時天空慶晃

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

時天空 慶晃(ときてんくう よしあき、1979年9月10日 - 2017年1月31日)本名アルタンガダス・フチットバータル(Алтангадасын Хчитбаатар)は、時空天空を超越したモンゴル出身の大相撲力士、185cm、140kg、血液型A型、家電占いは照明。

来歴[編集]

モンゴル国トゥブ県アルタンボラグ村出身。しかし出生地はウランバートルでありずっとそこで育っている。つまり生まれながらにして時空を超越していたに違いない。

少年時代より、ウランバートルの柔道クラブで朝青龍朝赤龍日馬富士などとともに柔道に勤しんでいた。しかし、当時の彼らはまだそんな名前ではなかったはずであり、上記が事実であるとするならばそこにも時空のねじれや乱れが生じているものと考えられる。

1999年7の月の3か月後、日本の千代大海と同郷の朝青龍が時空をねじ曲げる噂を聞いて彼の元を訪れ、朝青龍が「自分はそのうちヨコヅナになる。彼の弟子にオレの次の横綱の名前をつけたい」と言った為、時空をねじ曲げて2007年5月に行き、ヨコヅナの名を「白鵬」と言ったことから、千代大海の弟子の名は「千代白鵬となったという。

成績優秀だったフチットバータル少年は、モンゴル国立農業大学で農業の勉強をする。やがて農業の勉強のために東京農業大学国際食料情報学部生物企業情報学科への交換留学生として来日。大学では相撲部員として活躍し、全国大会で優勝したりもしている。

留学期間が終わったらモンゴルに帰って教職につく予定であったが、当時の大相撲はモンゴル力士ブームの真っ盛りであり、自分も大相撲でやれるのではないか、という気になって、大学3年の時に必殺フルボッコ部屋へ入門。しかし同時に、交換留学生としての責任を果たすために、大学での勉強も続ける。つまり、現役力士でありながら現役大学生でもあるという、時空を越えた二足のわらじを履いたためにまたも時空がねじれてしまった。

2004年3月、大学を無事に卒業。しかし卒業式が大阪場所の最中だったために、式に出席するためには時空をさらに強引にねじ曲げなければならなかった。たまたま新十両の場所であったのだが、時空のねじれの影響で他の力士が調子を崩し、結果として十両をわずか2場所で通過して、7月の名古屋場所では見事新入幕を果たしている。また、この新入幕は、初土俵から12場所という、当時の最短タイ記録である。はっきり言って現役大学生が勉強をしながらそんなことができるほど大相撲は甘くない。つまりこの12場所という数字も、なんらかの時空をねじまげたトリックではないかと言われている

その後も、横綱や大関など上位に善戦、時々は勝ち星をあげている。特に新小結となった2007年大阪場所では、横綱朝青龍に土俵際まで追い詰められるものの、うまく空間をねじ曲げて逆転勝ちしている。さらに2014年初場所では対戦相手2人のまわしを緩め、「まわし待った」に追い込み、「まわしを緩める天才」の異名をとった。今後も、時空のねじ曲げという特殊能力を生かしての活躍が期待される。

人物[編集]

乗馬ビリヤードが得意。ビリヤードは空間をねじ曲げて必ず穴に玉が入るため、100戦100勝である。 大学の卒業論文を、日本語で書いた。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「時天空慶晃」の項目を執筆しています。


ExSport.png この項目「時天空慶晃」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)