本多忠勝

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「家康もこの者がいたから苦労したのだな。どれだけの金で宥めたのかと聞くと想像できんな。張飛と同じくらいの強さって言ってみたけど、ガチで張飛と闘ったら張飛を瞬殺しそうだな。」
本多忠勝 について、織田信長
張飛の如く、徳川に過ぎたるもの二つ在り唐の頭」と謳われた平八郎。

本多 忠勝(ほんだ ただかつ、1548年 - 1610年)は、戦国・江戸神話における四人の守護神である四天王の一人であり、通称は平八郎、幼名は鍋之助本多忠豊の孫、本多忠高の子、本多忠真の甥。真田信之(旧名:信幸、信繁の兄)は女婿(娘・小松姫こと稲ちんの夫)に当たる。

徳川家康鳥居彦右衛門とは『桃園の誓い』を結んだ仲である。また、本多正信本多正純父子、本多作左らは同族にあたる。

彼は槍投げ、棒高跳びなどを得意とするスポーツ選手である。いや選手と言うより戦いの神である。即ちそれはヘラクレスオーディンとガチで戦えるほどの強者であるということになる。恐るべき戦闘力を誇り忠勝自身は生涯一度の傷も負わなかったことなどから呂布と同様に「立ち向かってはならない」人物の一人であると思われる。またヘラクレスエンジンを動力とした精密機械であったという説もあり、一部の絵巻物には腹部や腕からビームやミサイルを発射しているような忠勝の姿が描かれている。

戦闘力[編集]

一個師団だろうが二個師団だろうが忠勝を止める事は出来ないと言われている。近代技術を結集させた最新鋭の軍艦や戦車でも忠勝の前ではただの鉄屑同然であり、折り紙のように折りたたまれてペッシャンコにされてペットボトルと一緒にリサイクルされてしまう。当然スカウターで戦闘力を測定すると、スカウターがぶっ壊れる。ドラゴンボールの後半でスカウターが登場しなくなったのは忠勝の戦闘力を察知してしまったがために全てのスカウターがぶっ壊れてしまったからだという見解が根強い。

そのあまりの強さは世界各国の独裁者たちにとっては垂涎の的であり、ブッシュプーチンも忠勝を引き抜こうと大量の金を出して彼を自軍に引き入れようとしている。無論忠勝はそんな浅はかな手段で引き抜けるような漢ではないが、ブッシュ達は信長の野望でしかサムライたちの世界を知らない為どんな侍でも金をつぎ込めば引き抜けると思い込んでいる。実は家康にベタ惚れしてるため、どう頑張っても引き抜けないのだとか。ちなみに忠勝の第一子にして一人娘の稲ちん(小松姫)は美貌であったが父と異母弟の本多忠朝(忠勝の次男)に勝るとも劣らない戦闘力の持ち主で、夫の真田信之はヒーヒー言わされていたとか。一方、長男の本多忠政嫡孫本多忠刻父子は凡人だったようである。

ちなみに彼の槍の先にとまった蜻蛉が一瞬で細切れになったと言う驚くべき逸話があり、その為彼愛用の槍は「蜻蛉切」と呼ばれた。でも昆虫採集には不便そうだね、とおホモ達友達の榊原小平太は語っている。 この「蜻蛉切」は天下三名槍のうちの一つであり、刀身に写した対象を割断するというトンデモ兵器だが、忠勝にとってはただのサイドアーム扱いである。

家康を裏切れば踏み潰すビッグフット。実際に娘婿・真田信之兄弟もろとも処断すると家康がダダをコネ出すと、忠勝は「信之だけお許し下され!さもなくば殿と戦場であいまみえん!」などと家康を倒そうとする有名な話がある。

本多忠勝の強さの秘密は決して敵の攻撃を喰らわない所にあり、本多忠勝はホログラフだ、いや、実は幻と闘わせられていたのだ、いや、実は戦闘ロボットだという様々な説が流れたが、実は本多忠勝の真の強さは超高速移動を可能とするその健脚にあった。韋駄天かアルゴス殺しかという忠勝のスピードの前では何をしてもかわされてしまう。また、アラレちゃんの真似をして両手を伸ばしながらキーンとしていたら、揚力で体が浮き上がってまるで飛行機のように吹っ飛んだという記録がある。 一部の説では、キャノン砲とブーストをつけドリルのような槍を使いプラズマで体を守ることができ、全身サイボーグなのできずつかなかったのではなく、きずつけられなかったと言う説がある。

無双OROCHIの彼は数少ない呂布立ち向かう戦闘能力を誇る。従ってお互いに未知の領域に達している事から必ず区別の対象になり、ましてこの2人がチームを組めば遠呂智の世界も崩壊する。そう、本多忠勝に立ち向かってはならない

オリンピックにおける忠勝の活躍[編集]

主に棒高跳びや槍投げで金メダルをことごとく日本のものとしていった。しかし、あまりに強すぎる為ドーピング疑惑、サイボーグ疑惑、超サイヤ人疑惑、身長156cm疑惑などが浮上し、ヨーロッパ各国の妨害工作もあいまって出場できなくなってしまった。しかし現在でも江戸城の一角にあるトレーニングルームで来たるべきワンチンオリンピックを目指して特訓しているとか。

惚れた家康を護衛した逸話[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「本多忠勝」の項目を執筆しています。
歴史の渦に巻き込まれる! この項目「本多忠勝」は、歴史に関連した書きかけ項目から歴史に残る記事進化しなければならない。
歴史は今作られている!君の名をこの記事(の履歴)に刻むのだ。 (Portal:スタブ)