最寄

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

最寄(もより)とは日本に存在する一行政区画の地名である。公共施設の高密度集積地として有名で、特に「最寄駅から徒歩○分」の言葉で知られる最寄駅は全国的にも知名度が高い。

 
この記事は左に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。

概要[編集]

最寄は正式には最寄区最寄市最寄町最寄郡最寄村最寄となり、日本でも珍しく市役所、区役所、町役場、村役場が一堂に会している。最寄の名前は朝廷のあった場所から朝廷地域外の他の土地に対して最も近かったためであって、畿内に対して近畿と名付けられたのと同じように中心地の最寄りという意味で最寄と名付けられたとされている。なお、読み方は「モヨ↘リ」であると勘違いされることが多いが、地名として最寄とだけ書いた場合は「モ↘ヨリ」とモにアクセントを置いて発音するのが正しい。公共施設は日本中でも数、質共に最も充実しており、「最寄の市役所で」「最寄の駅から」と言う文句は日本全国で見受けられる。

地理[編集]

近接する都道府県は、北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県。隣接する地方自治体は札幌市江別市千歳市恵庭市北広島市、等多数。

相対性理論からの研究によれば、あらゆる観測点から観測しても同様に最も近くに見えてしまう距離の特異点と呼ばれる地帯に属し、どこから見ても近接した最も近い土地として見られると言われる。

主要施設[編集]

最寄は多種多様な公共施設および企業施設が集まる施設の高密度集積地として有名である。複数地域に存在する施設であれば、ほぼ全ての施設が存在してる利便性の高い町となっており、福岡と北海道の地方チェーン店が同じ地域に存在したり、地方ブロック紙である中日新聞や北海道新聞等の販売店が同じ地域で確認できるのも最寄特有の光景である。

最寄駅
回送株式会社が運営する地方鉄道の主要駅。最寄に存在する施設の中でも特に有名なものが「最寄駅」で、利用者数こそ新宿駅に一歩劣るが日本の駅の中で最も有名な駅でありかつ日本の中心駅として扱われているため、各地行楽地また施設へのアクセスを紹介する時には必ず最寄駅からの経路、所要時間が提示される。各都道府県の都市部の建物は「最寄駅から徒歩○分」と実際には不可能な数字であっても謳い文句として利用されるほど日本最大の主要駅である。
学校、避難所
最寄の建築物は耐震強度が日本で最も高いとされ、地震や津波などの震災が起こった場合などは、多少遠い場所にあろうとも最寄の学校もしくは指定避難所に向かうようにあらかじめ指示されていることが多い。震災直後の移動は危険であるが、それでも震災などへの備えや蓄えが日本でも最も充実しているため最寄への避難が推奨されているのが実情である。

人物[編集]

出身の有名人などは特にいないが、施設に勤務する人々は非常に優秀な人材が多く、余裕がある場合には最寄の施設を利用することが推奨されている。例えば警察署でよく見られる「何かあったら、まず最寄の警察署へご相談ください。」と言うたらい回し文句はあまりにも有名である。各種公共機関の払い込みや支払いも基本的には最寄の銀行やコンビニで払い込みするように文面で記載されていることも多く、各種申請は最寄の市役所で求めるようにすらされている。他にもゴミの分別などは最寄の地方自治体やゴミ収集所に訪ねれば正確な答えが返ってくるとも言われるなど、最寄の施設を利用すればまず間違いがないとされるほどに人的資質の高さは有名である。

関連項目[編集]