木久蔵ラーメン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「木久蔵ラーメン」の項目を執筆しています。

木久蔵ラーメン(きくぞう- )とは、常に在庫がなくならず常連客も皆無なのに倒産しない史上最強のラーメン屋である。

「山田君、あのラーメン屋を痛み付けましょう。」
木久蔵ラーメン について、桂歌丸JR東日本
「ダメなラーメン屋の見本だな!」
佐野実

目次

[編集] 解説

林家木久扇(旧名:林家木久蔵)が経営するが、このラーメン屋の赤字の話はあまり笑点には出てこない。ものすごくまずいという話だが、それでも倒産しない。

実際は国内主要駅、空港インターネットでも販売されているほか、スペインでも購入可能である。これだけ出店していたら経費がかさむのは間違いないが、それでも倒産しないのだから、木久扇はある意味経営の天才である。

[編集] 倒産しない謎

木久蔵ラーメンと同じようなラーメン屋に肥後克弘肥後ちゃんラーメンがある。こちらも客が入らないのに倒産しないというカラクリがある。というのは、肥後ちゃんラーメンでは中国人従業員が、週5日フルタイム勤務で月給5万円前後と不当な低賃金で働かされているのである。木久蔵ラーメンも同じように従業員を冷遇している可能性がある。しかしそれでもなお、ラーメンが売れなければ破産する。木久蔵ラーメンは売れているのか?

答えはYESである。日曜夕方の国民的テレビ番組笑点でたびたびネタにされる木久蔵ラーメンである。怖いもの見たさに、あるいはネタとして、一度は食べてみたいと思わないだろうか?おそらく日本人の3人に1人くらいは食べてみたいと答えるに違いない。「本当に食べてみたいですか?」と問うたとき、「本当に食べたいです」と答えるのは30人に1人くらいかもしれないが、それでも日本人のうち実に400万人が一度は食べたいと思っていることになる。400万人のうちリピーターはいなかったとしても、開店から400万食は売れることになる。当分の間は安泰といえよう。だが1982年開店だから、さすがにリピーターがいなくては今までやってこれるはずがない。まずいまずい木久蔵ラーメンにリピーターなどいるのだろうか?

答えはYESである。UnBooksの『まずい蕎麦屋がはやる理由』を読んで欲しい。人の往来が激しい場所の中にあって、手早く食事を済ませたいビジネスマンにとって、まずかろうとなんだろうと並ばず入店できて安くあげられる店はそれだけで価値を持つのだ。木久蔵ラーメンは東京駅や羽田空港、日本テレビなどにあるのだが、それは味に自信のある名店だから好立地に出店しているわけではない。人の往来が激しく、観光客も多く、しかしビジネスマンも多い場所、つまり『まずい蕎麦屋がはやる理由』に書かれている条件がずばり当てはまる場所だから出店しているのである。そしてまた、木久蔵ラーメンは「まずい」という条件も満たしているので、今日まで潰れることなくやってこれたのである。ちなみにラーメンは支那蕎麦ともいう。

[編集] 全国のまずいラーメン屋

木久蔵ラーメンに限らず、世の中にはまずいまずいラーメン屋というのがごまんとある。上で挙げた肥後ちゃんラーメンもそのひとつである。他にもスーパーで売っているようなスライスハムを叉焼と称したり、麺が伸び伸びだったり、スープにきめの粗い油がダマになっていたり、まずいラーメンを出す店は枚挙に暇がない。なぜそんなにもまずいラーメン屋があるのか。

それは林家木久蔵(当時)が全国ラーメン党を結成したことに由来する。カップラーメンが爆発的に普及し、まずいラーメン屋は絶滅の危機に瀕していた頃のことである。全国のまずいラーメン屋の店主が団結し、木久蔵を中心にして、まずいラーメン屋が潰れることのデメリットを説いて回った。

  • まずいラーメン屋の店主・従業員家族が失業する。そうすると消費が冷え込み、産業が停滞する
  • 商店街のラーメン屋のシャッターが降りたままとなり、商店街が廃れる原因となる
  • まずくても一応ネギもやしがたくさん入っているし、カップラーメンよりは栄養価が高い。だがラーメン屋が潰れると、みんながますますカップラーメンに頼ってしまうので、不健康になる
  • ドリフや笑点の、まずいラーメン屋、潰れかけのラーメン屋ネタがリアルすぎて笑えなくなってしまう

とくに4つ目の事態を危惧した全国のおっさんたち(肥後ちゃんラーメンでいうところの、志村運送志村社長)は、週に何回か近所のまずいラーメン屋に通うことになったのである。こうしてまずいラーメン屋は今も生きながらえている。

[編集] 関連項目

Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
Dish.png この木久蔵ラーメンは、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス