有色人種

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「有色人種」の項目を執筆しています。

有色人種(ゆうしょくじんしゅ)とは、各々の色、すなわち、個性や民族性を備えた人種のことを指す言葉で、多国籍人に対してまで画一性、同一性を強要し、文化、風習、価値観の相違を断じて認めない白人の対義語である。無論、国人も有色人種に包含される。生物学の発達に伴い、カメレオンとのハイブリッドにより、周囲の環境に順応して体色を変える(なおかつ、二枚舌使いの)「有色人種」も生まれてきている。

概要[編集]

「十人十色」という言葉があるとおり、「色」とは肉眼的に見れる色彩、色調のみならず、各々の人間の個性や、人種ごとの特徴を隠喩する言葉でもある。前述の通り、白人にはこの概念が存在しないため、右に倣えの機械的行動が奨励され、規範(それの俺様ルール)を逸脱した行動は一切認められず、粛清の対象となるし、学校で個性が発揮される人はいじめの対象となり、やがてスクールシューティングを起こす。[1]

ヨーロッパ系コーカソイド以外が有色人種とされている。

白人との優劣[編集]

白人たちの間では、国人を含む有色人種は劣等種であるという考えが通念になっている。彼らによれば、色のある人間は、戦場で目立ち、敵の格好の的になってしまう[2]、しかし自分達には色がないため、ステルス性が高く、戦場で敵に索敵され難い、ゆえに自分達の方がはるかに優れているのだという。どうやら白人は白と透明の区別の出来ないようである。

矛盾点[編集]

彼らが有色人種としている、アラブ人、インド人も白人「コーカソイド」であるが、これについては、自分たちに都合のいいように有色人種としているのである。

皮肉なことに、彼ら白人が体系化した「自然科学」によって、白人は「黄色人種」(日本人や中国人)よりも、黒人に近いことが明らかになってしまった。したがって、本来ならば日本人や韓国人といった黄色人種が、白人あるいは黒人を差別するというのが、彼ら白人がでっちあげ優生学を適用するならば筋道が通っていることになる。

支配関係[編集]

大航海時代以降、ヨーロッパ系コーカソイドが殺人兵器において、他の人種よりも優勢だったがために、不幸にして我々黄色人種は、白人の支配を受けてきた。しかし「黄色人種」である我々は知能の高さで、ばん回しつつある。おまけに、その白人どもが保有する兵力は、彼らが奴隷として酷使していた植民地の有色人種から強奪したものである。つまり、白人が自らの優等生を誇示する根拠には全くならないのである。

その証拠に、有色人種が独立志向を抱いて白人に反逆するようになると、大軍を率いて鎮撫を試み清々しいほどに惨敗している。(日露戦争)。しかもこの有色人種を押さえ込むのに白人は半世紀近い年月を費やし、他の有色人種国家含む各国と連合して孤立させた上でようやく鎮圧に成功した。

注釈[編集]

  1. ^ もっとも、いじめに関しては日本の方がはるかに陰湿で学校内に排他的な風土が形成されており、また善後策も事なかれ主義が如実に反映されているという指摘があり、この指摘を鵜呑みにするなら、日本人は有色人種でありながら下手な白人よりも白人的な行動を好んで行う傾向があることになる。
  2. ^ アボリジニは、戦場以外でも白人の的になってしまっている

関連項目[編集]