木更津市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「木更津市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「木更津市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「木更津市」の項目を執筆しています。

木更津市(きさらづし)は、房総半島の中西部に存在する巨大な遺跡群である。古代、ここには巨大な都市が栄えていたとされる。

概要[編集]

房総半島の中西部、東京湾に面した土地に存在する巨大遺跡、木更津市。海に面した地理によりかつては交易で栄え最盛期には約13万人弱の人々がが定住していたとされている。 木更津市は千葉帝国における主要な都市であり、重要な軍事拠点でもあった。また、北には東京湾横断道路を、南には千葉帝国有数の製鉄所として栄えた君津製鐵所を、東には当時最先端の科学研究所であるかずさアカデミアパークを抱えていた。また、西には東京湾有数の干潟である盤洲干潟小櫃川が存在し、自然と科学を両立した古代の先進都市であった。

東京湾アクアラインの効果を(悪い意味で)すべて受けてしまった不幸な都市という伝説が伝わっている。かつて駅前はデパートや多くの商店で賑わいを見せていたが、そのすべては消え去り死んでしまった。町起こしと称して、イオンやユザワヤなどの大型商業施設を誘致したが、それらもまたことごとく、廃墟の中に飲み込まれている。 テレビドラマ(およびその映画晩)「木更津キャッツアイ」においては、普通の田舎町としての描写がされているが、それらはすべてかつての賑わいを知る老人からの聞き取りによって描かれたものである。市内には撮影が行われた町並みが存在するが、それはドラマおよび映画のセットとしてかつての町並みを復元したものであり、太秦と同様所詮は作り物である。このセットをテーマパーク化するという企画も存在したが、それもまた廃墟の中へと飲み込まれてしまった。今となっては更に下った君津のほうが栄えているという体たらく。

歴史[編集]

木更津は帝国の形成の歴史と深くかかわっていたとされている。木更津という市名は、帝国神話において倭建命(ヤマトタケルノミコト)が東征した際、妻である弟橘媛(オトタチバナヒメ)が東京湾に身投げしたのを嘆き詠んだとされる「君さらず 袖しが浦に立つ波の その面影をみるぞ悲しき」という歌に由来しているとされている。廃藩置県によりその後木更津は木更津県となるが、およそ二年後に千葉県に編入され木更津町となった。その後市制を実施、木更津市となった。大日本帝国との交易のために東京湾横断道路が建設された。

地理[編集]

西は東京湾があり、かつて「かずさアカデミアパーク」というものも存在したが、所詮は時代のあだ花であり、一発屋として頓挫し、これもまたあとは特にない。せいぜいが氣志團ぐらいである。

遺跡[編集]

  • 木更津駐屯地跡 木更津市北西部に残る駐屯地跡。ここには千葉帝国軍木更津部隊が配備され、最盛期にはヘリコプター母艦四隻が配置されていた。
  • 東京湾横断道路 木更津市北西部に残る巨大な道路。大日本帝国との交易のため建造された。大日本帝国との国境分岐点には海ほたるパーキングエリアがある。
  • かずさアカデミアパーク跡 帝国の主要な企業の大規模な工場がここに置かれ、長年にわたって帝国軍用の銃や手りゅう弾が製造されていた。現在でも付近からはここで製造されたと思われる爆弾や不発弾が発見されている。現在は周辺の廃墟の中へと埋没している。
  • 久留里線 東には昔懐かしさを醸し出すローカルな線しかし非電化で盲腸であるため手術が必要なのである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


この項目「木更津市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)