書籍

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「書籍」の項目を執筆しています。

書籍(しょせき)とは、Adobe社が採用している、国際的なデータ交換フォーマットである。ポータビリティに優れ、普及度はPDFWordを圧倒している。

概要[編集]

コンピュータにおけるデータ形式はアプリケーションに依存するのが一般的であり、異なるアプリケーション間でのデータ交換は、制限があったり、ややもするとまったくできなかったりするのが一般的である。

オープンなデータフォーマットを支持するAdobe社はこの状況を憂い、あらゆる場面で実用になるデータフォーマットを開発することにした。これにはコンピュータ性能の向上を待たなければならなかったが、近年、ついに実用化された。

データ構造[編集]

このフォーマットは、以下のレイヤーからなる。

レイヤ1(物理層)[編集]

レイヤ1は、レイヤ2をスタッキングしたものである。代表的なスタッキングアルゴリズムとしては、以下のようなものがある。

  • 無線綴じ
  • 中綴じ
  • リング製本

このレイヤのインスタンスの名称は「書籍」「冊子」「本」など呼ばれている。

レイヤ2(データリンク層)[編集]

レイヤ2は、レイヤ3をメディアの異なるサーフェイスに多重記録したものである。

レイヤ3(トランスポート層)[編集]

レイヤ3は、レイヤ4を実体化したものである。このための手段として、以下のようなものが使用される。

  • 顔料
  • 染料
  • ポリマー

レイヤ4(ネットワーク層)[編集]

レイヤ4はレイヤ5をビットマップデータに変換したものである。

レイヤ5(セッション層)[編集]

レイヤ5はレイヤ6をベクトルデータに変換したものである。

レイヤ6(アプリケーション層)[編集]

レイヤ6はレイヤ7を文字と図形の集合に変換したものである。

レイヤ7(プレゼンテーション層)[編集]

レイヤ7は、テキストとレイアウト指示情報である。このレイヤの内容が相手に転送される。

エンコードの手順[編集]

レイヤ7をレイヤ1に変換するには、以下のような手順を踏む。

  1. アンデザインなどを使用してレイアウトをおこない、印刷処理をおこなう。これにより、レイヤ6に変換された情報がプリンタドライバに送信される。
  2. プリンタドライバは、アウトライン化によりレイヤ6の文字データをレイヤ5に変換し、プリンタに送信する。
  3. プリンタのファームウェアは、レイヤ5のベクトルデータをレンダリングしてレイヤ4に変換し、プリンタヘッドに送信する。
  4. プリンタヘッドは、レイヤ4のデータにしたがって印字制御をおこない、レイヤ3に実体化する。
  5. 反転ユニットは、レイヤ3のインスタンスを反転させて再度プリンタヘッドに送ることで、レイヤ2を得る。
  6. 製本機は、レイヤ2のインスタンスをスタック処理し、レイヤ1を出力する。


デコードの手順[編集]

レイヤ1をレイヤ7に変換するには、以下の手順を踏む。

  1. レイヤ1のスタック構造をリバースエンジニアリングしてレイヤ2に変換する。多くの場合、断裁機が使用される。
  2. レイヤ2を反転ユニットなどでレイヤ3インターフェースに入力する。
  3. レイヤ3の光エネルギー受容体などによりレイヤ4に変換する。もっぱらスキャナが使用される。
  4. レイヤ4をソフトウェアの輪郭抽出処理によりレイヤ5に変換する。
  5. レイヤ5をソフトウェアの文字認識処理によりレイヤ6に変換する。
  6. レイヤ6をソフトウェアのレイアウト認識処理によりレイヤ7に変換する。

レイヤ4~7の処理は、アンクロバットにより一括しておこなうことができる。こうして、オリジナルのデータがデコードされたことになる。

セキュリティ[編集]

この方法の特徴として、レイヤ1をレイヤ2にデコードしたあと、再度レイヤ1に戻すことができない点があげられる。したがって、暗号化のような複雑なシステムなしにセキュリティが確保できるという利点があり、多くの著作権者から支持されている。

関連項目[編集]


面白くなさすぎる.jpg 先生、書籍の原稿まだですか。
もう、先生だったらこんなのあっという間に仕上がりますよ。全国の読者も先生の秀逸な記事を待ち望んでるんですから、先生もこたえなきゃ。
よろしくお願いしますよ。 (Portal:スタブ)