替え歌

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

替え歌(かえうた)とはいうまでもなく歌詞を変えたのこと。政治世相風刺したものもあるし、仲間内にしか通用しないものもあるわけだ。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「替え歌」の項目を執筆しています。

歴史[編集]

替え歌の歴史は古く、ギリシャ神話カシオペアが海神ポセイドンの歌を勝手に替えて歌ったことが記されている。このためポセイドンは怒り、カシオペアの娘アンドロメダは災難を受けることになる。日本でもスサノオノミコトアマテラスオオミカミの歌を勝手に替えて歌ったために、アマテラスがいじけて石窟に篭ってしまったという伝説が残る。

近年では1940年に「紀元二千六百年」の替え歌が大流行し、特高や憲兵隊が取り締まりに疲れてしまったという歴史がある。戦後は嘉門達夫により多くの替え歌が作られ、また既存の替え歌が評価された。

意義[編集]

言語学者の銀田二冬彦は、専門雑誌『言語』に「替え歌の社会学的意義-権力風刺の構造-」という論文を寄稿している。それによると、替え歌は権力風刺の非常に有効な手段であった。世界の多くの地域、とりわけ日本では古来より自由に歌を歌う権利が暗黙のうちに保障されていた。そこで替え歌に託して時の権力を強烈に風刺したものが大多数であるという。「明かりをつけましょ爆弾に」で始まる「ひなまつり」の替え歌も、時の権力者である宮中の人物を替え歌によって殺害することで、宮中の優雅な生活とは対照的に困窮していた庶民の怒りが痛烈に表現されていると指摘する。また、近年は「サザエさん」の替え歌が多数存在するが、これも人類最強と言われるフグ田サザエに対する風刺を込めたものが多いと指摘している。

一方、バカ田大学性科学部助教の阿部高和は、性的欲求の噴出の結果だという。彼によれば、同性愛者とりわけ男性間同士の禁断の愛欲が替え歌という形で具体化され、さらに社会的に認知されることで同性愛そのものへの理解を求めるために替え歌は発展してきたと指摘している。バカ田大学では、阿部により「替え歌における性器描写の科学」という講義が開講されている。

手法[編集]

  • 権力を批判
「紀元二千六百年」など
  • 権力者もしくは権力者に付き従っている者、隷属している者を殺害
「サザエさん」の替え歌におけるフグ田タラオの殺害など
  • 戦争に参加
「サザエさん」の替え歌におけるイラク突撃など
  • 性器の描写
森のくまさん」の語尾に性器などの言葉を付加するなど

替え歌の元歌の一覧[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]