朝鮮日報

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
困った時は、酢と塩をかければ何とかなる。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「朝鮮日報」の項目を執筆しています。

朝鮮日報(ちょうせんにっぽう)とは韓国で発行されている、酢とに関する専門紙である。酢と塩の使用方法に関する記事も多い。

歴史[編集]

朝鮮日報とは「の新常的な知恵の告」の略である。 1920年3月5日に創刊。当初は酢と塩に関することは書いてなかったが、朝鮮半島においては、いわゆる「漢江の奇跡」と呼ばれる高度成長期の前後に、洗剤や化学物質の乱用による環境破壊が早くから予想されていたため、このような化学物質の使用は避け、日常生活での様々なトラブルは酢と塩によって解決するという提案がなされていた。

朝鮮日報は酢と塩の正しく便利な使用方法を、国民に周知徹底するために創刊された。

挿絵[編集]

朝鮮日報で最も重要な記事が酢と塩の使用方法であることは前述したが、朝鮮日報は挿絵も重要な記事である。この挿絵を描くためにさまが挑戦したが失敗したという裏話もある。そのおかげさまなのか、独特の味わい深い挿絵は韓国のみならず、日本にもロシアにも多くのファンを持つ。「私は挿絵を見るために朝鮮日報を読んでいる」という妄言も退屈せぬよう聞くことができる。しかしソビエトロシアでは、朝鮮日報が挿絵を読む!!

代表的な記事[編集]

愛国的紙面
  • フライパンの汚れが取りにくいときは酢をかけておくと取りやすくなる
  • 家に大勢の脱北者が来てキムチが足りないときは代わりに塩を出せば満足してもらえる
  • 致命的エラーが見つかって修正する人も時間も無い場合はハードディスクに酢をかけて遠くへ離れると良い
  • 徴兵制が導入された時は徴兵検査の前に塩の多く飲んでおくと徴兵されない
  • 開腹手術の際に悪性のガンを見つけた場合は、酢をかけておけば治る
  • 家に頻繁に読売新聞の販売員が来る場合は、塩を撒いておけば良い
  • 餃子を食べるときは醤油ラー油の他に、酢を少し入れると美味しく食べられる
  • 突然国税の調査が来た際には、大量の塩の中に危ない書類を隠しておけば良い
  • スピーカーで騒音が出る場合、酢に漬ければ良い
  • 夏の炎天下、野外で作業する場合は十分な水の他に、若干の塩を摂取しておけば熱射病になりにくい
  • 上司に見つかるとまずい資料は酢に漬け込んでおけば、翌日には読めなくなる
  • 低血圧で朝起きるのがつらい人は、塩を多めに摂取すると、目覚めが良くなる
  • ポーチドエッグを作る際は卵を沸騰した湯に入れる前に、湯に少量の酢を入れる
  • 保有している株式の価格が下落して、株を売ると大損をする場合は、塩漬けにしておくと良い
  • ソビエトロシアでは、酢がお前をかける!!
  • ㄹㄹㄹ ㄹㄹ ㄹㄹㄹㄹ ㄹㄹ ㄹ ㄹㄹㄹㄹ ㄹㄹㄹㄹㄹㄹㄹㄹㄹ!

専門外の記事[編集]

日本が関わる記事においては、数の概念すらフィクションとなる。

政治[編集]

近年では、洗剤メーカーや大手化学メーカーに買収された、政治家や市民団体が朝鮮日報を目の仇にしていることが多い。朝鮮日報は彼らに反発している。

日本[編集]

日本に関する記事には、あまりにも冷静さと中立性を失っており、事実と乖離した報道とは呼べない水準の内容との批判があるが、実は朝鮮日報の「日本コーナー」は小説欄であり、全てフィクションである。実在の日本とは何の関係もない。

ライバル誌[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]