有給休暇

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
有休から転送)
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「年次有給休暇」の項目を執筆しています。

有給休暇(ゆうきゅうきゅうか)とは、人事部が従業員の会社に対する忠誠心をモニターするために導入している制度。有給あるいは有休と略される。

概要[編集]

有給休暇とは、従業員が賃金を差し引かれることなく休暇をとれるという制度を、各企業の人事部が人事考課の目的に流用したものである。これにより、従業員がどの程度会社に忠誠を尽くしているか(滅私奉公度)を間接的に知ることができる。基本的に、有給休暇取得率が高ければ高いほど、人事の評価は下がる。いわば踏み絵のような制度であるが、仮に取得率がゼロであっても別段評価が上がるわけでないにもかかわらず、国内の正規雇用者の取得率は5割に満たないのが現状である。なお非正規であっても制度上は有給休暇が存在するが、取得資格が得られないため使用することは出来ない[要出典]。その為総労働者数の4割が非正規である日本において、総有給取得率は3割を下回っている。海外では滅私奉公思想がなく社員の忠誠心も無いため、取得率は9割を越えることもある。

同時に、従業員が組織内における自分の存在価値を知るバロメーター的な要素も持っている。目一杯に連続休暇をとってバカンスを満喫して会社に戻ってきた時に、部署内の業務が何の支障もきたさず整然と進んでいるさまを見て、「自分はいてもいなくても関係ないのか…」と愕然とし、そのまま鬱病に直行する例がよく見られる。経団連はこの状況を憂い、ホワイトカラーエグゼンプションなる制度(事実上の有給および残業代の廃止)を導入して、従業員の一層の健康と福祉の向上に配慮する計画を立てている。

関連[編集]