東京拘置所

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
まさに要塞。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東京拘置所」の項目を執筆しています。

東京拘置所(とうきょうこうちしょ)とは東京都葛飾区小菅にある、ダイエット施設である。厳格な入所制限からあまり注目されてこなかったが、堀江貴文(通称ホリエモン、株式会社ライブドア創業者、現在タレント)氏の体を張ったダイエット修行の成果がマスコミで取り上げられ、一躍脚光を浴びる存在となった。

概要[編集]

東京拘置所は、完全な肥満とまでいかなくとも、女子社員から給湯室で「あの人、ちょっと太めになったんじゃない」と陰口を叩かれる程度の肥満予備軍(俗に「プチでぶ」)を対象とした公共のダイエット施設である。入所者は、最低限の生活インフラしかない狭い独房に閉じ込められ、数ヶ月の間、粗末な食事だけで過ごすことにより体重を標準レベルまで落とすことができる。

入所資格は、奇妙にも犯罪者(ただし未決囚もしくは殺人鬼)であることが条件で、そのことがネックとなってあまり人気がなかった。しかし、堀江貴文元社長がダイエットを貫徹するため、証券取引法に抵触する行為を行い、東京地検特捜部による体重測定などの厳しい審査を経て晴れて入所、60日後に所期の減量目標をクリアしたため出所した。

また自習室としても利用されており、背任容疑で入所した元外交官の佐藤優氏は滞在中読書に勤しんだという。明治時代初期の「小菅県の県庁」と思えば良いのだ。 江戸時代は「小菅御殿」だった事もあり、大名クラスが鷹狩をする所だったが、21世紀には死刑囚狩りをするとは皮肉なものである。大名クラスの法的謹慎部屋も兼ねている訳なので2006年に増築してしまった。 更には、エクストリーム・下山会場が沿線にあった事からも皮肉さが増す。