相馬芋湖

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
曖昧模糊から転送)
移動: 案内検索

相馬芋湖(あいまいもこ)とは、東北アジアの島国の東岸に存在していた、多賀城フクシマの間に位置するとされた伝説の湖である。

……でいいんだったよね、多分?

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「相馬芋湖」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

慨委…あれ、こう書くんだっけ?[編集]

相馬芋湖とは、平城時代の文献「万葉集」…「古今和歌集」だったかな?えーとまあその中のとある詩集の中で共述…供術?されたと言われている湖のことである。

その詩をここで述べる。著作権大丈夫かな?

相馬芋
  直径一里
 円周二里
  水温わずかに
 暖まるるなり

詠み人知らず

詩の意尺、すいません意沢でした[編集]

この詩以外に相馬芋湖に関することが書かれた文献が見つかってない、あ、少なくともウィキペディアには無いから多分無いのだろうけど。取り敢えずこの詩から言えることのみから直徑は4km以上とも以下とも言え、円周が8kmの様なものであり円周率は3であることからここで相馬芋湖は楕円型で直徑は長徑・・・所で「けい」は「徑」で良いっけ?まあ次から「けい」で行きます。長けいであると孝えられる。円周率を3とすると短けいは凡そ2kmとなる。

又「水温わずかに暖まるるなり」より温泉であると孝えられ、恐らく30℃ほどではなかったのかと孝えられる。

現在相馬芋湖に当たると言えなくもない気がすると言っても過言ではない湖[編集]

坂上田村麻呂や相馬家の本拠地として繁盛した中村(現在の宮城県相馬市中心部)がこの地域を代表する城下町であることから、宮城県相馬市の東部にある湖と孝えられる。

相馬市にある湖の様なものは主に:

  • 唐神溜池
  • 中臺溜池
  • はやま湖
  • 松川浦

但しGoogle先生の地図によると、下の二つは明らかに大きすぎるので候補から外す。

相馬芋湖の正体は?[編集]

相馬市においても候補は多かったが、相馬市内で「相馬芋湖」と言った言い伝えは存在していないってどこかのテレビで言ってた気がしなくもない。ここで、相馬市から57km北に多賀城遺跡があり、相馬市から45km南にフクシマ遺跡があることが判明した。

多賀城やフクシマが相馬市の近くであるだけでなく、気象衛星からの観測によりフクシマにおいて多くの知障・・・でなく地沼があることからフクシマの国土内にあった地沼の内のいずれかが相馬芋湖であると言える確証がありそうでない少しある

現代での相馬芋湖[編集]

先術の様に文献が見当たらないことから、相馬芋湖は戦国時代から知名度が低かった秘郷と考えられ、噂だけが独り歩きし存在自体がはっきりしないことを指す「曖昧模糊」と言う四字塾語はこの湖に由来していると言う話をネットで見ました。

関連事項[編集]

2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「曖昧模糊」の項目を執筆しています。
Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第22回執筆コンテストに出品されました。