別名、オリンピック新幹線。北陸新幹線金沢開業とセットで上越まで延伸予定。

鈍行幹線[編集]

東都環状線 - 品川~新宿~田端(~東京~品川)(20.6km)
円形という妄想を抱いている人が多いが、実際は米粒形。東北・北陸の田舎者がとりあえず憧れる路線である。
青春とヤンキーのロマンスあふるる湘南道 - 横浜~大船(22.1km)
Nice boat.なヤンキー路線。横浜線より海沿いにある。
ハマ線 - 東神奈川~八王子(42.6km)
横浜と言うと、一応は新横浜駅は通っているのだけど、山ばかりの詐欺路線?横浜市の北部は山ばかりだし、お察し下さい
南武線 - 川崎~立川(35.5km)と、その他忘れられた路線。
等々力競技場の近くも通るけど、横須賀線や東横線で忘れちゃった人も多いけど、実際に行くと武蔵小杉駅で接続しているので思い出す。
武蔵野線 - 鶴見~西船橋駅(100.6km)
電車のゴミ箱。ボロが集まることで有名。途中にある新秋津駅は西武鉄道と連絡するが、徒歩連絡が面倒くさい。埼玉のばかでかさを実感できる。
京葉線 - 東京~蘇我(43.0km)
武蔵野線と同じく電車のゴミ箱。東京駅の洞窟部にあるホームから発車するネズミー民御用達路線。それで「夢の国に行く」と言うフレーズにはもう海岸沿いだし、Nice boat.
あと、「わくわくドリーム」「スターライト舞浜」号と言う団体専用な夜行列車に憧れるのは鉄道教徒だけでないらしい。また、読み方的に競馬を推測するような路線名となっている。
中央本線 - 東京~塩尻(222.1km)
高尾を境に本数が激変する。高尾~大月間は富士急に乗り込む列車も合わせて本数が増えることもあるのだ。途中、茅野を過ぎると突然単線化し、これが岡谷まで続くという。
その単線が故に地元民からは「早く複線化して、複線ドリフトしてでも、特急あずさを早くしろ!」と言う声があるみたいだ。
途中駅である塩尻駅はスイッチバックを行って行く構造になっている。塩尻から先、木曽福島・中津川方面はJR倒壊区間となる。JR倒壊路線を避けるスイッチバックが故に辰野駅経由になる事もあるらしい。鉄道教徒でもない限り、塩尻・辰野駅辺りの路線の配線なんて、誰も気にしない
辰野支線(27.7km)
岡谷~塩尻間が大八という代議士が捻じ曲げたうちの辰野~塩尻間がこの名で呼ばれている。残り区間は伊那から来る伊那路線の延長線化している。未だ単線だ。JR倒壊路線を避けるためのスイッチバックで列車が来る事があるのは前述済み。ここ重要です!
奥多摩線 - 立川~多摩(37.2km)
都内なのに山奥体験が出来る素晴らしい路線??青梅駅の駅長は野原しんのすけらしい。
武蔵五日市線 - 拝島~武蔵五日市(11.1km)
武蔵五日市~武蔵岩井間は、やりがいを感じなくなって廃線(当然の結果)。
総武緩行線・総武本線 - 東京・御茶ノ水女子前~ヲタク街~錦糸町~サッカーのまち~田舎~銚子(120.5km)
銚子から先はぬれせんべい電鉄となっている。

千葉県民は横須賀の鶴亀列車と一緒にされるのを拒むらしい。

横須賀線 - 大船~久里浜(23.9km)
一部の横浜市内の駅へ行くのに青春とヤンキーのロマンスあふるる湘南道と間違えると大変な事になるかも?
一応、鎌倉に行けて、江ノ電にも行けるし、KQと対戦している路線。
鶴見線 - 鶴見~扇町(7.0km)
兎に角、工場萌えな路線と言う事であるが、本数が少ないために忘れられやすい。
大川支線 - 安善(~武蔵白川)~大川(1.0km)
鶴見線と同じく忘れ去られた仲間たち
武蔵白石駅には停車しない。むしろ降りたい人は飛び降りてくださいということだ。逆に乗りたい人は飛び乗ることをオススメする。
海芝浦支線 - 浅野~海芝浦(1.7km)
終点、海芝浦は東芝の社有地で出口こそあるものの、出られない駅(ただし駅前の公園には出られる)として有名だという。万が一最終を逃しても海があるので、泳いで対岸に渡ることをオススメする。
相模線 - 茅ヶ崎~橋本(33.3km)
その昔、まだ国鉄があったころに相模鉄道から奪った路線。相鉄は国鉄がJRとなった今も返還を主張し続けてる。未だ単線で単式駅もあり、たかが弱小駅に停車する時間が短いのに各駅に発車メロディが付いているという。何で地方交通線じゃないんだ。
東怪道本線 - 東京~熱海(104.6km)
熱海以東を担当。東海道新幹線と日々競争を繰り広げているが、勝ち目は無い。
伊東線 - 熱海~伊東(16.9km)
静岡県内なのに東海道線の延長線役を務めている。伊東から先は伊豆急線。
東北本線 - 東京~盛岡(535.3km)
かつては青森まで通じていたが、東北新幹線延伸と引き換えに、盛岡~目時がIGRに占領されてしまい、目時~八戸も青い森に染まってしまった。さらに新幹線が延伸すると残った飛び路線部分も青い森に染まってしまった。今では新幹線と終点が逆転している。
越線 - 大宮~新潟(228.9km)
実は2つの路線で出来ているのだが、西村京太郎的な長岡駅トリックとか鉄道教徒でもない限り、誰も気にしない
常磐線 - 日暮里~岩沼(343.1km)
何か、2011年から地震が多くなって、骨折が多い路線。強風だけでも骨折する。
仕方がないので、千代田線直通の方は骨折していない方の路線で逆行状態の実験を開始する予定。
快速が普通列車より長い区間を走る不思議な路線。鉄道教徒や地元民は分かってしまっているので、誰も気にしないただ、初見殺しには注意しようね。
両毛線 - 小山~新前橋(84.4km)
寒冷地使用の湘南電車が走っていたのだが、古めかしい”新車”に置換られ始めている。ドアは手でお開け下さい。
水戸線 - 小山~友部(50.2km)
水戸にかすりもしないが誰も気にしない
走線 - 千葉~木更津~安房鴨川~大綱~蘇我(21.27km)
暴走半島を囲い込む路線。ここも2つの路線だなんて、鉄道教徒でもない限りは誰も気にしない
我孫子線 - 我孫子~成田(32.9km)
本当は別の名称だが、誰も気にしない
成田空港線 - 成田~成田空港(10.8km)
スカイライナーにいつも速度競争で負ける路線。
成田線 - 佐倉~松岸(75.4km)
成田山への参拝路線としてあるのだが、あとはお察し下さい
信越本線 - 高崎~群馬横川(29.7km)、篠ノ井~長野(9.3km)、直江津~新潟(136.3km)
群馬横川~篠ノ井間が一部廃止され、長野新幹線開業で2分割にされ、北陸新幹線開業でさらに3分割にぶった切られた哀れな路線。もはや信越でもなんでもない。軽井沢~篠ノ井間は廃棄したのに同じく並行する長野~篠ノ井は相変わらずJR。ちなみにこの区間をしなの鉄道が買い取ったら呪いをかける予定だった。
長野以南は、しな鉄が占めている一方で自社路線へ行く列車は少ない。これは予算ケチって列車を少なくすることで損を少なくして得を多くとる娯楽性策なのだと長野支社は語る…。
篠ノ井線 - 塩尻~篠ノ井(66.7km)
2~3箇所程スイッチバックがある路線。
羽越本線 - 新津~秋田(271.7km)
国鉄型を走ルンです化改造をしちゃったものだから、風で禁則事項ですな事を起こしてしまった。そのために私鉄よりも風速規制が厳しくなったのはお察し下さい
新新線 - 新潟~新発田(27.3km)
越後線に白山~新潟間を奪われ、両新線になった。
磐越西・東線 - いわき~新津(26.12km)
一応、東西で2つに分かれているけど、誰も気にしない
仙山線 - 仙台~羽前千歳(22.1km)
山形駅まで通じていないが、乗り入れている。とりあえず山形県まで通じてるからよしとしようか。
仙石線 - あおば通~石巻(50.2km)
あおば通は仙台市内の地下駅。
奥羽本線 - 福島~青森(484.5km)
Ohw!!。全線が仙台支社か秋田支社だが、新青森駅新幹線ホームとその付近だけ盛岡支社になっている。この新青森は2線分のホームしかないので名鉄並みに過密ダイヤを形成している。何故か、津軽新城行きが増えたのは誰も気にしない。青森駅についてはお察し下さい

地方交通[編集]

八高線 - 八王子~倉賀野
渋谷に向かうと思われやすい。犬が走ると思われやす。倉賀野~高崎間は知名度不足で関越線に取られたんだろうが、一応高崎市内で完結している。南部はお情けで電化されているが、高麗川から北側は未だに北関東情緒漂うディーゼルカーが行き来しているようである。しかし、誰も気にしない。無論、特急はないが、ほとんど名ばかりの怪速電車もある。
吾妻線 - 渋川~大前
吾妻郡内を走っている。水没する予定だが、水没する区間を売りに水中列車を運行する予定。大前までは5往復しかない。
烏山線 - 宝積寺~烏山
マイナー路線。空気と閑古鳥を運ぶ。こちらは充電池な走ルンですが走っている。
日光線 - 宇都宮~日光東照宮
東武鉄道生意気にも隣同士なんだ。しかし、日光行き特急は新宿発すら東武鉄道を経由しているので、存在自体すら誰も気にしない
水郡線 - 水戸~安積永盛(Where?)
名前のわりに郡山まで至ってない、あと一歩で郡山にすら届かなかった路線。この路線も他路線に区間を取られている。
常陸太田支線 - 上菅谷~常陸太田
鹿島線 - 香取~鹿島サッカースタジアム
終点で鹿島臨海鉄道と接続しているが、サッカーをしていないと手前の鹿島神宮駅で打ち切りとなる。そのため、鹿臨鉄は境界駅であるはずの鹿島SSを通り越して隣の鹿島神宮駅まで行くという奇妙な状態となっている。また、JRもサッカー開催時はしっかり乗り入れるようだ。
木原西線 - 木更津~上総亀山
元々、大原まで延伸するつもりだったらしいが面倒なのかやめてしまった。ちなみに大原から上総中野は木原東線といい今は、いすみ鉄道になっている。
大綱線 - 大綱~成東
短絡線。地方線だが、意外なことに東京に1本で行ける。
小海線 - 小淵沢~小諸
山岳路線。空気が薄い野辺山を通る。大量のヤスデを轢殺しながら走るエキサイティングな路線。
松糸線 - 松本~南小谷
松本~信濃大町は1時間に1本という、だが、信濃大町以北は2時間に1本に、南小谷以北は2時間に1本だが、利用数も1桁以下、18きっぷシーズンさえ南小谷〜糸魚川に通し乗りが殆ど。南小谷以北を所有るJR西日本は糸魚川での接続を重視してるため南小谷での接続悪。JR西日本だって こんな区間 引き継ぎたくなかっただろう。信濃大町~糸魚川間は大糸(糸のように細い未来という意味)線という。三江線が廃止決定したけど この路線は姫川あぼーんで代行バスすら出来ない可能性もあり、シブトく生き残っておる。
越後線 - 柏崎~新潟
通し便は朝に1往復あるが、大半は吉田を境に打ち切られる。そして本数が少ない。迫真線から新潟~白山間を奪い、両新線に変えた張本路線。
弥彦線 - 東三条~弥彦
参拝用路線。昔は両端に接続路線がなく、東三条から先は越後長沢というとこまで行っていた。
米坂線 - 米沢~坂町
会魚線 - 会津若松~小出
ただでさえ本数が少ない路線だが、会津川口~小出間はさらに少なく3往復しかない。豪雨で中間が絶賛運休中で運営者であるJR東は復旧せず放置。どっちみち廃止したいのが本音なんだろう。2013年ダイヤ改正で柿ノ木を臨時化や田子倉廃止にしたし。
女川線 - 小牛田~女川
気仙沼線 - 前谷地~気仙沼
東日本大震災で被害を受けた現在は、レール0本にしてバスを走らせる計画を実行中。
大船渡線 - 一ノ関~盛(大船渡市域)
別名、ドラゴンレール。名前の通り蛇行していて、地域振興路線として定着している。しかしその正体はks共が地元に利益誘導しようとした結末だったり。東日本大震災で被害を受けた現在は、レール0本にしてバスを走らせるのが本格化した。まあ、高台に路線を造っても地元産業に合わないから別の意味でks様御一行も折れた形。
陸羽線 - 小牛田~余目
最上川しか印象に残らないので、東側は奥の細道紅葉に興味がないとお察し下さい
北横線 - 北上~横手
一応、貨物列車の避難経路にもなっている。かつては寝台特急「あけぼの」の定期路線だったり、悪天候下での非難路線だったりもした。
花宮線 - 花巻~宮古
花の都を通じる。決して「お花畑で捕まえて」ではない。
宮古線 - 盛岡~宮古
もろ被害。「やまだぁ!」な路線化している。
大館線 - 好摩~大館
好摩ではなく盛岡から発着しているが、東北新幹線が延伸して東北線・盛岡以北がIGRに占領されてしまった。盛岡~好摩はIGR統治下にあるため、18きっぱー泣かせと呼ばれている。では、例の特例が通じるか?答えはNOである。大館線は大館で奥羽線に接続していて、他JR路線さえ介せるため特例は除外される。
今でも18きっぱーがこの区間を利用しても別途600円以上の高額運賃を払わされる。このまま乗って盛岡でそのまま出ればいいと思ったやつは甘い。当線は盛岡でIGRと同じホームに入るのでどっちみち改札が隔離された当駅では好摩~盛岡間分を払わされる羽目になる。
八久線 - 八戸~久慈
東北新幹線延伸で東北線・八戸以北も青い森に染まってしまった。八戸で新幹線が接続してるが、どこも他のJR在来線と接続してないので孤立してしまったが、例の特例で18きっぱーが安心して行ける。新幹線と三陸鉄道に挟まれた路線。津波で海水を被ったため水上列車が大人気。
大湊線 - 野辺地~大湊
JR発足初の新幹線にすら接しない孤立路線。本数が少ない路線。東北新幹線全通のおかげで、唯一JR線と接続できた野辺地が青い森に染まったため孤立化(飛び地とも)してしまった。だが、18きっぱーは「青森・野辺地・八戸」で下車する場合に限り、安心して青い森を通れるようだ。
津軽線 - 青森~三厩
青森から中小国(の信号場)電化されてる。蟹田から先は5往復程度しかしない。そこから一応18きっぷ乞食が青函トンネル通過のためにオプション券が作られたから、その時期の乗車率はお察し下さい。三厩付近に住む地元民は難解語を喋る。
中小国(厳密:中小国信号場)が津軽海峡線&JR北海道(一応管轄区域)との境界駅に指定されてるのだが、中小国は特急運行時代ではスルーしたので隣の蟹田で乗務員交代が行われていたが、新幹線開通で蟹田はただの乗客駅になり、もう貨物列車とたまに通るブルジョア寝台列車しか通らないので、今後の一般乗客が中小国の車窓を見られるかは微妙な所。ちなみに終点の「三厩」は「みんまや」と読む。後述の「左沢」並の難読地名。
左沢線 - 山形~左沢
路線名はどうみても「ひだりさわ」や「さたく」と読めるが、答えは「あてらざわ」である。このため、この路線名が読めた人は数少ないだろう。
盛曲線 - 盛岡~大曲
なんちゃって新幹線こまちが走る。
男鹿線 - 追分~男鹿
なまはげが乗車することもあるという。本数が少ないのをいいことにナマハゲが線路の上を爆走することがあるという。「悪いボロ気動車は居ねぇが!」と言われたのでEVな充電池走るんです化が進んでいる。
能川線 - 東能代~川部
まっかな路線。日本海側を走る。冬に丁度いい。それなので、リゾート列車が通る現象が起きている。

廃棄路線[編集]

廃・高速路線[編集]

この路線があぼーんされた跡の京葉線のネズミー民の図(たまにオタク入り)
成田新幹線 - 東京~成田国際空港
周辺住民の反対運動と用地買収の困難でJRが1986年に放棄した路線で、同じルートを京成と北総が通ってる。結局は、京葉線の強風で不通で、いやネズミー普通列車のリア充臭とスカイライナーに負けて消えたのである。ここで成田高速鉄道が基礎工事の高架に入り込んだり、N'EXの事も言うのは禁則事項です

廃・鈍行幹線[編集]

信越線 - 軽井沢~篠ノ井、長野 - 直江津
しなの鉄道に染まっている。妙高高原以北はトキ鉄。
碓氷線 - 群馬横川~軽井沢
今は非電化となり豆腐屋の兄ちゃんが大正時代の蒸気機関車で走り回っている。
東北線 - 盛岡~目時/目時~八戸/八戸~青森
先行はIGR、後方は青い森に染まっている。東北新幹線が延伸業した今では、ぼったくりゾーン・ぼったくり区間と呼ばれている。
ただ、八戸~青森では大湊線関連で18民は乗り通しでおしっこ我慢プレイすると、野辺地駅は18切符だけで降りられる。直通快速もあるし、やったぜ。
一応、割引きっぷもあるけど、ほぼ地元民専用だし、そこはお察し下さい

廃・鈍行地方線[編集]

会津線 - 西若松~会津高原
青会津白龍鉄道に移管された。会津高原駅で野岩鉄道に接続する。全列車が西若松を乗り越え、JR会魚線に乗り入れて会津若松まで行くのだが、会魚線の本数が圧倒的に多いため、会津若松~西若松間がまるでJR線が会鉄線に乗り入れてるように思える。だが、若井~窪川間と違って18きっぱーでも安心して乗車できる。
木原東線 - 大原~上総中野
いすみ鉄道になったらしい。
茂木線 - 下館~茂木
SLが走ってるものの、とてもマイナーな路線には変わりないだろうと思う今日この頃。
荒砥線 - 赤湯~荒砥
ウィキペディアには書かれていないが、左沢線の左沢で接続予定だった。
足尾線 - 桐生~間藤~足尾本山
地味な路線。全線が、わたらせ渓谷鉄道に移管されたものの、間藤~足尾本山間を持て余し、結局該当区間が廃止された。無駄。
岩泉線 - 茂市~岩泉
利用者減に加え、自然災害が起こり復旧不可能に。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

スポーツ[編集]

子会社JRバス関東は、飲酒運転など数々のモータースポーツに参加しており、夜行バス中央フリーウェイ滑走路として使用、アイキャンフライしたこともある。

また、あの危険な生物兵器団体に協力しており、毎年ポケモン・スタンプラリーを開催する。夏に開催されるラリー競技としては最も有名で、構内を子供や大きなお友達が疾走する映像がしばしば YouTube などに公開される。子供たちが駅構内の直角コーナーで一般客とクラッシュしたり、ホーム階段を転がり落ちる光景は、風物詩にもなっている。

東海道本線などにおいて電車でDにも参加している。詳細は当該項目を参照。

エクストリームスポーツグモ」の日本最大の産地で、全国の生産量の30%を一社で占める。最近では保線員を傭兵契約したせいか、よく勘違いで列車が倒れたり看板をグモ化させたりと、エクストリーム化している。

そのほか[編集]

  • 営業地域に今川武田組の全域も、JR東日本の支配圏に入れられるはずだった。しかし、三塚博というアホ代議士(別名:疑惑のデパート)のせいで、中央本線以外の今川武田組の路線は、JR東日本から強引に分離され、JR東海に編入された。
  • 千葉より先は鉄道の需要が存在しないため、千葉道路を所有している。の木の下に埋まっているたくさんの中核派闘志の怨念のせいか、花見の季節になるとたびたび腐った花びらで道路が使用不能になるため、房総半島に多く住むといわれる民族集団 房総族を中心に反感が広まってるとされる。
  • 工事という名目でヘマをやらかしまくり、関東各所でエクストリーム・謝罪を実施しているが、大半の人にはあまり知られていない。謝罪会見の実況を担当した新聞を駅売店に置かないというツンデレな性格が影響しているのである。
  • 近年、JR東日本は多量な信濃川を盗んでいきました。さらに、JR王子駅でうんこの混じった水を大量に捨てるなど、水に関する事件が多発しており、トースト占いが2年目にしてみごとに的中した結果[1]となった。
  • 相次いで停電を起こして乗客迷惑をかけているため、国交省からたびたび説教を受けている。
  • 現在JR東日本管轄の東京支社・八王子支社・横浜支社・千葉支社をJR東京に分割する動きが密かに地方支社の間で行われている噂があるらしい。これは電車特定区間が大きく絡んでいるとか。でもこれって横浜とか千葉は東京に名前を献上してるよね。もはや自分らしさゼロだよね。だっさくね?
  • このほか「四両旅客鉄道株式会社」「南武旅客鉄道株式会社」などが独立を宣言しているが、し尺束目木側が認めてない。

脚注[編集]

  1. ^ http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=15973

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「東日本旅客鉄道」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)