木村拓也

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

木村 拓也(きむら たくや、1972年4月15日 - 2010年4月7日。身長1.108974359hyde)とは、北海道日本ハムファイターズ広島東洋カープ読売ジャイアンツに所属していた『投手以外のすべての守備位置が守れる』というプロ野球界における守り神である。いっその事、投手もやってほしかったと思うのは全プロ野球ファンの総意。追悼試合の時に息子が「KIMURA 背番号0」を着てマウンドで始球式を行ったことにより彼の遺伝子は全ポジション出場を達成。スゲェーよ、キムタク・・・。

ただ、守備位置をたらい回しにされただけならまだしも、所属球団もたらい回しにされてきた。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「木村拓也」の項目を執筆しています。

幻の1球団目[編集]

木村拓也は赤い激貧球団内野手として入団し、その後に塵売に華々しく移籍したと思われがちである。

でも、実は1990年北海道でこそ黄金だが、東京時代は真っ暗闇な球団遠投120m、50m5秒台の俊足強肩捕手として入団しているのがホント。ただ、余程の野球好きでないと知らないくらいの黒歴史のため、ココでは下積みで終わっちゃった。なお、外野手に取り組んだのは、この球団での話だそうな。

飛躍の2球団目[編集]

1994年のオフには赤い激貧球団へ物々交換で弾き出されて来た。しかし、そこで監督をしていたピーコから気に入られ、二塁手の守備位置を獲得した。スイッチ・ヒッター転向も、この激貧球団時代である。

なお、糞オーナーが居る球団では移籍当初、ペテン師おじさんの引退以降は不在化していた捕手としての起用という話も有った。木村拓也にとっては、それが1番だったんじゃないだろうか?

しかし、退場が仕事という茶色が監督になった頃には、二塁手として次第に打球の飛ばない子供が使われ始めた為、干されていってしまった[1]

出直しの3球団目[編集]

そして2006年のシーズン途中に突然、もう分からないとの交換というタダ同然の条件で塵売へ放り出されて行った。しかし2007年には、何食わぬ顔で二塁手の守備位置をブン獲った上に、2009年9月4日にはスッカリ忘れていた捕手までやってしまった。

そこで3人もの投手を継ぎ込む原監督の無茶振りを全く意に介さず、コーチのサインを無視して急造捕手が自らリード。元・西武の守護神や、元ロッテの中継ぎ、いまひとつ冴えないモデルの元彼それぞれに、強気のインコース要求。3投手に首を振らせない強権を発動。おまけに、10年振りだろうと151km/hの速球をシレッとキャッチ。普通ならガッツポーズの一つでもしそうだが、何事も無かったかのようにベンチに下がるその姿は、まさに漢。おかげで、1イニングながら無失点の働き。実況からも監督からも、投手を差し置いて褒めちぎられた。…ってか、正捕手になったほうがいいんじゃね? この延長試合で一番オイシイ所をもっていった、その姿に全俺が号泣。ただでさえウサギ小屋での対戦成績の悪い、ふにんきツバメ達は悼たまれねえ。

その後、チームがリーグ三連覇と日本一に上り詰め、1番オイシイ引退を飾りなすった。

翌年の2010年、コーチとなった木村は更なる守備の極意を学ぶべく、冥界ベースボールを観戦しに行ったが戻ってくることは無かった。皮肉にも古巣赤い貧困球団戦前だった。 全野球ファンorz。誕生日間近の37歳という若さで、野手としての守り神から“野球界の守り神”にランクアップを果たした。合掌。一部には「TBSのせいで死んだ」といううわさもある。


この世から去っても、何でも屋のスキルで、自分の追悼試合で谷に逆転満塁ホームランを打たせるなど、もはや人外魔境。だが、その年の塵売はその追悼試合で木村の魔力を使い果たして優勝できなかった、というオチもついてしまった。

人物[編集]

いい人なのかは分からないが、責任感がある人[2]のようなので、上記の通り守備位置をたらい回しにされ、また審判に暴言を吐き退場されることもある。

なお、木村拓哉と間違われがちでニセモノ扱いされたりするが、実際はこっちが本物であるし、身長だって こっちの方が高い。ちなみにhydeの身長は156cmである。

ちなみに、日本テレビ系列の野球中継のディレクターには木村拓也という人物が実在する。

主な人からの言葉[編集]

「絶対正捕手はやらないでくれ。セはDH無いから。」
木村拓也 について、うなぎ犬
「アンタがいると、こっちの出番が無くなる。」
木村拓也 について、うなぎ犬以外にも守備に不安のある同僚選手一同。
「守備ではお前しか頼れる奴がいない。」
木村拓也 について、馬鹿大将
うなぎ犬より捕手が上手いからオッケ~~~~~~~イ!!!」
木村拓也 について、古田・オッケイ・敦也
「もう正捕手で良いよ。」
木村拓也 について、巨人ファン。その1
「何なら、クルーンに替わる抑えでも良いよ。」
木村拓也 について、巨人ファン。その2
「一番長く在籍していたのはカープなのに、あたかも生え抜きみたいな扱いするなよ巨人ファンは。」
木村拓也 について、広島ファン

脚注[編集]

  1. ^ ヘルニアとか、腰も悪かったんだって。
  2. ^ 2008年花火飛び交うウサギ小屋で行われた阪神戦において、横山光輝マンガとは違って、リモコン不要の鉄人が放った左翼線のポテン安打に対し、左翼を守ってた褐色のホームラン芸人や遊撃の東大受験生ではない坂本ちゃんが追っかけないので、3塁を守ってた木村が捕りに走った。でも、ガラ空きの3塁を1塁走者に狙われた。

関連項目[編集]

この項目「木村拓也」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)