朝鮮かるた

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情キノコが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。
朝鮮かるたの日本語版。

朝鮮かるた(ちょうせん - )は朝鮮人が考案したとされるカードゲームエクストリームスポーツである。

概要[編集]

世宗大王訓民正音を編纂した際、ウリナラを代表する文学作品の必要性に迫られた結果政府を挙げて制作されたものである。

当時ハングルを使っていたのは学のない女性白丁ばかりであり、この者どもに恋姫無双源氏物語のような長編小説が書けるはずもなかった。そこで世宗は日本で親しまれていたかるたに目をつけ、これを基に伝統工芸である朴李を行った。これによりハングルという文字の性質からその詩歌数において古今和歌集万葉集などに匹敵する詩集が誕生し、名実共に朝鮮を代表する文学作品となった。

一見非道徳的な内容が多いのは、前述したとおりDQNというべき存在の白丁たちが執筆したものであるためで、世宗自身も含めてハングルを流暢に読める王族や両班が誰もいなかったことから検閲されることなく成立するに至った。

朝鮮ではとてもポピュラーな遊びであり、朝鮮かるたをプレイする者をデュエリストと言う。韓国においては大韓かるた(だいかん - )というのが一般的である。あまりにも人気であるため、数千から一万に及ぶ原文の詩歌の中から秀逸なものを五十音に対応して五十首選ぶという形で日本語版も翻訳されており、日本でも楽しむことができる。

道具[編集]

前述の通り、読み札・取り札ともに五十音に対応しており、一音につき一セットの読み札・取り札が用意されている。

  • 読み札 - ことわざ等の短いフレーズが書いてあり、読み人(その多くは大人)が声に出して読む。
  • 取り札 - 読み札の内容を描いた絵と、読み札のフレーズの最初の音がひらがなで目立つように書いてあり、読み札を読むのに合わせて取り合う。

ルール[編集]

2人以上で行う。

  1. 取り札を平面(畳の上が多い)に広げ、取る人に見やすくする。
  2. 読み人が読み札を読む。
  3. できるだけ早く、読み札に合った取り札を叩く(はじく、または押さえることもある)。先に叩いた方がその札を手に入れる(札を取る)。
  4. 全ての読み札、取り札がなくなるまで繰り返す。
  5. より多くの取り札を取った方の勝ち。

子供が文字を覚えるための遊びでもあり、朝鮮では対象年齢は3歳以上とされている。しかし、子供から大人まで、幅広い層が楽しむことができ、朝鮮では国民的娯楽のひとつとなっている。

日本進出の経緯[編集]

朝鮮かるたは日本においては学術研究こそされていたものの長らく大衆に知られることはなかった。この状況が変化したのが21世紀初頭の韓流ブームで、マスゲーム病身舞糞舐ホンオフェなどありとあらゆる朝鮮の文化が日本に紹介される過程で当然大韓かるたも伝えられ、世界で唯一大韓かるたが流行していなかった日本中の韓流熱波に更なる拍車をかける主因となった。

青瓦台関係者によると、そもそも韓流の本当のねらいは冬のソナタチャングムなどではなくこの大韓かるたの普及を狙ったものであったそうだが、盧武鉉政権当時の行政資料が一切無い現在では、それを知る由もない。

関連項目[編集]

日章旗 【拡散希望】この項目「朝鮮かるた」をこのまま放置してしまうと、内容が反日左翼によって韓国北朝鮮中国の都合のいいものに歪曲されてしまう危険性があります。愛国者の皆様の加筆・修正日本特定アジアの魔の手から護りましょう! (Portal:スタブ) 旭日旗