東京ヤクルトスワローズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東京ヤクルトスワローズ」の項目を執筆しています。
所属選手で最も有名な畜生ペンギン

東京ヤクルトスワローズ(とうきょうやくるとすわろーず)は、日本プロ野球球団のひとつであるが、存在が違法の球団である。本拠地は多摩地区・神宮

セクハラし放題

特徴[編集]

  • 立っていられない。
  • 大昔は日本国有鉄道の第三セクターであったが何故か大エースは禁則事項ですだった。
  • とにかく新聞紙軍犬のお父さんに弱い。ただし、皆の目をごまかす為に数年に一度巨人キラーを出現させる。
  • 先発に限らず、中継ぎや抑えで『エース』と呼ばれる投手たちに、大きく依存する年がある。
  • ところが彼らは、かなりの高確率で壊れる。そのため翌年以降は働いた分の2倍以上という、あまりにも長い冬眠期に突入する。その復帰の遅さに、存在を忘れてしまうほどである。
  • 1973年まで、鉄腕アトムがマスコットだった。
  • 夢のドリーム軍のように無謀な補強ばっかりしているわけではないのでチームワークは中々ある(嘘である)。しかし仲が良すぎるあまり禁則事項ですがいるという噂も絶えない。
  • 近年は外国から芸人を雇ったり、少年を入団させたり、ロボットを作っちゃったりと、何気に凄いことをしているチームでもある。
  • 傘下に燕芸能社があるが、90年代には人気芸能人を多く排出し、本体の方が逆に燕芸能社野球部と言われていたが現在は殆どの芸能人が移籍・引退をしてしまい壊滅状態に追い込まれている。
  • 若松勉さんが監督の時代も。優勝インタビューでファンに向かって「おめでとうございます!」や胴上げでの一回転など、とにかく可愛かったんだよ(なお、そんな事実さえ取り消された模様)!
  • 近年は北の国との間で人事異動が激しい。
  • 2007年シーズン終了後に、レオとの間の人事異動が発生。
  • いろいろとちゃっかりしてる。1つ目はギネス記録を持っている。2つ目は弱小球団と言われつつも何気に日本一回数が12球団中4位。
  • フロントと選手との仲が悪く折り合いも悪い。その為しょっちゅう選手に逃げられている。当たり前である。
  • 2010年には、タコに占いを打診していたとか。
  • フロントが稲門閥コレクター。ハンケチ王子を狙っていたが、北に拉致されてしまった。
  • 特にやたら五月蝿いハエ戦、7回の東京音頭の間奏時、レフトスタンドに応援の邪魔をくらう。いい気味だ。

主な在籍選手・拉致被害者[編集]

東京ヤクルトスワローズの選手一覧を参照のこと

燕芸能社に所属していた主なタレント[編集]

安田猛(漫画のキャラクター)
蝿が止まる超スローボール、本人にも予測不能な方向へ行ってしまう変化球が持ち味で、特技は虎の虐殺タブチくん在籍時の阪神タイガースに対しては驚異的な力を発揮し、阪神キラーと言われた。
花形満(スーパースター)
阪神タイガース退団後、社長業を経てヤクルト入りしたボンボン。
荒木大輔(元祖アイドル)
嘗てはハンカチ王子以上の人気者だった。借り物である神宮球場を彼の為に改造したのは有名な話である。また細川たかしの楽曲「ビクトリー」に他社の原辰徳岡田彰布高橋慶彦宇野勝遠藤一彦と共にコーラス参加した事もある。登場テーマはソフトクリームの「スキよ!大輔君」(元歌:「スキよ!ダイスキ君」)
広沢克己→広澤克実(講談師兼プロデューサー、歌手)
通称:寅ちゃん。J-WALKの「何も言えなくて・・・夏」を超スローテンポにアレンジしてカバーした。キャッチフレーズは「ポカしません」
トーマス・オマリー(阪神スカウト兼歌手兼面白外人)
オマリーでおま。阪神から移籍。優勝にも貢献。
チューさん(ストライカーズの一員)
本名は荒井幸雄。三振した後に花束を貰う映像が沢山流された。天敵は「荒井ポカリ事件」以来、ノムさん。キャッチフレーズは「3割打ちます」
高野光(歌手/故人)
代表曲「悪友」
ブンブン丸→池山隆寛(タレント兼プロデューサー、歌手)
初期の頃の芸名はブンブン丸として活躍していたが、歌手デビューの時に本名に戻す。また、燕芸能所属の若手芸人や、助っ人芸人に色々な芸を仕込んだ。また、小室ファミリーの一員であり「自由の女神」と言う曲を提供されている。キャッチフレーズは「大振りしません」
ギャオス内藤(筋肉系芸人)
筋肉番付の常連で、お笑い担当。副業は投手であった。
松本典子(アイドル)
元アイドル歌手。笘篠弟の嫁。結婚発表の時、ファンは枕を涙で濡らした。
秦真司(歌手)
代表曲は「愛を数えよう」
七夕雪之丞(ネ申)
契約金100円、年俸3億円。初めはサード、次にはエースで4番、そして角界入りしたとんでもない人。
関根潤三(ラジオパーソナリティー)
日本を代表する「おじいちゃん」。その風貌と声質の好好爺的な雰囲気が人気を呼んでおり、生き字引的な扱いを受ける事が多い、正体は「ぬらりひょん」であるとの説もある。自分よりも若い長嶋ファミリーが大好きである。
源牛馬鹿丸(プロレスラー/ネタ職人)
ザ・モモタロウのライバル?
長嶋一茂(二世芸人、格闘家)
野球のDNAは一切受け継がれず、お笑い(天然芸)のDNAのみ受け継がれた。
中二美夫(ドカベンのライバルの一人)
甲子園で山田太郎を5打席連続敬遠したことで有名。四国アイアンドッグスに移籍した。
川崎憲次郎(公営ギャンブル解説者/スキャンダル王)
燕芸能社在籍時には女性芸能人とアーン♥♥であった為禁則事項です、その騒動を裂ける為にFA宣言し他社に移籍した。移籍先では多額の不労収入を詐取したが、一部からは絶大な人気を誇り、人気投票第1位を取って有馬記念に選出されたが辞退した。引退後は野球の解説は一切せずに公営ギャンブルの解説に命をかけ、公営ギャンブルで食い繋いでいる人間の屑である。加藤茶見栄晴蛭子能収蛍原徹などと同業者である。
野村克也(野球解説者、鬼嫁の夫、演歌歌手)
鬼嫁ブームの先駆け的な存在で歌手としては演歌「俺の花だよ月見草」をリリースしている。また、研究者としても知られ「野村スコープ」の発明は以降のプロ野球中継に多大な影響を及ぼした。しかし、「野村スコープ」の品質の悪い類似品が多く出回り、地上波野球放送の視聴率を大きく下げる遠因になったとも言われている。
野村沙知代(サッチー)
渡部絵美に「あなた禁則事項ですいわね」。 禁則事項ですが言うな。
古田敦也→古田・オッケイ・敦也(タレント兼プロデューサー、歌手)
助っ人芸人に色々な芸を仕込んだ。歌手としての代表曲は「思い出のBall」。
大木凡人(演歌の歌い出しのナレーター)
説明する必要あるのか?喧嘩最強との噂。乱闘要因として招へいするとかしないとか。
中井美穂(フリーアナウンサー)
フジテレビアナウンサー。テレビに出始めた頃は某アイドルのパチもの扱いされていた。
高津臣吾(タレント)
元々は古田敦也(現:古田・オッケイ・敦也)のマネージャーであったが、いつの間にかテレビ出演が多くなっていたのでタレントに転身した。
飯田哲也(筋肉系タレント)
筋肉番付の常連だった。
角盈男(タレント)
コーチ業よりタレント業を優先していた。
YOUNG SWALLOWS(ユニット歌手)
所属していたのは橋上秀樹、飯田哲也、加藤博人、西村竜次、高津臣吾、ギャオス内藤、小坂勝仁で代表曲は「負けず嫌いなLOVE SONG」。広沢克己(現:広澤克実)、古田敦也(現:古田・オッケイ・敦也)、高野光などのソロシンガーとのコラボもし「TO THE TOP」「いつか輝きが…Glory Days」を発表している。
石井一久(タレント)
少ない口数でも場の雰囲気を一気に自分の方に引き付ける天性を持っており、人気女子穴を娶ってしまった隠れた実力派。かつて寮から抜け出し、塀を乗り越えたシーンを2ページ見開きで掲載された写真週刊誌へのネタ提供は鮮烈。実はサッカーが好きである。吉本興業入りしてもいる。
木佐彩子(フリーアナウンサー)
元フジテレビアナウンサー。バラエティ専門かと思いきや報道にもちゃんと進めた数少ない女子穴の一人。
魔王ハドラー(魔王、グルメリポーター)
ミミズの踊り食い、アリ、セミなどを食した。帰国後は禁則事項ですで一時拘束されるが釈放された。
太郎・ホージー(芸人)
助っ人芸人の中でも特に人気があった。金鳥の回し者ではないかと思われるような芸風であった。
アレックス・ラミレス(パクリ芸人)
顔全体にブツブツがある外野手。家族や愛犬と一緒に過すのが趣味らしいが、間違ってる気がする。義理の息子をごり押しでスワローズに入団させたりした。結局、無頼漢集団拉致されてしまった。主なパクリ芸は「ラミちゃんペ」(加藤茶「加トちゃんペ」)「アイーン」(志村けん)「ゲッツ」(ダンディ坂野)「ハイ! ハイ! ハイ、ハイ、ハイ!」(レギュラー)「チッチキチー」(大木こだま)「カッチカチ」(ザブングル・加藤歩)「ラララライ」(藤崎マーケット)「そんなの関係ねぇ!」(小島バルディリスよしお)なお彼に芸をパクられた芸人は殆どがTVからフェードアウト。芸人から恐れられる。次なるターゲットはオードリー、はんにゃ、響、狩野英孝との噂。AKB48まゆゆに似ていると言われ本人も認めてしまった。
磯山さやか(野球部マネージャー)
レンタル移籍でマネージャーとして在籍し、選手たちは色めき立つ、青木がアーン♥♥までいけたかに見えたが、結局誰も口説き落とす事が出来ずにレンタル期間が終了し本来の所属事務所に帰って行った。好きな言葉は「6-4-3のゲッツー」
相澤仁美(グラビアタレント)
あの乳はアーン♥♥
桜月グループとヤクルトが親しいためか、ユニットも組んでいる。
MISORA(春日美空)
2004年、1番バッターの登場PVのときシスターの衣装とロザリオを持って打席に立つシーンがあった。現:東北楽天ゴールデンイーグルスに所属。
咲耶(歌手)
看板曲「Girish」を歌った、人気ソロシンガー。現在は読売ジャイアンツに拉致されてしまった。
図書館探検変身部(ユニット歌手)
所属していたのは桜月キラ・ユラ姉妹、綾瀬夕映、近衛木乃香、早乙女ハルナ(元ロッテ)、宮崎のどか、源千華留、日向絆奈、夏目檸檬、白壇籠女の10人。ハルナは過去にソフトボール時代キャッチャーをやっていたためか、古田の大ファン。「図書館島へようこそ」が大人気曲。
Sprits and Ace(ユニット歌手)
所属していたのは大河内アキラ、春日美空、佐々木まき絵の3人。一度、シスター・大巨人・魔法少女のコスプレをしてスワローズサポーターソングを歌った経験もあり。
大河内アキラ(単行本作者、元読売ジャイアンツ所属・現役引退済)
ヤクルト対巨人の試合を愛する。引退試合開始前、自作小説をトークした、引退後は単行本「東京ダービー」が何と2000万部も突破した。
川澄綾子(声優/有名カップ焼きそば)
プロ野球自体に興味がなくなったためフリーで活躍中。なお、口癖は「えっちなのはいけないと思います。」
ZEEBRA(ジェロの友達)
神宮球場の空間プロデュースをするも球団、本人にとっての黒歴史入り。ワルそうなヤツは大体友達。おじいちゃんはワルにされちゃった…
八神はやて

全てのをタレントを取り仕切る。燕軍タレント部隊長。関西弁が特徴。

タレントではないが所属した者達[編集]

石井弘寿
シャブタクが登板する度に、実況か解説がこの人の名前を必ず出す。もう忘れてやれよ。
前回のWBCの事は絶対に忘れない、絶対にだ。
そんな彼もスペランカー
一場靖弘
移籍後2回目の登板で7回1失点の好投を魅せ、ついにヤクルトで覚醒か!と思われたが、やっぱりロマンだった。現在は2軍の帝王的存在。
栄養費でジョア買って飲め。初代裏金王。
林昌勇
WBC仕方ないね黒歴史って事で。
2009年シーズン、20試合連続無失点というリリーフエースとしては素晴らしい成績を樹立。
ただし夏の間はカンベンな。
萩原淳
元野手だったのは野球ヲタからしては有名。
小野寺力
言わずと知れた『俺達2代目総帥』こと『力者』。
2011年から沼者と共に(出遅れる形となったが)セシフィックリーグに布教活動するために燕に突然変異した。
移籍後初登板は「ナカジと勝負がしたかった」と言い放ち、俺達を強制発動させられた(しかも寸止めでナカジと勝負できず)。
移籍後2試合目ではかまうことなく発揮。無死1塁から四球⇒ボークで演出を拡大し本領発揮か…!と思われたが神がかっているボスの手により強制終了。どうやらナベQよりは利口であるであるため見れる機会が減りそうだ。
加藤幹典
先発兼任中継ぎ投手で「高校ビッグ3」ならぬ「大学ビッグ3」と呼ばれていた投手。
そろそろ結果残さないと危ないよ。
川本良平
ドングリーズ二号。足だけが取りえ。打率は微妙。当たってる時は結構打つよ。
リードはたいした事ないが、ふくちゃんのリードが酷すぎたためにヤクルトファンから神格化された。公式写真が毎年禁則事項です
珍しくスタメンで出場した時は、チームをCS初出場に導き、CSで逆転2ランを放つなど大活躍(その試合負けたんだけどね)一気にヤクファンの株が上がった。以降、横浜のどすこいから代打サヨナラ逆転2ラン、巨人を3位に決定させる決勝3ランを放ったりとホームランに関してはなにか持ってる男。
現在は2番手捕手の地位を築き上げ、ロッテに移籍しドングリーズ卒業。
衣川篤史
一塁手に見えるが実は捕手。リードの方はドングリーズとの背比べ並。打撃はそこそこ。
ホームランは甲子園でしか打たない。ある意味サイレントK
佐藤賢
リリーフエースの座を虎視眈々と狙う体脂肪率30%の悪魔。ソバアレルギーで死にかけたのは有名な話。
通称「リアルグラゼニ
城石憲之
妻がアレなことから、ファンから呪われている。その呪いのおかげで出番は無いが、妻はリリーフエースばりに重用。来年から一軍コーチに就任。あぶれなくてよかったね。
高市俊
ストレートMAX135km/hな上にノーコンなのに無駄に球種だけは多いというどうしようもない投手。
ヤクルト最後の希望枠入団選手だが、あまりの期待はずれっぷりに絶望枠と呼ばれることも。
ついには、球団マスコットに呼び捨てで呼ばれる始末。
高木啓充
2009年開幕前まではファン感謝デーで豪快に滑った度胸ある解雇目前投手だった。
しかし2009年夏場に先発陣が崩壊する中、最後のチャンスで先発を任され、バースデー先発を勝利で飾り、終盤ながら4勝をあげ一気に救世主となった。
あまりの救世主っぷりに先輩からも「高木さん」「高木様」と呼ばれるようになる。
濱中治
どんでんブランドのロートルプレイヤー。恵体糞打。
福川将和
ドングリーズ一号。肩だけが取りえ。打率は身長並。
年に一度確変を起こすが、だいたい一週間で効果は切れて元に戻ってしまう。
フォーク7連投をも厭わない「被弾するリード」で2008年のヤクルトを恐怖のどん底に陥れる。
2009年以降は相川のせいで完璧な空気になっている。
福地寿樹
最も成功したFAの補償選手。つば九郎と仲が良い。ファンからの信頼も厚い。
三十路などとっくに過ぎてるのに早い早い。彼を出塁させたらもうランナー2塁だ。
その快足を活かした外野レギュラー確定かと思いきや、ファーストミットを持ってたりする。←ガイエルこそ1塁やれよ、というのは禁則事項です
タレントになれば逃走中あたりに出演できそうだが、コーチとしてチームに残る。
宮出隆自
元投手で超身長。一場の生贄になった男。
かぷてんみたく出戻りを経験。
吉本亮
福岡ソフトバンクホークスから命からがら逃げ出してきたキューバ人。誰も期待していないところでタイムリー打ったり勝利に貢献している。
毎年外国人に間違われる。
渡辺恒樹
から2010年度にやってきた左のワンポイントリリーフ。ヤクルトには数少ない即戦力左投手。
某金満球団社長と名前が似ていることに嫌気が差したのか拉致天才王国から1球勝利投手になっている。
ワンポイントで出てきて1球で抑えることが特技の、一球さん

岡田のオヤジさん[編集]

在りし日の岡田のオヤジさん

既に故人であるが、スワローズの真のオーナーだった人。本名は岡田正泰。

フライパンビニール傘東京音頭と言う三種の神器を駆使して燕党を広めようと努力をしていた神聖絶対君主。彼の威光の前には、選手はもちろんのこと、痛風以外怖いものが無いといわれた玄米食メガネですらも五体投地していたという。1980年代にはビートたけしのネタにも登場している。

オヤジさん死後のフロント・監督の采配・応援団の惨状が目も当てられない状態である事からもわかるように、オヤジさんの存在は極めて大きな物であった。また、三次元のテレビ番組だけでなく漫画アニメ等の二次元世界にも積極的に顔を出し、スワローズの宣伝をしていた。

一説によるとドラえもんのポケットから四次元世界へ進入してスワローズ布教活動をしようとしていたとも伝わる。

スワローズの試合中に仕事の電話が掛かってくると「今、試合中だから後にしろ!」と一喝していた。

フジサンケイグループとの関係[編集]

嘗てのオーナー企業グループであり今も株式を保有しているが、微妙な関係が続いている。

産經新聞[編集]

いつも御国の事を考えているので野球の話など・・

夕刊フジ[編集]

御国の事と風俗の事とゴシップネタしか頭に無いので野球の話など・・って感じだったが、古田が辞めた後は何故か優しいのアーン♥♥

フジテレビ[編集]

嘗ては選手の結婚仲介所として機能していたが、最近はそんな事はなく、テレビ東京にその座を奪われる可能性も出てきた。中継に関しては視聴率しか気にしないので近年は激減した。

サンケイスポーツ[編集]

  1. ただでさえ仲が悪い燕と虎の争いを煽っている新聞。最近では両ライバルの読売ジャイアンツ寄りの傾向もある。
  2. 東京版は90年代はヤクルトスワローズ機関紙だったが、近年は一般スポーツ紙に成り下がりつつあったが2011年は妙に優しい。
  3. 大阪民国版は近年、デイリースポーツと肩を並べる程に虎寄りである。
  4. 東北版は東北版で楽天に対して非常に好意的。

要するに、売れれば何でも良いって姿勢な訳だw

ニッポン放送[編集]

横浜ベイスターズの株も持っているが、スワローズのファン感謝祭の主催者に名を連ねる事もあった。 現在は収束したが嘗ては鯨派(現:港星派)パーソナリティーと燕派パーソナリティーで激しい内部抗争を繰り返していた。また、この抗争事件は政治家漫画家芸能人のサポーターを巻き込んでおり、後の世に僅かな影響を与えた。

試合の中継は無頼漢集団中心である。

以上は全て幻想の存在であり、あってはならないことをしている者たちである。

ポニーキャニオン[編集]

燕芸能社所属歌手のCDを販売してるところ。


ExSport.png この項目「東京ヤクルトスワローズ」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)