東京メトロ日比谷線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東京メトロ日比谷線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「東京メトロ日比谷線」の項目を執筆しています。

日比谷線(ひびやせん)は、東京地下鉄(通称:東京マゾヒスト)が運営する地下鉄路線である。パーソナルカラーは火山灰BSicon TokyoHibiya svg.pngH。Hとは……、お察し下さい

概要[編集]

帝国光速度交通営団(現:東京マゾヒスト)は正職員のうち35%が創価学会の信者で、うちほぼ全員が創価草加市に住んでいることから、草加市から山手線内に入れる路線が必要になった。しかし草加から直接線路を引くのは正直しんどいので、東武の力をいくらか吸収して建設することになった。どのくらい吸収したかというと、米粒10億個くらいらしい。

1960年代には全通したが、1995年に地下鉄サリン事件が発生したため、デマの影響もあり、のび太国民はフルボッコが確定した。ちなみに秋葉原駅を通る唯一の地下鉄路線であることに加え、入谷駅にはフェイト族と呼ばれるFate/stay nightの聖地巡礼しに来たアニヲタ達が集結し、ただでさえ混む日比谷線の混雑度を上げている。また、南千住駅には南千秋をお目当てにやってくる、みなみけ大好きロリコン共も多く集まってくる。ただ幸いにも、AKB48劇場やらアニメイトの最寄り駅は銀座線末広町駅であり、わざわざ遠回りをするA線利用ばか野郎が少ないことと、常磐線つくばエクスプレスにもヲタは分散しており混雑はそうでもない。

路線[編集]

中目黒から、縁起のいい恵比寿を通ると、族がいる六本木、サリンが残留している霞ケ関、洗練された大人の街銀座を経由し、ゴム製車両を直角にまげて築地近辺を北上し、聖地である秋葉原、寺がある上野から山手線を抜け、北千住に至るという、いいところも悪いところもとっているかなりいいかげんな路線である。

北千住からは東武伊勢騎線に乗り入れていて、うかつに乗ると南栗橋に飛ばされ、都会の喧騒で疲れた人を片田舎に連れ去る、天然のリラクゼーション列車である。一方、2013年3月15日までは中目黒方面行き電車にも怪現象が相次いでいた。寝過ごすと目を覚ました途端にムサコやらモトスミのお隣やらKI☆KU☆NAやら見知らぬ地名が出てくるという報告が多数寄せられ、これに関して大勢の専門家が考察したが、どうにも結論を出せず日夜唸っていた。現在はそんな心配もご無用であり、神経質な人の取り越し苦労ではないかという結論に一度は至ったが、翌日(同年3月16日)から副都心線で同じ報告が寄せられ始め、そればかりか「目を覚ましたらそこはパスポートが必要な別の国だった」という報告が新たに寄せられており、専門家のさらなる研究が進められている。

車両[編集]

急カーブの多い路線なため電車はゴム製(詳しくは後述)。18m電車と20m電車がある。

このゴムは硬度が高く、人力では殆ど曲がらない。 昔は硬い上に伸縮性も悪かったため、乗り心地が最悪で誰も利用したがらなかった。近年ではゴム製造技術の向上により、この問題は解決されている模様。

ゴムの理由は、霞ケ関日比谷間、東銀座築地間などにほぼ直角なカーブが存在するため、車体をゆがめないと曲がれない、と判断されたから。

ホームドアを整備したがっているメトロ・東武にとって、18m車は障害となっていた。『どんなに工夫しても20m車は走れないんか…』と悩みまくったメトロはとうとう頭がおかしくなったらしく、『台車までゴム製にすればええんや!』と狂った発想に出た。そして半ばゴリ押しではあるが20m車の導入にこぎ着けたのだった。

現在、20m車への代替が進行しているが、18m車(3・5ドア8両)と20m車(4ドア7両)が混在しており、非常にややこしい事になっている。線内の各駅では乗車位置を間違えてあたふたする人が後を絶たず、特に両端の始発駅の利用者からは『せっかく先頭に並んでいたのに乗車位置を間違えてオシャカになった』とのクレームが絶えない模様。

かつて、JR・E331系ベースの新車が来ると噂されていた事もあった。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「東京メトロ日比谷線」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)