服装の淫らは心の淫ら

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
IeX.jpg
危険
この項目は未成年者の閲覧に相応しくないので、未成年者は親に見つからないようにしてください。
見つかった場合の責任は一切負いません。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「服装の乱れは心の乱れ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「服装の乱れ#服装の乱れは心の乱れ」の項目を執筆しています。

服装の淫らは心の淫ら(ふくそう-みだ-こころ-みだ-)とは、人間の生殖欲求に関する観察から導き出された結果である。

概要[編集]

多くの生物は成体になってからの生殖可能時期と不可能時期が明確に別れているが、人間の場合は二次性徴を迎えてから生殖機能が老化により使用出来なくなるまではいつでも生殖が可能になっている。これは人間が安定した生存環境を手にしたことによるもので、本来無防備な状態で外敵に襲われる危険性の高い[1]繁殖行動を安全に行えるようになった為個体数を増加させるため性機能が進化したのである。

しかし人類は文化文明を持つことにより、機能的な理由ではなく文化的常識的な理由から生殖行為を行う頻度が下がってしまった。生殖自体は四六時中行えるものの、相手との同意を成立させたりその後の生活等のケアを行わなければならないという不便な状態になったのである。また、可能不可能の他に「相手が生殖を望んでいるか否か」を判断することも必要になっていった。

その中で判断基準として広く使われたのが「服装」である[要出典]。相手の服装から生殖欲求の状態を見定めようとする中で、「脱がせやすい(脱ぎやすい)」「精液愛液で汚れても問題がない」「肌の露出が多く、フェロモンを放出しやすい」などの格好が「OK」のサインだという経験則が出来上がった。つまり、内面が淫らな場合は淫らな格好をするようになる。逆もまた真なり、服装が淫らになるから内面も淫らになる。「服装の淫らは心の淫ら」、それが人間の生殖行為に関する真理の一旦なのである[不要出典]

淫らとされがちな格好の例[編集]

内面の淫らさを全面に出した着こなし
ミニスカート
すぐに捲り上げて生殖行為に及べる、淫らな着衣。丈が短くなればなるほど淫らさが上がり、マイクロミニくらいになると穿いている意味がなくなるほど短い。
「下着を丸出しにしてはいけない」という社会的常識と生殖欲求の折り合いを付けた、優れた着衣でもある。
ローライズ
尻の割れ目が見えるほどズボンを下ろした穿き方。勿論すぐに全て下ろして生殖行為に及ぶ為である。
男女双方が用い、街中でのアピールに使われる。
乳袋
上の着衣を思いっきり密着させ、乳を包み込み着方。巨乳でなければ不可能[2]
勿論おっぱいをアピールして男性を盛らせる為のもの。
着崩し
釦を留めなかったり襟をだらしなく開いたりする着方全般を示す。まるで服を脱ごうとして中断したかのような姿で「これから生殖行為に及んでも構わないので、すぐ脱げるようにしています」というアピール。
だらしなさを全面に出す事で尻の軽さをもアピールし、後腐れなく生殖できる相手だと示すことが出来る。

脚注[編集]

  1. ^ 草食動物の場合、性交時間も一分程度で終わらせることさえある。
  2. ^ 並の巨乳では難しい。乳だけで顔くらいのサイズが理想。

関連項目[編集]

この項目「服装の乱れは心の乱れ」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。