朝倉義景

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ひよこ陛下
秀逸になりたがっている記事
この記事は秀逸な記事になりたがってるよ。だけど今のままだと秀逸な記事になれないみたい。秀逸にするため誰か助けてあげてくださいね。お願いしましたよ。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「朝倉義景」の項目を執筆しています。
「この人とセットで語るのはやめてください・・・・・・」
朝倉義景 について、浅井長政
「こんな奴があの乱世にいたこと自体に驚く」
朝倉義景 について、織田信長
ボンボン武将のオタク義景…

朝倉 義景(あさくら よしかげ、天文2年9月24日1533年10月12日) - 天正元年8月20日1573年9月16日))は、戦国時代と言う厳しい時代にもひきこもりNEETが存在したと言う事を証明した貴重な人物。サブカルチャー(主にエロゲ)に精通した一流の文化人でもある。仲間と勘違いして応援した長谷川等伯のパトロンとしても有名で、資金面で等伯に多大な支援をした。もし義景の支援がなければ、等伯はその辺で野垂れ死んでいたに違いない。

浅井長政とは親友、というか一蓮托生の関係で、最期まで命運を共にした…というか足を引っ張った。義景自身は一乗谷に引きこもりっぱなしだったので長政と会見した事は数回しかない。しかも、名門出で同じく優柔不断袁紹の生まれ変わりとされ、「今本初」とも呼ばれている。

戦に負けた大名は、450年経っても負け組である。[編集]

福井県民の皆さん、決してわるくおもわないように。

生涯[編集]

彼は、にとっては待望の嫡男であった為甘やかされて育ったという。柔弱な義景は他国の合戦に巻き込まれることを極度に恐れて故国越前から殆ど一歩も出なかった。ただし秋葉原にだけは毎日のように通っていた。体型は結構スリムで容姿もまんざらでもなかったらしい。引きこもりのクセに。

『ナースの大仕事』に主役で出演した。出撃をトチって、尾崎主任から「朝倉ぁ~っ!!」と毎日のように怒られている。

どうやらドラッグを吸っていたらしくまた重度のヲタ中二病患者でもあり、彼の脳内では現実の世界と妄想の世界が混同していたようである。家臣が出兵や遠征を促してもギャルゲーやエロゲーにうつつを抜かすばかりでその思考回路は現実逃避の彼方へと飛躍しており、しまいには「それなんてエロゲ?」と意味不明な事を口走って妄想の世界へ引き篭もった。しまい自分はエロゲーの主人公であり戦国大名ではないなどと世迷言をほざくまでになり救いようがない状態になっていた。ネトゲにも傾倒し、ゲームの中で城下町に自分の部下を引越し!さっさとひっこ引越し!させる分国法を制定。だが部下からは「割と嫌いでした」と告白され、分国法が爆発し、家は泥棒に入られ、転落の一途をたどった。ネトゲ界から追放され、ふたたびギャルゲーにハマるが、以前のような自慰のキレを失い、いよいよやることがなくなった。

そのため時勢や空気を読むことなど出来るはずもなく最後は織田信長に攻められ「小秋葉原」と呼ばれた一乗谷もろとも灰に帰した。合掌。なお、彼を裏切って信長に尻尾を振った一門の朝倉景鏡朝倉景健、家臣で越前の狂犬と畏怖された富田長繁やその富田に殺された前波吉継魚住景固などは、おしなべて非業の死を遂げている。偉大な義景公を裏切って魔王にへつらった不忠者を、天の配剤は許さなかったのだ。

負け組となった義景は、あの世でも勝ち組になれず、こんなところで現代の愚か者たちと同列に語られている。 その後、21世紀になると義景は娘の雪姫の直系の子孫にあたる朝倉涼子に生まれ変わった説があるとされ、前世同様に秋葉にはまっているようである。

義景のひとり娘の雪姫。とびきりの美人

義景の再評価[編集]

戦国ランスでの義景像とされるが、あまりにも%%まともすぎ%%老けているため、大叔父の朝倉宗滴の肖像とも言われる。そりゃこんなんが本物やったらあかんよな

近年では当時の日本で数少ない萌えの道に通じていた文化人として再評価が進んでいる。全世界のエロゲーの詳細を纏めた著書エロゲー大全集などを編集した功績は大きい。そして、負け組大名としての地位を再び確立させていくのだった。

発言集[編集]

  • 「今の余には室町何とかの将軍様より積みゲーを攻略する方が大事なのじゃ!」
    • 足利義昭が尋ねてきた時。
  • 「余じゃ、織田信長はどうやら我が朝倉軍とやる気らしい…」「分かっておる。奴なりの考えじゃな。ラ・ヨダソウ・スティアーナ(別れの合い言葉、意味はない)」
  • 「何で僕には妹くれないの?」
    • 盟友浅井長政が信長の妹を娶ったと知って。
  • 「出陣を拒否するのに理由がいるかい?」
    • 姉川の合戦で浅井長政から出陣を催促されて。
  • 「ギャルゲーの世界でなら負けなかった」
    • 姉川で敗北後。義景本人は出陣しなかった。
  • 「私の同胞、諸君らが信仰した延暦寺は焼き討ちされた。何故だ!?」
    • 比叡山延暦寺が焼き討ちされた後の演説にて。これに対して信長は「坊主だからさ」と一言。
  • 「ちくしょーちくしょー、完全体に、完全体にさえなれば信長如き…」
    • 再度、浅井長政から出陣を要請されて。結局このまま越前から動くことはなかった。
  • 「どうせなら可愛い女の子達に包囲されたいなぁ~」
    • 信長包囲網について、もはやその視線は現実を見ていない。
  • 「帰国と言うのは建前! 偉い人にはそれが分からんのだ!」
    • 寒さを理由に信長包囲網を放棄して越前に無断帰国したのを糾弾された時に。
  • 「積みゲー攻略すること風の如く、現実逃避すること林の如く、ビビってファビョること火の如く、越前から動かざること山の如し」
    • 正確には義景自身の言葉ではなく彼を評した武田信玄の言葉。しかしこの評に対して義景は大笑い「信玄に座布団1000枚をくれてやれ」と言ったと言う。
  • 「武田軍に敗れた信長に如何ほどの戦力が残っていようとも、それは既に形骸である。敢えて言おう、カスであると!」
    • 織田・徳川連合軍が三方ヶ原の戦いで武田軍に敗北した報告を受け、調子に乗って。
  • 「やめてよね、本気を出したら信長が余に勝てるはずないよ」
    • 武田信玄の病死によって信長に追い詰められ窮地に立たされた義景必死の命乞い
  • 「一乗谷に帰っても良いよね? 答えは聞いていない!」
    • 浅井長政を救援に出陣したものの、織田軍に大敗し退却中のコメント。
  • 「くそ~、銀様と契約さえしていればこの戦勝てるのに…誰か即効探して参れ!」
  • 「よ、余はフィールド(越前のどこかの山野のこと)に逃亡するぞ!」
    • 一乗谷城陥落時のコメント。
  • 「か、必ず後で僕にザオリクをかけてくれるんだよね?」
    • 信長に寝返った族弟の土橋信鏡に追い詰められて、自害する直前。
  • 「ワ、ワシのカワユス娘を返せー!!」
  • 「飛んで火に入る夏の虫とは貴様の事~っ! 朝倉義景の恐ろしさ、思い知れ~っ! きえ~~~~っ!!」
  • 「いにしえより名門の家系が・・・。世は、ど~なっておるのだ~?」
  • 「わたしだよ」

関連項目[編集]


歴史の渦に巻き込まれる! この項目「朝倉義景」は、歴史に関連した書きかけ項目から歴史に残る記事進化しなければならない。
歴史は今作られている!君の名をこの記事(の履歴)に刻むのだ。 (Portal:スタブ)