暗い日曜日

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「暗い日曜日」の項目を執筆しています。

暗い日曜日(くら-にちようび)とは、日曜日曇り日食などで日光が遮られ、物理的に視界の見通しが悪くなる気象状況のことである。1933年にはあまりの暗さにハンガリーで歌(後述)が作られた。もちろん、精神衛生的に圧倒的に暗くなると思われるのは月曜日であるが、その場合暗いのは曜日自体ではなくである。

暗さによる災害[編集]

一般的に日曜日は、平日に対して学校仕事の多くが免除されているため、屋外に飛び出して見識を深めるなどの有意義な時間を過ごす期間である。この際、上空から照射される太陽光の不足により視界の悪化が生じた場合、さまざまな不利益をこうむる事になる。暗さには程度があるが、本稿では最も最悪の状況を想定した。

スポーツ面
全てが闇に包まれ、状況の確認が不可能な状態に陥る。スポーツマンシップは勝利に貪欲であるため、暗闇の中で捨て身のプレーを敢行し、不慮の事故からスポーツマン生命を著しく消耗する事になる。
登山面
全てが闇に包まれ、登山道の確認が不可能な状態に陥る。登山者は往年の勘を研ぎ澄ませて歩く事になるが、人間の力には所詮限界があり、いつしか大地に膝を着き山の神々に迎え入れられる事になる。
日焼け面
全てが闇に包まれ、紫外線の確認が不可能な状態に陥る。紫外線は雲が出ていても少量が照射されているため、日光の弱さに油断して素肌を晒し続けていると、消し炭になる。
ウォッチング面
全てが闇に包まれ、目標の確認が不可能な状態に陥る。何をウォッチングしているかで状況は変わって来るが、焦るあまり、せめて闇に乗じて手触りだけでも満喫しようとすると、逮捕される。
メディアリミックス面
全てが闇に包まれ、方向性の確認が不可能な状態に陥る。アーティストはこぞって暗闇を信奉し、トレンドに乗ったヤーヴォル・ラースロー、シェレッシュ・レジェーらにより歌(後述)が作られた。

もっとも、たとえ晴れていたとしても、楽しい昼が過ぎ去り、太陽が西に傾き、一番星が見え始めるころになればあの一家の足音とともに・・・!

[編集]

第二次大戦前、東欧のハンガリーにてこんな(ある意味楽しい)状況を歌った歌がある。これは自殺ソングとして有名であり、イギリスBBCでは見事に放送禁止の栄誉を勝ち得、ハンガリーを代表する世界的な曲となっている。おそらく前述の暗い日曜日によって精神に変調をきたし、その反動でになった状態で作曲したと思われる。もし日曜日が晴れていて非常に充実していたとしても、すぐ側に月曜日が迫っていることは明白であり、実際の気象状況に関わらずこの歌を作曲した可能性もある。逆を言えば、快晴の見込みがある日曜日の前日の同時刻は「明るい土曜日」だったことは間違いない。

諸説[編集]

暗いことにさしたる問題は無く、むしろ全部サザエさんと不況が悪いという説がある。サザエさんを継続的に視聴した結果理想と現実の差に落胆し、性格が暗くなった。なおかつ不況により荒んだ心の人々が闇属性を好み、闇に呑まれる事を由とし始め、歌(前述)まで作曲されてしまったという説である。


関連項目[編集]