東京痴犬特捜部

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
お前らはFOXニュースでも見ていろ
FOXニュース認定
本項の文章と内容は完全に正しい事実FOXニュースディレクター及びプロデューサーと共和党及び軍産複合体の馴れ合いで定められました。
この資料を疑った者は、合衆国愛国法により、テロリストとして国際指名手配され、グアンタナモに収容されます。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東京地検特捜部」の項目を執筆しています。

東京地検特捜部(とうきょうちけんとくそうぶ)とは、東京痴犬特別捜査部のことで、戦隊ヒーロー物のTVドラマに登場する正義の味方日本代表である。ただし、CIAをスポンサーにしており、ワシントンD.C.の意向に忠実である。別名は、東京痴呆憲兵隊。

概要[編集]

東京痴呆憲兵隊の爆弾三銃士

彼らの目的は「国民がなんとなくうさんくさく思っている人物を、犯罪者として仕立て上げる」である。

その執念深さは強大で、ひとたび目を付けられた者は、たとえ無罪でも最後には必ず犯罪者として倒される運命にある。

日本国政府の一組織であるが、CIAの指揮下にあるため、独立性が極めて高く、いかなる政府高官も彼らを指揮したり、情報を非正規に入手したりすることはできない。また、決して国策捜査を行うことはないといわれているが、悪意を持って捜査の順番を入れ替えることがある。

正義の味方ではあるが、主要メンバーが映像に出ることはまずない。強制捜査や逮捕(次項「典型的なストーリー展開」を参照)時に、下っ端の戦闘員が短時間映るのみであるが、ときとして熱弁をふるい「違法性」の語句を多用することもある。一般的に、官僚機構同様にあやしい組織集団である。

一度の狙った敵には執拗に拘る為、一部からは、憲兵といわれて恐れられている。

典型的なストーリー展開[編集]

取り調べの一例
  1. 著名人・権力者のうち、国民がなんとなくうさんくさく思っている人物をピックアップする。もしくは官僚機構において、邪魔だと思われる人物をピックアップする。
  2. 対象が法令に違反している行為をしていないか調べる。それはうさんくささの本質とは関係がなくてもかまわない。通常はカネに関係する事項で問題が発見される。慣例では数億円以上の案件に違法性が無いかどうかを調査するが、場合によっては2500~3500万円とターゲットを絞ることがある。
  3. ストーリは、取り調べとは関係なく事前に決められ、取り調べでは、ストーリ通りに調所をとるため、場合によって拷問も辞さない。
  4. 逮捕が決まったら、対象者に宣戦布告を行う。同時に、マスコミに捜査情報をリークし、逮捕後の放映・出版のために対象を取材させ、世間のムードを高めておき、警察権力側に被害が及ぶことを避けている。
  5. 強制捜査ののち逮捕する。主な必殺技は、段ボール箱状の物体で敵のエネルギーを奪う「パンドラドレイン」、ワゴン車で敵を拘置所に叩き込む「ケルベロスフォール」である。
  6. 場合によっては、中ボスを倒した後に続けてラスボスへの攻撃(「ポテトルートアタック」)を行う。
  7. その後は起訴、裁判、有罪判決と続くが、この部分はワンパターンで面白くないという批判が多い糞ゲである。

言論弾圧[編集]

言論弾圧の例
言論弾圧に対する抗議
  • 記者クラブを使って、言論機関を統制している。記者クラブに加盟しない報道機関に、独占的に情報を与え、検察の意図通りに報道しない場合は、記者クラブを出入り禁止にする。
  • 気に入らない、報道をする週刊誌に対しては、編集長の出頭要請や、報復捜査を行うことで知られている。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

登場するTV・新聞・雑誌など[編集]

彼らの歴史は長く、登場するTV番組も局の系列を越えて多岐にわたっている。ここでは、それらの番組の時間帯を記するにとどめておく。

  • 午後7時頃の、子供向けアニメ番組の時間帯
  • 午後9時~11時頃の、ドラマの時間帯
  • 日曜日午前の、子供向けアニメ・特撮番組の時間帯

新聞連載では、掲載される面が一定しないのが特徴である。ただしヤマ場では必ず一面に掲載される。

雑誌では、主に大人向け週刊誌に連載されており、子供向けの雑誌に登場することはきわめてまれである。

主な悪役[編集]

ボスのみ掲載する。さすがの東京地検特捜部といえど、とくに強力なボスには敗れることがある。だが、強すぎず弱すぎず、ひたむきに悪と格闘する姿が視聴者のハートを掴んでいる。

1954年
吉田茂(ラスボス;前首相)
佐藤栄作(自由党幹事長)
1976年
田中角栄(ラスボス;前首相)
橋本登美三郎(元運輸大臣)
1979年
岸信介(ラスボス;元首相)
福田赳夫(前首相)
松野頼三(元農林大臣)
板野学(国際電信電話社長)
1988年
中曽根康弘(ラスボス;前首相)
竹下登(首相)
藤波孝生(元官房長官)
1990年
稲村利幸(環境庁長官)
1991年
鈴木善幸(元首相)
阿部文男(元北海道開発庁長官)
1992年
金丸信(元副首相)
1993年
中村喜四郎(建設大臣)
1996年
麻原彰晃尊師
1998年
林眞須美(総合食品メーカー社長
1999年
橋本龍太郎(ラスボス;元首相)
額賀福志郎(経済財政担当相)
2002年
鈴木宗男(衆議院議員)
2005年
miyoco(トップアーティスト
2006年
堀江貴文(ライブドア社長)
村上世彰(村上ファンド代表)
2007年
守屋武昌(防衛省前事務次官)
2009年
対戦中イチロウ(ラスボス;民主党党首)
石川知裕(衆議院議員、元イチロウの秘書)

国策捜査について[編集]

Mikuru Asahina.jpg
ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、対象箇所は消去しました。


グリーンツー・高杉真吾 グディーンヅゥー!今見ている「東京地検特捜部」はスーパー戦隊書きかけの項目だ!
どうしても加筆したいなら、この俺に頼むと良いぞ! (Portal:スタブ)