東京特許許可局

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
東京特許許可局許可課庁舎

東京特許許可局(とうきょうとっきょきょきゃきょきゅ)は、東京にある特許庁の支所で、関東地方における特許の許可業務を行う役所である。

概要[編集]

許可業務は主に東京特許許可局許可課許可係(とうきょうとっきょきょきゃきょきゅきょきゃきゃきょきゃぎゃきゃり)で行われる。許可課のトップは東京特許許可局許可課許可係長(とうきょうとっきょきょきゃきょきゅきょきゃきゃきょきゃぎゃきゃりちょう)である。

東京特許許可局のマスコットはピョコピョコはねる3匹のカエルである。一日局長にきゃりーぱみゅぱみゅが就任したことがある。東京特許許可局への書類は、赤巻紙青巻紙黄巻紙(あかまきぎゃみあおまきまぎきみゃきにゃに)で提出することが規定されている。テーマソングは開局当初に制定された東京特許許可局許可課許可係長作曲・東京特許許可局協奏曲(とうきょうとっきょきょきゃきょきゅきょきゃきゃきょきゃぎゃきゃりちょうさっきょきゅ、とうきょうとっきょきょきゃきょきゅきょうしょうきょきゅ)である。 スモモの栽培法を特許申請した際、「スモモも桃も、桃のうち」と急遽特許許可の申請を却下した記録が残されている。またアシカの飼育法を申請した動物園に対しては「鹿もカモシカも鹿の仲間だけれどしかしアシカは鹿の仲間ではない」とし、やはり却下された。これらの特許許可却下は東京特許許可局のトップである当時の東京特許許可局許可局長(とうきょうとっきょきょきゃきょくきょきゃきょきゅちょう)の鶴の一声によって決められたという。ちなみにこの局長は局内においても、局員が以前から申請したのに、今日になって急遽、休暇許可を拒否した事でも知られる。

東京特許許可局の建物は、竹垣で囲われている。この竹垣に竹を立てかけると、その理由を厳しく追及される。しかしその時は堂々と「竹、立てかけたかったから、竹、立てかけたのです!」と、はっきりと主張すれば、大きな問題にはならない。また、この竹垣を固定する杭からは常に釘が飛び出しており、よく服を引っ掛ける事があり、危険である。なぜこの状態で放置されるかというと、非常に引き抜きにくいからであるという。

東京特許許可局行きのバスはよくガス爆発を起こすことで知られている。この路線バスは農商務省特許局→日本銀行国庫局→専売特許許可局(のうしょうむしょうとっきょきょきゅ→にほんぎんこうこっこきょきゅ→せんばいとっきょきょきゃきょきゅ)を経由し終点の東京特許許可局に到着する。東京特許許可局の近くの寺院の僧侶は、屏風に上手に坊主の絵を書くことで知られている。

許可局OBは、骨粗鬆症訴訟勝訴したが、朝鮮民主主義人民共和国の貨客船万景峰号の入港訴訟では係争中である。

難読・早口言葉シリーズの関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東京特許許可局」の項目を執筆しています。
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。