普通列車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

普通列車(ふつうれっしゃ)とは、普通以上ではなく、かといって普通以下ではない列車。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「普通列車」の項目を執筆しています。

主な特徴[編集]

典型的な普通列車

各駅との違い[編集]

  • 名古屋駅(名駅)と読み間違えにくい。
  • 人外魔境・秘境にある異常な駅には止まらないらしい。しかし普通の駅には普通に止まる。
  • 駅がないと止まらないので、駅を飛ばすためにわざとホームを作らないことがある。
  • ドアが1-2個省略されていることが多い。
  • 加速が遅いが最高速度が速いことが多い。
  • 座席が90度曲がって置かれていることが多く、乗り降りのときに各駅より殺伐としたエクストリーム・通勤電車が味わえる。

バリエーション[編集]

不通列車[編集]

  • そもそも走る意思が無い列車である。なんということだ。

苦痛列車[編集]

  • JR東海の看板列車。18キッパーに苦痛を与える。JR静岡はまだ来ない。

普通電車[編集]

  • 電車でなくても一般的に使う同義語。特急が対義語ではなく、単純に使用している車両が特別に映らなければよい。

鈍行列車[編集]

  • 最近は故意に吹きさらしの客車をわざとゆっくり走らせるものを指すことが多い。
  • およそスピード感と無縁な形状をしており、特急列車のスピード感あふれる前面形状とは対照的に、ただ羊羹を切ったような鈍角の前面を持つ。

混合列車[編集]

  • これも現在では死語となっており、大多数の普通列車が該当する。
  • 荷物と男性と女性、あるいは人種にかかわらずどんなものも運ぶことが可能だが、中型犬や猫以上の人外の生物は貨物列車で運ばれる。客車単位では混合列車にあたらない例がみられるが、列車単位での専用列車はほぼ絶滅した。近年は優等列車の無煙化が進んでおり、厳密には混合列車の定義を満たさない列車も多いが、喫煙中でない喫煙者と非喫煙者を同時に運ぶため、公式には混合列車とされる。
  • 荷物車は通勤時間帯と早朝のみ使用される。補助席があり昼間は旅客用として使用されるものと、座席の存在にかまわずカーテンで区切って勝手に荷物車にするものがある。

特権[編集]

  • ゆっくりと旅が出来る
  • 時刻表を読むスキルが向上する。
  • 低コストだが、快適かどうかは別問題である。
  • 大垣駅ホームでの徒競走など、特別なイベントが用意されていることがある。
  • 夏と冬限定で大垣駅での、鉄道ファンVSコミケ帰りのヲタクとの戦いも見物である。
  • もしそれが出来ないのなら、を読もう。
  • そして、まずはの気分に浸ろう。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「普通列車」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)