朝鮮民族 (UMA)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「朝鮮民族 (UMA)」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。
人間と外観上同じに見える肉体を持ちながら精神と脳の構造は畜生にも劣る・・・明らかに人類じゃない」
朝鮮民族 (UMA) について、或る人類社会進化学者
「お前ら人間じゃねえ!!!」
朝鮮民族 (UMA) について、タケシ
「許さんぞ、人間のクズめ!!!」
朝鮮民族 (UMA) について、ハチク
「どうしても人類に進化する事がない、人類とは別生物の様だ」
朝鮮民族 (UMA) について、翻訳機を用いている或る日本人
朝鮮民族

朝鮮民族(超汚染(賤)愍辱・挑戦愍辱、チョオセンミンジョク)とは、チョウセンヒトモドキを指すものであり、外見こそは人類に若干類似しているが、99.99%異なる遺伝子構造を持ち、生きた化石と称される生物にも著しく劣り、「親兄弟構い無しに行う」或いは「小便人肉を喰らう」事で数千年も退化し続けてきたのに「歴史を作り変える」など類まれなるチャレンジ精神を持つ、ハエゴキブリと近縁の生物である。人間社会に溶け込んで生活しているとされている。実在する朝鮮民族(朝鮮半島に住んでいたとされる民族)とは関係がなく、系統上では濊(ワイ)族(エベンキ族の支族で小便で洗顔)に位置する。なお食性はハエ、ゴキブリと同じである。


特徴[編集]

  • 他人の排泄物を食べてその人の健康状態を知る嘗糞朱子学の訓えに則り親の所有物である上で女子の妊娠可能性を証明する為に行う試し腹、身体障害者を装い理解を深めながら啓蒙活動を行う演劇病身舞といった、朝鮮以外の人類史では決して見られない様々なチャレンジ文化を持つ。
  • 多くの文化の起源となる事にチャレンジし、実際に世界中の文明の起源になったと主張している。研究者によっては、これは達成する事のできぬ挑戦であり、その事に本人たちも薄々感づいているが、他民族への劣等感がチャレンジ精神の源となっているとしている。
  • ネガティブな考えを極端に排除し、とにかくチャレンジしようという思考が強い。その行動はヒトモドキであり、自分が加害者でも被害者であると思うほどである。
  • チャレンジ精神の過剰さゆえに、しばしば集団で行動し、他人の迷惑を顧みずに倫理的に問題のある過剰な方法で自らの主張を押し通そうとする。
  • 繁殖力が強く支那領朝鮮自治区を中心に世界中に広く分布している。人類と染色体の数が同じ為、異種間交配が可能でチョウセンヒトモドキによる強姦問題が深刻化している。
  • この生物は韓国人の近い祖先ではないかと言われている。
  • 核武装して日本を核攻撃して滅亡させるのが民族の目標であり。日本がいる限り朝鮮民族は統合されないと言われている。
  • 垂直に崇拝し垂直に見下す半万年の歴史を経たその心掛けは、他の人類に例を見ない素晴らしい団結力を生み出している。
  • 民族内から世界大統領を排出し、或る意味これまで人類が経験しなかった方向へと導いている。
  • 1,200年以上も支那人の奴隷民族であったため著しく精神構造が歪んでいる。現在も支那の皇帝から下賜された太極奴隷旗を大切にしている。
  • この世で最も下賎で汚く卑しい、みすぼらしい存在である。

見分け方[編集]

朝鮮民族(挑戦民族)は数多くのチャレンジにより、ついには人類に擬態することに成功したと言われる。研究者達は、彼らが「目が細く釣り上がっている」「顔面の中央が凹んでいて下顎が突出」「頬のエラが張っている」「ブサ犬の如し」「オスの生殖器は勃起時で最大9cm」「オスは強制的に交尾行動をしようとする」「メスは常に交尾を求めて世界各地の人間社会に紛れ込む(世界1位の売春大国)」など、種としての固有の特徴を備えている。

人類と朝鮮民族(挑戦民族)を確実に区別する基準は、を喰うか否か」であるとされる。を喰えば朝鮮民族」という、恰も「サングラスを通して見たらエイリアン」を髣髴とさせるようなゼイリブ的手法により朝鮮民族を明確に区別するという主張である。尤も実際にこの手法で「朝鮮民族」を発見したという報告はない。

また、「挑戦的」である事が朝鮮民族を見分ける特徴であるとも言われるが、こうなるともうわけがわからない。

朝鮮民族の生態[編集]

研究者たちの主張によると、民族特有の「群れとしての異常性」は地球生態系に致命的な損害を与えるものであり、しばしば地球にとってのガン細胞であるのだ、と表現される。

こうした意見に対しては、なぜそうした生物が地球を席巻しないのか、とする反論がある。これに対してのさらなる反論としてしばしば聞かれることは、「地球生態系は数百年に渡る年月を経て、朝鮮民族をユーラシア大陸東部の半島部分に閉じ込めることに成功した」とする主張である。

最強の超エリート戦士[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「朝鮮人日本兵」の項目を執筆しています。

朝鮮民族は非常に未知数な潜在戦闘力を持ち、そのポテンシャルは接し方一つで急変する。彼ら自身は根っからの攻撃的気質をしており、兵隊への志願は大人気となり入隊枠を広げても我こそはと競争率500倍を上回った。韓国の歴史を語るには、朝鮮民族の超エリートで編成した朝鮮兵の存在を忘れてはいけない。しかし入営が1944年に遅れ、輸送船が底をついて朝鮮半島の防衛に送り出せなく、日本国内で日本人に擬態してホルホルしながら生活することになった。

朝鮮人兵士は非常に危険な連鎖自爆の可能性をはらんでいるので、当時の日本陸軍は危険物取り扱い注意の通達を出している。

朝鮮兵の扱いについて(実話)
  • 「一、いつ、いかなる時でも唐辛子粉を食事に際し好きなだけ使わすこと。」
  • 「一、クソとミソの区別を徹底的に教えること。」
  • 「一、絶対に頭、体を叩いてはいけない。怨みを持って復讐する気質があり脱走の原因となる。」
  • 「一、つけあがりやすく、都合の悪い事は他人のせいにする気質の為、絶対に甘やかしたり言い訳をする機会を与えないこと。」
  • 「一、清潔な食事運搬用バケツと雑巾バケツの区別をよく教えること。」
  • 「一、危険な状況下では銃を投げ捨てて哀号! と泣き出す習癖があるから日本兵二名で一名の朝鮮兵を入れて行動せよ」
出展:古野直也 著『朝鮮軍司令部 1904‐1945』国書刊行会

こうした朝鮮民族の気質はしっかりと韓国人に引き継がれている。

関連項目[編集]