有権者

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「有権者」の項目を執筆しています。

有権者(ゆうけんしゃ)とは、詳細は定かではないが何らかの権利・権益・権力などを有する特定の人々の総称であると思われる。彼らの支援なくして日本の公職選挙を戦うことは不可能であり、政治家にとって人間といえば有権者を指す。

概要[編集]

有権者という言葉はマスコミ新聞などで頻繁に使われている。しかし、彼らがどのような人達なのか具体的に示されることは殆ど無い。とりあえず、有「権」者というくらいなので、何らかの権利や権益、権力などを有している人々であると推測できるが、その権利等の内容に触れられることはなく、もっぱら有権者という総称をもって呼称されている。

有権者の皆さん[編集]

「有権者の皆さん」とは、政治家が駅前で選挙前の吉凶占いの儀式を行う際に必ず発せられる長ったらしい祝詞の一部であり、この言葉を用いることは古代から脈々と伝わる伝統的な作法の一部である。有権者と呼ばれる人々は各政治家によって異なるらしく、場合によっては先祖代々受け継がれる氏神にも等しい存在であるため、彼らを祭るためにこのような儀式が行われている。なお、この儀式には有権者と呼ばれる人たちの怒りを鎮める効果もあるといわれるが、最近になって単なる迷信であることが明らかになった。この儀式は日本の無形文化財としても著名であり、当日は無関係の観光客が多数見物に訪れることも珍しくない。

このように政治家が最も気にかけている神のような有権者であり、彼らにお供え物を贈ったり建造物を寄進するという行為は日本の伝統的な政治の姿であった。公職選挙法や政治資金規制法といった法律はこのような美しい日本の伝統文化を破壊するものであるとして一部で問題視されている。

無権者[編集]

無権者とは、有権者の対義語であり、政治家にとってなんら価値のない人々である。正式には「有権者の皆さん」に対し、「下々の皆さん」と称されるが、大抵の場合はそもそも眼中にないため呼称されることすら稀である。そのため政界では「有権者にあらずは人にあらず」とも言われる。

有権者の限界[編集]

「さわらぬ神にたたりなし」とばかりにマスコミでもその存在をぼかされている有権者であるが、しばしば特定の人物や団体が新聞紙上に登場することがあり、明言されていないが彼らがその一角であろうことは間違いないと思われる。