東京メトロ副都心線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
海外安全情報
ウィキペディアの「東京メトロ副都心線」周辺は治安が悪化しているため、渡航の延期をお勧めします。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「東京メトロ副都心線」の項目を執筆しています。
「それなら、幻想文学の棚にあります。」
副都心線時刻表 について、某書店店員
「俺の全地下鉄路線と接続というセールスポイントを潰しやがって!」
東京メトロ副都心線 について、東京メトロ東西線

東京メトロ副都心線(とうきょうめとろふくとしんせん)は、東京地下鉄(通称:東京マゾヒスト)が運営する地下鉄の一つであり、2008年にできた現時点で最新の地下鉄路線。

パーソナルカラーはブラウン若しくは大便の色:BSicon TokyoFukutoshin svg.pngFであり、Fとは見ての通り「糞尿」の頭文字である。列車のラインカラーがブラウンとゴールドの2色なのもしたがってそういう事であり以下略

路線名の由来は表向きは「副都心」であるが、裏では「Fuck 都心」と引っかけている。いかにも外人が喜びそうな挑発的な名前である。わかりやすく言うと、都心である東側の丸の内大手町に中指を突き立てて、副都心である池袋新宿渋谷の地位向上を狙っているらしいが、所詮は元郡部のド田舎(笑)である。

概要[編集]

東西線有楽町線をも超える、史上最強の地下鉄。

イチョウの葉っぱとの決戦に備えるために建設され、2008年6月14日遂に開通。表向きは山手線の混雑緩和だが以下の真実を知れば建前など無用の長物とわかるだろう。

この路線の社員はイチョウの葉っぱに爆破されたくないため、しばらくはノロノロ運転。ファンへの注意をする事にしている。

ダイヤもむちゃくちゃで幻想文学になりつつあるが、時刻表通りに運転しないと怒り出すせっかちな日本国民の性格を改善しようという国家政策である。毎日遅れれば「鉄道ってそういうもんかもな」と思うので、電車が遅れて駅員に詰め寄ったりしてトラブルになるという事例が減ることが期待されている。

車体の塗装は糞尿収集車を用いて、列車に向けて逆噴射する形で塗布している。したがって車両は糞尿のにおいで強烈であり、ラインカラーが2色なのが証拠である。また、車体の色には黄色と茶色以外に白が塗られているが、これは職員が文具店で大量に購入した修正液を車両に塗りつけたとか。

路線[編集]

東京メトロで唯一の埼玉県にある駅、和光市駅から、カオスな小竹向原駅を通り、池袋駅[1]山手線をくぐったあとは、汚い新宿駅…の隣の新宿三丁目駅へ向かい、危険な渋谷駅に接着する。池袋から先のトンネルには所々に血飛沫の痕が見られる。

和光市からは有楽町線と同じ路線で小竹向原まで地味に通過もしくは停車。小竹向原で有楽町線の下に潜る。池袋までの途中駅、千川駅要町駅にはホームドアがあり、新しい[2]。しかし、有楽町線はもっと新しいホームドアなんか作っている。

池袋駅を出るとしばらく急カーブを通って雑司が谷駅に到着。上には都電荒川線が通っている。まぁ使いやすい。その次は西早稲田駅早稲田大学に通うインテリの駅だが、急行は通過。東新宿駅はさすが新路線。深いところにある[3]。急行、通勤急行は各停を抜かす。防音装置がないため五月蠅い。これは小竹向原と同じ。しかし渋谷駅まではトンネルがケチ臭い。デザインはいいけど。

全体的に山手線が有利のはずである。

和光市からは東武東上本線志木駅川越市駅森林公園駅までつながっており[4]、小竹向原からは西武有楽町線を介し、西武池袋線練馬駅経由で西武球場前駅飯能駅まで繋がっている。

2013年3月16日から、ムサコやらモトスミのお隣やらKI☆KU☆NAやらハマやら中国やら見知らぬ地名が出てくるという怪奇現象を目撃した人が後を絶たなくなった。2013年3月15日までは日比谷線でこの現象が発生していた。これに関して大勢の専門家が考察しており、どうにも結論を出せず日夜唸っている。

「西の阪和、東の副都心」といわれるように、関東きってのgdgd路線でもある。さらに、有楽町線が遅れると副都心線も影響を受け、東武東上線・西武池袋線が遅れても影響を受けることがある。東横線・みなとみらい線との直通運転で、この事態はさらに悪化した。

種別・運行[編集]

S-TRAIN
2017年3月25日から走り始めた有料電車。停車駅は池袋 - 新宿三丁目 - 渋谷。ただし池袋駅は上りも下りも降ろしてくれるだけで、乗せてくれない。副都心線内だけ乗ることができない。
急行(Fライナー
池袋 - 渋谷間をたいてい11分で結ぶ。停車駅は和光市 - 小竹向原 - 池袋 - 新宿三丁目 - 明治神宮前<原宿> - 渋谷。2016/3ダイヤ改正でいつでも明治神宮前<原宿>に停車するようになった。
小竹向原から先は、平日は以下の通勤急行とともに池袋・新宿三丁目・渋谷にしか止まらないが、これは埼京線・湘南新宿ラインの二番煎じというやつである。しかも所要時間までまるっきり同じ。[5]
東新宿各駅停車を抜かすこともあるが、ラッシュ時以外はマゾヒストの陰謀により抜かすことは稀である。
東武東上線では各駅停車に、西武線では快速急行に変身するらしい。[6]
何回やっても何回やっても各停が抜かせないよ~
東京メトロ副都心線 について、某利用者
通勤急行
停車駅は小竹向原までの各駅 - 池袋 - 新宿三丁目 - 渋谷。平日のみの運行。
各駅停車
池袋 - 渋谷間は最速なら16分で結ぶが、後述の通りカオスな路線なのでそうそう上手くは行かない。運が良ければ東新宿駅で長時間待たされる[7]。運が悪ければ数日待たされる。
8両編成と10両編成が混在しているので、停車位置に注意。
西武線内や東上線内、東急線内で突然通過運転を始める電車があるので気をつけよう。

運行については、糞尿の2色の帯の7000系10000系が自社車両として走っている。それ以外にも東武9000系50070系や西武6000系、東急5050系・みなとみらい線Y500系が乗り入れ車両として運行されている。

各駅紹介[編集]

F-01 和光市駅
東武東上線との乗換駅。副都心線は有楽町線にここでは完全に侵略されて今に至る。東武管轄であるのに、「怖くて東武線には入線できません」とかぬかしている西武の車両もここまでなら来られる。流行語・STAP細胞生誕の地。副都心線唯一の地上駅。
F-02 地下鉄成増駅
成増駅の副都心線版。地上の和光市駅から下りてきた副都心線はここから地下鉄なりますなんちゃって。急行は通過。以前は発車合図はブザーでホームドアもなかったが、後にホームドアが設置され、遅れてメロディも使用開始された。
F-03 地下鉄赤塚駅
下赤塚駅の副都心線版。急行は通過。以前は発車合図はブザーでホームドアもなかったが、後にホームドアが設置され、遅れてメロディも使用開始された。これでいいのだ。
F-04 平和台駅
その名のとおり平和な駅、ではない。急行通過。以前は発車合図はブザーでホームドアもなかったが、後にホームドアが設置され、遅れてメロディも使用開始された。これで(ry
F-05 氷川台駅
某人気演歌歌手ファンの聖地ではない。急行通過。以前は発車合図はブザーでホームドアもなかったが、後にホームドアが設置され、遅れてメロディも使用開始された。これ(ry
F-06 小竹向原駅
有楽町線の起点。西武有楽町線の終点。小竹向原駅は完全に有楽町線に侵略されている。ここで有楽町線とはさよなら…と思いきや、有楽町線の下に潜り、池袋駅までついて行く。
開業当初はこの駅でホームドアが初登場だったのだが、2010年秋に地下鉄成増駅にホームドア初登場を乗っ取られてしまった。しかも近代的なホームドアである。現在はさらに、和光市駅に乗っ取られている。
F-07 千川駅
有楽町線に侵略され済み。その有楽町線は上。工事が建て込んでいて、有楽町線のホームドア設置が遅れ、副都心線だけのホームドア天下がしばらく続いた。急行・通勤急行通過。結構のんびり。
F-08 要町駅
かつては千川駅と同じく副都心線のホームだけにホームドアがあったのだが、今は有楽町線ホームにもホームドアがある。こちらも有楽町線に侵略されており、その有楽町線は上。急行・通勤急行通過。結構のんびり。
F-09 池袋駅
池袋駅の東京メトロの中で一番遠い。利用者離れが心配。だったか人が多すぎる。
丸ノ内線と繋がっているので、丸ノ内線の改札から入った方が便利。
F-10 雑司が谷駅
難読駅。「ぞうしがや」と読む。間違っても「ざつしがだに」と読んではいけない。雑すぎる駅で、東京メトロで3番目に利用者が少ない駅[8]。ちなみに都電は鬼子母神前駅と接している。そのせいで元から都電にあった雑司ヶ谷駅は都電雑司ヶ谷駅に改名することになってしまった。急行・通勤急行通過。
F-11 西早稲田駅
頭の硬い連中のための駅。Station Of The Wasedas, By The Wasedas, For The Wasedas.(早稲田の早稲田による早稲田のための駅)と言われている。また、頭のかたくない人の一部には偽早稲田というものもいる。腰掛けが非常に座りにくいが、そこは誰も気にしない。急行・通勤急行通過。国内ハイツ発祥の地。
F-12 東新宿駅
田舎。この先副都心線はものすごい下り坂でジェットコースターに。急行・通勤急行通過。各駅停車が抜かされるが、その抜かしていく急行・通勤急行が見えない。つまり、急行・通勤急行の神隠しというやつ。ちなみに神隠しは2015年5月に終わった模様。都営地下鉄大江戸線は乗り換えだが、忘れられているに等しいほど乗り換え客は少ない。
F-13 新宿三丁目駅
ジェットコースターとも言われるすごい下り坂は当駅で終了。丸ノ内線はお乗り換え。都営地下鉄新宿線も乗り換えだが、東新宿駅と同じくイチョウのはっぱは忘れられた。利用客が多く、全列車停車。新宿にはやや遠い。山手線の方が有利。
伊勢丹高島屋タイムズスクエアに挟まれ、どちらの百貨店にもいい顔をしなければならないので、三越前駅よりも百貨店業界の難しいバランスの上に置かれているらしい。しかし厚生年金会館への近さではこちらがやや有利である。埼玉の方から百貨店に買い物に来てもらうために服と新鮮とアピールしているがただの変換ミスとしか思えない。
東急と接続してからは、東急を走り疲れた列車がここで燃え尽きるようになった。
F-14 北参道駅
北表参道駅。地味。代々木駅にしなかったのは懸命な判断と言えるかもしれん。急行・通勤急行通過。
F-15 明治神宮前〈原宿〉
千代田線はお乗り換え。山手線も一応乗り換え可能だが身体検査を受ける。竹下通り線という田園都市線埼京線を軽く超えるラッシュ路線が存在するため、非常に混雑する。急行停車駅。
気がつけばこんな地下。ここから出るだけでも下手な脱出ゲームより難しい。
F-16 渋谷駅
2面4線の駅。東急が管理している点は半蔵門線と同じであり、違うのは「最初から東急に盗まれていた点」である。2012年から乗客は東急TY線にさらわれた。衛星放送(BS)発祥の地、NHK放送センターの最寄り駅。


建設の経緯[編集]

横浜方面に列車を向かわせたい東武鉄道と西武鉄道の策略である。東京メトロに圧力をかけ、どう考えても無駄である路線の建設を強要した。山手線埼京線があって無駄なのは明らかなのにである。東京の地下鉄で最初に廃止されるのはおそらくこれだろうと言われている。もしそうなら新しい物好きにはたまらないであろう。東京メトロの中で最も新しく開通した路線であり、また最も新しいうちに廃止されることによって、いつまでも新品のまま歴史に残るのである。

更に、休日はショッピングなどに便利かもしれないが新宿や渋谷にオフィスはあまりなく、朝ラッシュ時にはむしろ邪魔である。

[編集]

この路線の存在自体がすでに謎であるが、奇妙な点がいくつか存在する。

小竹向原駅のカオス[編集]

Kotake-Mukaihara Rail Pattern svg.png

この駅はとてつもなくカオスである。上の図を見れば分かる通り西武有楽町線と合流した上、和光市駅方面からの列車が有楽町線に飛び移ったりするこからX字のようなことになっている。このことが原因で開業3日目からダイヤが朝から深夜までめちゃくちゃになってしまった。

平面交差な上、ぶつかって強い(脱線しなかった)列車の勝ちというルールを採用している為、脱線等は日常茶飯事である。副都心線と有楽町線、どちらかのダイヤが乱れるともう一方のダイヤも乱れる原因となっている。小竹向原~千川間に連絡線を造って立体交差にするとマゾヒストは公言しているが、こんどは下の図のように線路がカオスになることが目に見えている。

Kotake-Mukaihara Rail Pattern 2.png

崩壊しないトンネル[編集]

普通地下を掘るとき、地下の天井と地面との間には結構高さをつくる。地下鉄に乗るとき「何でこんな深く作ったんだよ」と思うかもしれないが、当然地盤崩落を起こさないためで、とても大事なことである。しかし副都心線は他のトンネルや地上との高さの差がたった11cmしかなかったり、半分突き出てたりする。これで何故崩壊しないのか日夜トンネルマニアが議論を繰り広げているが、トンネルをオリハルコンで作っているのではないかと言われている

暗黒の空間[編集]

何故わざわざ新宿を外れて新宿三丁目に駅を造ったのか。宇宙最強の新宿を無視したのか。「トンネル掘る所なんか無いからだろ」と思うかもしれないが、実は新宿駅地下には使われていない空間が存在しており、軽く線路を4本引けるほどなのだ。なぜ貴重な土地を有効利用しないのか日夜プロ市民がディベートしているが、実はあの空間は暗黒物質で満ちており、穴をあけたら恐怖の大王が復活するのではないかと言われている。

史上最強の地下鉄なのでまぁ多少分からないことがあっても「それはカオスだから」で済みそうだが。最強の地下鉄とはいえ、⑨の会社が作った⑨な路線である。

脚注[編集]

  1. ^ 有楽町線とホームは別。昔は新線池袋駅と名乗っていた。
  2. ^ だけど、千川駅と要町駅の開業は1983年。そのときにあらかじめ副都心線ホームも作ってしまったらしい。そのため、新しいけど古いホームである(PHP研究所『東京メトロのひみつ』より)。
  3. ^ 2層構造になっており、和光市方面のホームは東京メトロで4番目に深いホームである。
  4. ^ ただし、森林公園まで行く電車は少なく、川越市止まりが多いので注意。
  5. ^ JRに対抗しようとしているとしか思えないが、対抗になっていない。
  6. ^ 「東上線内 F急行」「西武線内 F快急」と表示してくれる。
  7. ^ 簡単に言うと、山手線が1周の1/156の距離を走るほどの時間待たされる。
  8. ^ 1位は西ヶ原駅、2位は志茂駅。乗換駅の中では1位。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「東京メトロ副都心線」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)