東大寺学園

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東大寺学園」の項目を執筆しています。

東大寺学園動物園(とうだいじがくえんどうぶつえん)とは、奈良市山陵町1375番地に設けられた、猿を中心に展示する動物園である。猿たちを机に向かわせて勉強させ、猿の学校のようにするという特異な展示方法が人気を博している一方で、動物虐待ではないかとの非難もある。

沿革[編集]

1920年ごろより、東大寺の周辺では鹿に混じって猿が出没するようになり、襲われた参拝客が怪我をする事態まで発生した。この事態を重く見た東大寺は1926年、夜間のみ猿を収容し躾を行う金鐘猿園を境内の一角に設けた。これが東大寺学園のはじまりである。これが参拝客に好評であったため、1947年に昼間の収容も行う菁々動物園を新設し、1948年には金鐘猿園を金鐘動物園に改名した。そして1963年、2園が統合され、東大寺学園動物園が誕生した。

はじめは初期と同じく境内で営業していたが、来園客と猿の増加により手狭となってきた。そこで1986年、現在の山陵の地に移転した。移転先は木が生い茂る山林地帯であったため、開拓の際には猿たちを動員して猿力で造成を行った。この重労働により、少なくとも10匹の猿が死亡したといわれている。

展示[編集]

本園では、人類の学校を模した展示を行っている。教室のような部屋の中で猿たちを机に向かわせ、前方で飼育員が授業のようなものを行う。より学校らしさを高めるため、猿たちは「生徒」、飼育員は「教師」と呼ばれている。部屋は30室程度あり、来園客はそれらを結ぶ通路を歩いて見物する。

事件[編集]

飼育員が猿をうまく手なずけることができなかった場合、しばしば事件が発生し、時には暴力沙汰にまで発展する。

修学旅行平手打ち事件[編集]

2019年、高校3年の猿が北海道へ修学旅行に行った。しかしホテルで就寝時間を守らない猿が多数いたため飼育員KRDが発狂し、猿16匹に平手打ちを食らわすという事件が発生した。飼育員らが猿の飼い主に謝罪し、一時は終結したかのように思えたが、なぜか事件から数ヵ月後に朝日新聞がスクープ。新聞社やテレビ局が園に押し寄せ、飼育員たちは対応に追われた。なお、この際に後述のTシャツ引き裂き事件や早弁乱闘事件についても告発しようという動きも一部の猿にはあったが、有耶無耶のまま騒ぎは収まってしまった。

中庭事件[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

ハロウィン高井騒動[編集]

2019年のハロウィンの昼休み、中庭で毎年恒例の有志による菓子撒きが行われたが、これまた毎年恒例の飼育員TKIによる警らがやって来ない。TKIの滑稽な言動を楽しみにしていた猿たちの苛立ちは頂点に達し、ついに「タカイ!タカイ!」と叫びながら校舎内を練り歩き始めた。束の間のためらいの後、「みんなで叫べば怖くない」の信念のもと、職員室の前でもタカイコールを行った。怒り狂ったTKIが現れると皆は蜘蛛の子を散らすように逃げ出したが、またしばらくすると集まり、再び職員室への攻撃を行った。これを繰り返すこと3回、5限目の授業が始まり時間切れとなったが、TKIの怒りは収まらない。各教室の猿に「覚えとけよ」と捨て台詞を吐いて、ノソノソと職員室に戻っていった。「覚えとけよ」と脅したものの、その効果もむなしく説教大会に出席した猿はおらず、TKIを呆れさせた。

Tシャツ引き裂き事件[編集]

早弁乱闘事件[編集]

名言[編集]

飼育員[編集]

飼育員だって時には言い間違えることもある。しかし東大寺動物園ではその回数が多すぎる。そのため、実は猿が飼育員で飼育員が猿ではないかとの噂も流れている。以下にその名言・迷言を記す。

  • 「盗られた方が悪いんや!」
    物を盗まれた猿 について、飼育員TKMR
    • まさかの犯罪を肯定する発言である。もちろん、窃盗はいけませんよね?
  • 「気分悪いな~。帰るわ」
    騒がしい猿 について、飼育員HM
    • 授業放棄の決行宣言。しかしその理由が「気分」とは、なんと単純な。
  • 「休み時間にヒモで人を縛ったりしない!」
    休み時間にふざける猿 について、飼育員HM
    • 当園ではSMクラブのごとき光景が日常的に見られる。
  • 「オタクに人権はない」
    オタク について、飼育員NKSM
    • こちらも差別を許す飛んでもない発言、いわばヘイトスピーチである。
  • 「水分をたっぷり含んだ水蒸気」
    湿った空気 について、飼育員MTMT
    • 水分をたっぷり含まない水蒸気、それは真空である。
  • 「11-3=9」
    足し算 について、飼育員KWMT
    • 小学校1年生の計算もできない飼育員がいたとは、驚きである。
  • 「なかなか渋いギャグやね~」
    征韓青姦論 について、飼育員TKD
    • 渋いとかそういう系統のギャグではないと思うが。
  • 「「メモを取る」ってメモを取れ!」
    ノートをとらない猿 について、飼育員TKI
    • 「『メモを取る』ってメモを取る」ってメモを取れ!

[編集]

もちろん、猿にも言い間違いはある。しかしその数は、飼育員に比べてはるかに少ない。

  • 「ザ・シビル・ワー」
    アメリカ南北戦争 について、とある猿A
    • 正しい発音はザ・シビル・ウォー。この猿の本名との兼ね合いで、後々までこの発言はいじられることとなった。
  • 「0次関数」
    関数 について、とある猿B
    • どんな関数か。もしかしたら、これは世紀の大発見かも知れぬ。

関連項目[編集]