村正

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「村正」の項目を執筆しています。
「またお前か…」
村正 について、徳川家康

村正(むらまさ)とは三重県の刀鍛冶が作った多少マシな普通のである。刀自身が非情に神経質な意思をもっており、その昔、ほんのちょっとした事がきっかけで徳川家の人間に恨みを抱くようになった。その後は刀匠である千子村正の意思とは関係なく、徳川家を呪いまくった妖刀である。使用すると徳川家の人間に防御力無視のダメージと即死効果を与えるマジックアイテムとしてコンピューターゲームに頻繁に登場する。

なお最近の村正は徳川家は許したが、自分の名前を間違えて登場させたウィザードリィおよびWizフリークを恨んでいるようである。

徳川家との因縁[編集]

村正は現在の三重県で作られ、非情に美しく強靭で切れ味がよく、その上お値段もリーズナブルな刀として人々に大変愛されていた。村正本人もその評判に悪い気はせず、それどころか誇りにも思っていたようである。しかしある日、市で売られていた村正は偶然通りがかった時宗の遊行僧徳阿弥に手にとられ、徳阿弥が「なんだか貧相な刀だなあ」と感想を漏らしたのを聞いてしまう。徳阿弥に悪気があったわけでは無かったが、村正はその事に深く傷ついてしまい、悩むようになり、そして徳阿弥に逆恨みをする事に決めた。

その後、徳阿弥は三河の土豪の娘を孕ませ、まんまと松平家に居座るようになったが、村正はかつての恨みを忘れる事なく復讐の機会を狙っていた。やがて徳阿弥の遠い子孫である松平清康の代になり、ついにそのチャンスが訪れたわけである。村正は松平氏の家臣である阿部正豊に持たれていたが、偶然陣中で馬がいななく声が聞こえたのである。村正は阿部正豊に「ほら、今のはお前の父親が清康に斬られた音だぞ。ハハハ」と冗談のつもりでささやいた。しかし阿部正豊はこれを本気にしてしまい、その場で突っ込み松平清康を斬り殺してしまう。流石に村正も「まさかマジでやるなんて…」とちょっと焦ったが、「俺が受けた侮辱はこんなもんじゃないぞ」と再度恨みの炎を燃やし始め、その上「俺様にはこんな力があるんだぜ、恐れ入ったか徳阿弥!」と天狗になってしまうのであった。

その後も村正は口先三寸で松平家に被害を与え続ける。次期当主の松平広忠を暗殺してみたり、そのさらに次期当主の徳川家康の嫡子松平信康を介錯してみたりとやりたい放題であった。信康を切腹させたときにおいては、信康を介錯しようとする服部半蔵に、村正が「斬っちまえ、徳川の奴らは皆殺しだぁ」とうっかり漏らしたため、それを聞いて怖くなった半蔵が泣き出し、刀を落としてしまう始末になった。

ここにいたって流石の徳川家康もヤバイと思い、またどうやら村正が原因と考えたようで、村正に謝罪して呪うのをやめてもらう事にした。しかしながら、すっかり天狗になっている村正は家康の願いを突っぱねてしまう。しかしこれがまずかった。家康は既に三河の小大名ではなく天下人であったのである。家康は村正を追放して少し頭を冷やす事に決め、村正禁止令を家中に出し、諸大名も村正を遠慮し始めたのである。これに対し、今度は村正が激怒してしまう。家康が追放した村正は回りまわって真田幸村のようなヤバイ人間の下に行き、家康の本陣へ村正片手に突っ込んでくる始末であった。以降、徳川家康と村正の不毛な戦いは続く事になり、奇妙なエピソードに事欠かない。

また家康の忠臣である本多忠勝の名槍蜻蛉切が、実は村正である事を知った家康は凄い剣幕で忠勝の屋敷に行き縁起が悪いので捨てるように命令したが、本多忠勝に「殿、何か問題でも?」と指の骨をボキボキ鳴らしながら答えられたので捨てさせるのを諦めたという事件もある。村正(蜻蛉切)のほうも忠勝にバキ折られるのが怖いので特別悪さはしなかったと伝えられる。

こうして生涯のライバル関係となった家康と村正であったが、別れは突然訪れる。家康はある日天麩羅を食べた後にポックリと逝ってしまったのである。村正はせいせいしたとも思ったが、ライバルが消えた瞬間ふと自分の恨み言にむなしさを覚え、徳川家を許してやる事にした。家康と村正とは、いつのまにか奇妙な友情で結ばれていたのである。これ以降、由比小雪や倒幕の志士達など徳川家に仇なす連中はこぞって村正を買い集めたといわれるが、これらの連中の持つ村正は既に徳川家に恨みなど抱いていなかった。現在の村正は名刀として大事に保管され、家康との楽しかった痴話喧嘩に思いを馳せているとともに、ウィザードリィに対する復習計画をひっそりと練っている。

関連事項[編集]