月極駐車場

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
月極駐車場株式会社
Geckyock Parking Co.
種類 株式会社(非上場)
本社所在地 330-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町3丁目12番10号
設立 1894年(明治27年)1月4日
業種 駐車場管理・土地開発業
事業内容 駐車場管理および開発
資本金 35兆1300億円
売上高 非公開
従業員数 20000人(連結)
決算期 3月
主要株主 非公開
関係する人物 月極家山口滋
初代会長:月極正太郎
一般的な月極駐車場
ライバルのコインパーキング社による駐車場。安価が魅力。

月極駐車場(げっきょくちゅうしゃじょう)とは、月極グループにより経営されている駐車場である。フランチャイズ方式で「月極」ブランドの駐車場チェーンを展開。現在の会長は、月極力。現社長には力の養女である月極ニーチェが就任している。コインパーキング社とは、ライバル関係にある。

月極グループとは[編集]

月極グループは、日本を代表するの企業の一つ。駐車場業界最大手企業。日本国内で最も多くの土地を所有している企業でもあり、土地面積は埼玉県の面積に匹敵することを示すデータがあるという。日本指折りの有名大企業ではあるが、非上場で株主構成及び売上等も非公開のため、運営実態は不明である。なお、日本国内最大手の企業信用調査会社「帝国データバンク」によると、日本法人の月極グループ従業員はおよそ2万人で、平均年収は3000万円を超えるとされている。しかし、採用も非公開となっており、実際の従業員数は不明である。その知名度及び日常生活に密着した業態から、同社に対する企業評価は非常に高く、サントリー・竹中工務店と合わせて「未上場企業の御三家」と称されることもある。

テラメント株式会社や、株式会社定礎の関連企業といわれることもあるが、事実無根である。

歴史[編集]

この会社のルーツは明治中期にまで遡る。神奈川県に住んでいた、月極 車止男(げっきょく しゃしお)が、馬車の停車場所に困っていた華族に自分の庭を提供したのが始まりとされる。太平洋戦争中は戦車の駐車場や、飛行機の留置場又は滑走路として旧日本軍に土地を提供し、政治的な接点を作ることに成功。戦後は自家用車の本格的な普及により駐車場の需要が高まったことから月極グループは駐車場ビジネスをいち早く展開。日本最大級の企業に成長する。

近年では駐車場ビジネスで身に着けたノウハウで多角経営に乗り出し、駐車場の他にも「月極マンション「月極アパートなどを経営。地主時代からの不動産利用のノウハウを生かし、旅行代理店業務を含める[1]様々な事業を展開する一大グループにまで成長した。

駐車場戦争[編集]

明治の創業以来、月極グループは駐車場業界において、圧倒的最大手の地位を保ってきたが、2004年5月、利益率の面では業界二位である外資系業者のコインパーキング社に抜かれた。

敗因は、都市集中型の経営を行っているコインパーキング社に対し、月極グループが首位の立場に甘んじて、しっかりとした経営方針を行っていなかったこととされる。「いつも何度でも」という経営方針を掲げ、いつでも誰でも何度でも時間制で利用できる駐車場を提供するコインパーキング社に比べ、決まった相手にだけ決まった場所を契約制でのみ貸すという、昔ながらの暖簾商売に依存した月極グループの経営方針も、敗北要因と言えよう。著しい利益率のダウンを受け、五代目会長月極勇作氏は会長職を辞任、2005年8月に、勇作氏の妹である曜子氏(現会長)が就任した。曜子氏の再建下によって、利益率はやや上向きにはなっているが、まだコインパーキング社には追いついていないというのが現状である。

しかしながら、利益率の面では抜かれても、アナリストが推定している利益額においては、圧倒的な強さでコインパーキング社を寄せ付けないため、月極グループが業界一位の座から転落することはしばらくは無いであろうと、専門家の間では予想されている。また、駐車監視員制度が始まったことにより駐車場ビジネスはさらなる発展が期待されており、スケールメリットの面で同社はもっとも恩恵を受けるのではないかと分析されている。現在、更なるスケールメリットを追求する為に、同業者で、主として関西方面を中心に事業展開をしている『モータープール株式会社』との業務提携を検討している、という情報もある。

月極グループにまつわる噂[編集]

不審な死を遂げた月極一朗・四代目会長。彼の髪の毛が、現会長の曜子の服から見つかったとの情報もある。
  • 社員は等しく会社に忠誠を誓わされる。
  • 入社時には、「社内の実態は一切外に漏らしてはいけない」という契約書にサインをして、初めて入社を認められる。万が一この掟を破った場合、その社員は3日以内に消されてしまうという都市伝説が存在するが、月極グループ側はこれを否定しているため、真相は不明である。
  • 月極一族は大変激しい財産争いを繰り広げることで有名。公的には病死や事故死とされているが、少なくとも明治時代より五人の継承者の死亡状況が極めて不自然なことが判明している。その中でも明治34年に死亡したとされる月極正左衛門は豆腐の角で頭をぶつけて命を落としたと発表されたが、現代の科学の進歩によって豆腐の角で頭を打ち付けた程度では死亡事故は起きないことが判明している。
  • 最近では四代目会長の月極一朗氏は現会長の曜子氏に暗殺されたという噂も存在する。(一朗氏の遺体発見直後、曜子氏の服の袖から一朗氏の髪の毛が大量に発見された。また一朗氏の死因は急性ショックによる心臓発作と判明したが、曜子氏の袖から発見された同氏の髪の毛との因果関係は解明されていない)。
  • 日本の政財界の中心、特に自動車販売シェアNO.1のトヨタ自動車を初めとする自動車関連企業全般や国交省や道路族といった官僚・族議員と非常に深いパイプを持っている。これは駐車監視員制度の制定にも大きな影響を及ぼしたとの噂もある。
  • 最近になって土地売買を巡る訴訟やトラブルが多いとの噂も。特に江戸元禄の頃から続く超武闘派極道「台風一家」とはシマを巡って自然災害のように激しい抗争が繰り広げられているが、メディア各社に圧力が掛けられている為に詳細は不明である。
  • 月極駐車場の看板には「月極駐車場」の文字と一緒に別の会社の名称とその連絡先が書かれていることがあるが、これは子会社であるという説と広告であるという説がある。
  • 支社長の月極慢太郎氏は、両津勘吉氏と友人である。両津氏はそのことを同僚に漏らしたが信じてもらえなかった。なお、中川財閥の御曹司である中川圭一氏はそれに関して知らない振りを貫き通している。
  • 「つきぎめ」と間違って読まれることが多く、同社の悩みの種である。
  • ごくたまに「月極め」と書かれた看板も存在する。これについて広報は「そのような事実は確認していない。近所のクソガ...ゲホゴホお子様による落書きではないか」としているが、業界では近年の経営方針への反発だとささやかれている。

関連項目[編集]

  • 工事中建設(くじなかけんせつ) - ゼネコン最大手。日本全国において道路工事から超高層ビルまであらゆる場所を手がけ、この名前の立て看板を目にすることは非常に多い。またこの社のロゴはシンプルで、黄色地に黒のゴシック体で表記され、縦に書かれることが多い。また、昨今の建設業界の動態の冷え込みにより業績は決して良くはなく、近年、業界1位の座を安全第一ホールディングスに明け渡すという憂き目にも。月極定礎ホールディングスとの合併も囁かれている。イメージキャラクターは、気を付けでお辞儀をする作業員。
  • 般若ソフトウェア - IMEに必ず入っている「般」の字、これは当該ソフトウェアであるIMEというソフト及び社のトレードマークを示している。
  • 台風一家 - 九州・四国を拠点とする暴力団。主たる生業は建設業。本部は宮崎市。
  • おてもと - 割り箸製造最大手。国内92%のシェアを誇る。
  • ショーサイワウェブデ - デンマーク発祥の洋菓子メーカー。1970年代に初上陸し、現在はGTHDの傘下である。
  • コインパーキング - 1983年、関東を中心に展開した一時駐車場の草分け。創業者は、虎隠守銭(こいんもりぜん)氏。
  • 定礎 - 日本最大の不動産会社。保有ビルに「定礎」のプレートを埋め込んでいるのは有名。
  • 安全第一ホールディングス - 建築会社。全国のビル建設に関与している。
  • 株式会社字幕スーパー - 北海道を中心に展開する激安スーパーマーケットチェーン。居酒屋・冬将軍グループの基幹企業。
  • 天地無用コーポレーション
  • 有限会社非常口
  • 社団法人AED
  • IN STORE NOW RECORDS
  • Stay Tuned FM
  • OEM(総合電機メーカー)
  • 月決駐車場 - 「げっけつちゅうしゃじょう」。群馬県の一部地域などで同様の活動をしている地域会社。月極駐車場の子会社と言う説もある。
  • 小澤一郎 - マンションに執着する謎の億万長者。月極定礎を脅かす可能性のある人物としてマークされている。

外部リンク[編集]