未亡人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「未亡人」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「未亡人」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「未亡人」の記事を執筆しています。

未亡人(みぼうじん)とは、枷から解き放たれた女性である。


概要[編集]

アメリカの身綺麗な未亡人。

未亡人は一度(或いは複数回)結婚し「」となった女性から、結婚と共に付随した余剰パーツ(と呼ばれる事が多い)を「死別」という形で引いた姿である。若い未亡人も希にいるが、大抵は高齢になって未亡人にクラスチェンジする。

夫は主に資金補填や性欲処理等を担当するが、その存在は嫁に取って大きな負荷になり続ける。その為、それを失って未亡人となった元嫁はその行動範囲等に制限がかからなくなり、自由気ままに行動する事が出来るようになる。家事に忙殺されることも旦那の世話もなくなり、また未亡人の多くは子供が巣立っている為そちらの手間もなくなる。殆どの枷を外した彼女らは非常に長生きするが、逆に夫が嫁を失った場合は短命になる傾向がある[要出典]

中には死別を悔やんで嘆く未亡人もいるが、「日にち薬」と言うように歳月に傷を癒やされて明るく笑い飛ばせるようになることが殆どである。いつの時代もどこの国でも、女は強いのだ。

未亡人になって解禁される行動の例[編集]

恋愛
結婚中は当然恋愛は御法度だが、配偶者が死んでしまえばこっちのもの。若いツバメを侍らせようが茶飲み友達を増やそうが誰も責めはしない。
また恋愛により女性ホルモンの分泌を促すことは認知症改善の効果があるという調査結果も出ている。とある老人ホームで若いイケメン介護士を入れた所、女性陣が目に見えてイキイキし出しリハビリにも積極的になったという。人間、幾つになっても色恋は捨てられないのだ。
長期旅行
友達同士で連れだってババ旅…もとい女子旅。どうせ一人だから、身軽にあっちこっちへ旅が出来る。
途中で必ず誰かが「冥土の土産」「これが最後だから」と当事者たちしか笑えない年寄りジョークが飛び出すのも御愛嬌。自分達はゴキゲンで言っているのだから、何の問題も無い。
怠惰な生活
店屋物や家事代行のお世話になろう!!
社会機構がいかに便利か、ということを実感出来る。家事なんかしなくても大丈夫です。誰が咎めるわけでなし、今まで苦労した分楽をしよう。外出するときだけちゃんとブラすれば問題無い、近所だったらスッピンでもいいじゃないか。


問題点[編集]

とにかく出費が大きい
金で何でもどうにかなる世の中とはいえ、だからこそ出費は怖い。夫の遺産や年金がみるみる内に溶けて無くなり、気がつけば老後破産の可能性もある。実際、未亡人による金銭関係の法律相談は年々増加傾向にある。ゆめ、警戒を怠らないこと。
人間関係が面倒なことになりがち
特に恋の華が狂い咲いた場合、周囲との関係がメチャクチャになる事がある。更に生活の乱れからも近しい人々との関係が悪化しやすい。たまには自省しておくべきだろう。
相方がいないため、健康管理が滞る
夫は基本的に役に立たない生物だが、お互いに監視しあう事で心身の変化に気付き易いという効果がある。それが無くなるとやはり健康管理が不安になるため、未亡人になったら年に一度は人間ドックへ入ることを強く勧める。

関連項目[編集]